2024/05/25

添田・英彦山神宮

福岡県と大分県の県境に位置する英彦山。奈良・大峰山、山形・羽黒山と並び日本三大修験道霊山に数えられます。

Dsc_4792_300中岳(標高1200m)は天忍穂耳尊(日子神=天照大神の子)の御神体とされ、古くは「日子山」と呼ばれ、平安期に嵯峨帝の詔により「彦山」と改めました。

修験道は、日本古来の神道と、インド起源の仏教と中国起源の陰陽道、山岳信仰の道教が習合した信仰です。修験者(山伏、行者)の修行は、古い自分と決別して生まれ変わるために集団で擬死再生の峰入を重ね、心身を鍛えて験力を獲得することで人々の希望を叶える、俗塵に染まった自己を心気一新し活力を得て日常に戻るなど、自己の胆力を鍛えることを目的としています。

彦山では、阿弥陀仏が日子神の姿を借りて出現した「彦山権現」として信仰されました(本地垂迹説)。

最盛期の中世には八百坊三千人が暮らしましたが、戦国期には多くの僧兵を抱え、豊前領主大友氏に攻められ焦土と化し、秀吉の九州征伐(1587)で寺社領を没収され衰退。江戸期に細川氏(豊前小倉藩主)や鍋島氏(肥前藩主)が再興し、江戸中期に霊元法皇の院宣により「英」の字を賜り「英彦山」と改称。九州総鎮守英彦山霊仙寺として栄え、元禄期には二百五十坊を数えました。明治の神仏分離で英彦山神社(昭和50年から神宮)となって現在に至り、近年では修験の再興に力を入れています。

参道の銅鳥居(1637)、中腹の奉幣殿(旧大講堂、1616)は国重文。奉幣殿のすぐ上に下津宮が、山頂に御本社(上宮、修復工事で閉鎖中)が祀られています。

参道の石段は約400段ですが、スロープカーで奉幣殿まで登ることができます(起点の幸駅は廃止、花駅(旧英彦山小学校)~神駅間のみ運行)。

| |

2024/05/11

八女・中央大茶園と茶の文化館

新茶のシーズンに、八女中央大茶園と茶の文化館(星野村)を訪ねました。

Dsc_4709_300全国茶品評会で最高評価を得ている福岡の八女茶。その生産量は全国のわずか3%で、八女地方のごく一部で大切に栽培されています。

八女地方で茶の栽培が始まったのは、室町中期ころ。明から帰国した栄林周瑞禅師が、黒木に霊巖寺を開き、持ち帰った茶の種を授け、栽培と製法を伝えたのが始まりとされます。

江戸中期には山間部の村々に生産が広まり、江戸後期に久留米藩と柳川藩が茶の製造を奨励して生産が拡大。幕末~維新期には長崎から英米へ輸出され、紅茶の製造も始まるなど、茶の生産量は飛躍的に増加しました。

明治~大正期に拡大した生産は、第二次大戦で減少。戦後、輸出の再開にともない生産が回復し、高度成長期(昭和40年代)に全国に需要が拡大。現在は輸出が好調で、海外では抹茶パウダーとしての需要が高いそうです。

茶は、ツバキ科ツバキ属のチャの木から作られます。摘み取った生のチャ葉に熱を加える製造過程で、酸化酵素による発酵の有無により、「緑茶」(不発酵茶)・「烏龍茶」(半発酵茶)・「紅茶」(発酵茶)の3つに大分類されます。さらに「緑茶」は、栽培方法や製造方法により、煎茶・玉露・かぶせ茶・てん茶(抹茶)・玉緑茶・番茶に細分されます。

茶の文化館(星野村)で茶について学び、お昼に新茶シーズン限定の「新茶葉の天ぷら」をいただきました。

| |

2024/05/06

佐賀・大隈重信旧宅

佐賀城本丸の東、旧佐賀藩士の屋敷が並んでいた会所小路の一角に、大隈重信旧宅が残っています。

Img_7400_300大隈家は、藩の鉄砲組頭を務めた上級武士でした。重信候(幼名は八太郎)は、天保九年(1838)、大隈家の長男に生まれ、藩校弘道館で儒学を学びました。青年期に枝吉神陽に国学を、宣教師の私塾で英語を学び、尊王派として活動。

明治元年(1867)、新政府に徴用され、長崎で外交問題を解決(30歳)。その後は参議、大蔵卿に就任。明治六年政変(征韓論争)では佐賀出身の先輩・江藤新平と袂を分かち、大久保利通を保佐して財政面で活躍しました。

国会開設を巡る明治十四年政変で一時下野し(43歳)、政党を結成。学問の独立を唱えて東京専門学校(今の早稲田大学)を創設。

50歳で第1次伊藤博文内閣の外務大臣となり、条約改正に取り組みますが、暗殺未遂で右足を失います。明治三十一年(1898)、初の政党内閣(隈板内閣)で首相に就任(60歳)。さらに大正三年(1914)、第二次内閣を組閣(76歳)。大正十一年(1922)、早稲田の自宅で没し、日比谷公園で国民葬が行われました(享年83歳)。

旧宅は、重信候が生誕~明治元年に東京に移るまで過ごした生家です。東京に移った後、重信候は3回ほど生家に戻ったことがあるそうです。もとの位置から二間ほど北方に引かれ、玄関や台所は改造されていますが、座敷など主要部は当時のまま残っています。

二階は、母(三井子さん)が八太郎の教育のために建て増したもの。隠し階段で上がると、居眠り防止の「ごっつん梁」、気が散らないよう外が見えない「腰高窓」など、母の厳しさと愛情が感じられます(五のつく日=「ごっつんの日」のみ公開)。

佐賀城下には武家屋敷がほとんど残っておらず、明治の元勲の生家としてはもちろん、佐賀の武家屋敷の様子を伝える貴重な例として、国史跡に指定されています。

| |

2024/04/08

博多・筑前一之宮 筥崎宮

筑前一之宮・筥崎宮は、延長元年(923)の創建で、応神天皇(八幡大神)・神功皇后・玉依姫命を祀っています。

Dsc_4677_300宇佐(大分)、石清水(京都)とともに日本三大八幡宮の一つで、鎌倉期以降は武家の信仰を集めました。

鎌倉期、博多は元寇の激戦地となりました。

文永の役(1274)では、上陸した元軍と鎌倉武士団の激しい攻防で、筥崎宮も焼失。時の亀山上皇は、「我が身を以て国難に代わらん」と異国降伏を祈祷。焼失した社殿を再建し、「敵国降伏」の宸筆を下賜したと伝わります。

現在の社殿は、本殿と拝殿が天文十五年(1546)に大内義隆(戦国大名)の 、楼門が文禄三年(1594)に小早川隆景(筑前・筑後領主)の再建(いずれも国重文)。 楼門の扁額「敵国降伏」の文字は、亀山上皇の宸筆を写したものとされ、伏敵門と呼ばれています。

参道の石造一之鳥居は、慶長十四年(1609)に黒田長政(福岡藩主)の寄進です。

毎年9月の「放生会(や)」は、博多三大祭り一つ。「梨も柿も放生会」と謳われ、豊穣を祈り、海と山の幸に感謝する祭礼です。海岸まで続く広い参道は数百軒の露店が並び、参詣者で埋め尽くされます。

| |

2024/04/07

博多・十日恵比寿神社

博多は、古来から大陸との交易拠点で、重要な湊でした。中世には商人による合議制の自治が認められた商都に発展。戦国期、豊臣秀吉は九州征伐の際、博多に本営を置き、町割りを行いました。九州征伐の功で筑前三十二万石を拝領した小早川氏は名島に城を築き、多くの社寺を博多に寄進しています。

Dsc_4647江戸期、黒田長政が筑前五十二万石で入ると、那珂川の対岸に城と城下を整備し「福岡」と改称。

以降、那珂川の東が「商人の町・博多」、西が「武家の町・福岡」として、それぞれ発展を遂げることになります。

博多の十日恵比寿神社は、七福神の恵比須さまを祀り、漁民・商家の篤い信仰を集めています。

社伝では、天正十九年(1591)、武内五右衛門が香椎宮・筥崎宮へ正月参詣の帰り、千代の松原の波打ち際で恵比寿さまの像を拾い、毎日拝んだところ商売繁盛し、拾った地に祠を祀ったのが始まりとされます。

正月の十日恵比寿祭りは、8日が「初えびす」、9日が「宵えびす」、10日が「正大祭」、11日が「残りえびす」で、博多芸妓衆の「徒歩(かち)参り」が華やかに行われます。

| |

2024/03/25

天草・富岡城跡

天草の最後に、天草一揆の激戦地・富岡城跡を訪ねます。

Dsc_45762_300富岡城は、関ヶ原の功で天草四万二千石を領した肥前唐津藩主・寺沢広高が、慶長十年(1605)、天草支配の拠点として築いた支城です。

寛永十四年(1637)、寺沢氏二代35年にわたる圧政に天草の領民が一斉に蜂起(島原の乱)。城代三宅重利は藩兵1500人を率いて鎮圧に向かいますが、逆に討ち取られ、一揆勢が城に押し寄せました。

一時は落城寸前になりますが、天然の要害(陸繋島で海に囲まれた山の頂上)に阻まれ、一揆勢は撤退。対岸の島原勢と合流し、原城に籠城することになります。

乱後の寛永十五年(1638)、天草には備中成羽から山崎家治が四万石で入り、富岡藩となります。山崎氏は、乱で荒廃した城と城下町を整備し、植民と新田開発を進めました。

寛永十八年(1641)、山崎氏が讃岐丸亀に転封し、天草は天領となります。天草代官鈴木重昌は、飢饉で苦しむ領民のため、幕府に石高半減を建議するなど、善政で領民に慕われました。

寛文四年(1664)、天草に三河田原から戸田忠昌が二万一千石で入ります。戸田氏は、城と城下の整備を再開しますが、「天草は永久に天領たるべき」と幕府に建議し、自ら城を破却。寛文十一年(1671)、天草は再び天領となり、旧三の丸に陣屋が置かれ、明治維新まで続きました。

富岡城跡は、絵図面が残る山崎・戸田時代の城と石垣を復元。一揆勢の猛攻に耐えた城とは異なりますが、二の丸には寺沢時代の石垣の一部に乱の痕跡が残っています。

| |

2024/03/24

天草・大江天主堂とパアテルさん

下島の西端、大江集落の天主堂へ。

Dsc_4552_300大江集落も、禁教期に潜伏キリシタンとして独自の信仰を続けた集落です。

明治6年(1873)に禁教が解かれると、いち早くカトリックに復帰。パリ宣教会から神父を迎え、最初の教会(1879)を建てました。

大江集落には、明治中期~昭和初期まで、49年間にわたり大江教会の主任司祭を務めたガルニエ神父との絆が語り継がれています。
ガルニエ神父は、明治25年(1892)、32歳で自ら希望して辺境の大江に赴任。この地を愛し、天草方言を話し、貧しい人々と同じ食事をとり、綻んだ司祭服をまとい、質素倹約しながら布教活動に身を挺しました。貧しい人々や弱い人々に宗教の区別なく接する姿に、人々は「パアテルさん」(神父さんの意)と呼んで慕ったそうです。

明治40年(1907)、神父が47歳のとき、与謝野鉄幹が若い詩人4人(北原白秋、木下杢太郎、平野万里、吉井勇)を連れて訪ねて来ます。パアテルさんに会おうと、富岡の港から丸1日歩いた様子を、紀行文「五足の靴」(東京二六新聞)に発表しています。北原白秋は、のちに「邪宗門」で潜伏キリシタンに触れており、彼らの作品に影響を与えました。

昭和8年(1933)、神父が73歳のとき、すべての私財を投じて、大江の信徒とともに現在の天主堂を建設。昭和16年(1941)に82歳で亡くなるまで、一度もフランスに帰らず、すべてを大江に捧げて天草の土に還りました。

ガルニエ神父は、最後に「墓石を作る金があったら、病人や困った人々に与えるように」と言い残しましたが、信徒たちはこの遺言に背きます。天主堂の西側にルドヴィコ・ガルニエ塔を建て、十字架に聖書の言葉「汝等ゆきて万民に教えよ」と刻み、敬愛する神父の教えを末代まで語り伝えています。

| |

2024/03/23

天草・今富集落のウマンテラさま

今富集落は、崎津の北隣にある小さな山村です。

Dsc_4542_300禁教期は潜伏キリシタンとして信仰を続け、仏教・神道・修験道と共存した独自の信仰が生まれました。

集落の山々には、聖水汲み場やウマンテラサマ、マルヤマサマと呼ばれる聖地があり、人々は信心具として和鏡、仏像や土人形、石仏にキリスト教的な細工を加えて、祈りを捧げました。

山頂に祀られていた石像「ウマンテラさま」もその一つです。年代・製作者は不明ですが、はっきりした目鼻立ち、総髪と額の前髪、背中の翼、手には剣を持ち、足元では悪魔を踏みつけています。

地元にはバテレンの天使を模した像との伝承があり、15~16世紀のルネッサンス期にヨーロッパで流行した大天使ミカエル像との類似点が指摘されています。

石像「ウマンテラさま」は、崎津教会堂に近い崎津資料館「みなと屋」(旧旅籠「みなと屋」跡)で見ることができます。

今富集落は、明治に禁教が解かれた後は、カトリックに復帰することなく、独自の信仰を続ける「隠れキリシタン」となりました。

| |

2024/03/22

天草・崎津集落と教会堂

下島の崎津集落は、200世帯ほどの小さな漁村で、戦国期の領主天草氏が招いたアルメイダ神父により、早くから布教が進んだ地域でした。

Dsc_4534_300島原の乱(1637)後、徳川幕府の弾圧で最後の宣教師が殉教(1644)し、国内に宣教師はいなくなりました。キリシタンは、密告を恐れて潜伏し、集落ごとに指導者の下で独自の信仰を続けることになります。

崎津集落では、仏教徒や神社氏子を装いながら、自作のメダルやアワビの貝殻を信心具とし、寺や神社で「あんめんりゆす」(アーメン、デウス)と唱えて祈りを捧げました。

文化二年(1805)、神社に降誕祭の牛肉を供えたことが密告され、潜伏が発覚。住民の7割(1710人)が摘発されました(天草崩れ)。幕府は、取調べの結果、信仰形態がキリスト教とあまりに異なるため、キリシタンでなく異宗を信仰する「心得違い」の者らとして扱い、信心具の没収と絵踏みに応じた人々を赦免しています。

禁教が解かれるのは明治6年(1873)。長崎に大浦天主堂が建ち、外国人宣教師が赴任すると、各地の潜伏キリシタンが信仰を告白。しかし、宣教師不在の230年間も独自の信仰を続けてきた人々は、カトリックに復帰する人、独自の信仰を続ける人(隠れキリシタン)、棄教して寺の檀家や神社氏子に戻る人に分かれました。

カトリックに復帰した集落では、信仰の証として自分たちの教会を建てました。崎津でも、明治21年(1888)に初代教会が建ちます(神社隣に旧修道院として残存)。現在の教会堂は、昭和9年(1934)の建築で、木造(一部鉄筋コンクリート造)の礼拝堂は珍しい畳敷きです。敷地は、厳しい弾圧が行われた旧吉田庄屋役宅跡で、絵踏みをさせた場所に祭壇を祀り、信仰の復活を示す象徴的な建物になっています。

湾口の岬(番所の鼻)では、海上マリア像が海の安全と豊漁を優しく見守っていました。

| |

2024/03/21

天草・天草コレジヨ館

下島に渡り、旧河内浦(天草市)の天草コレジヨ館へ。

Dsc_4497_300コレジヨは、キリスト教の最高学府です。日本では、イエズス会の日本地区責任者ヴァリニャーノ神父が、織田信長の許可を得て、天正九年(1581)に豊後府内(大分)に初めて設置しました。

その後、イエズス会は、秀吉の伴天連追放令(1587)や豊後大友氏(キリシタン大名)の衰退で、布教拠点を他に移します。

コレジヨも、肥前島原の加津佐を経て、天正十九年(1591)に肥後天草の河内浦へ移転。もともと河内浦は、戦国末期に領主天草氏が布教を許し、キリスト教を奨励した地で、コレジヨの誘致にも積極的だったと云われています。

天草のコレジヨでは、神学、ラテン語、哲学など西洋の最新の学問を教授。長崎に移転(1597)するまで、多くの日本人学生が学びました。その中には、ヨーロッパから帰国した天正遣欧使節の4人(原マルチノ・中浦ジュリアン・伊東マンショ・千々石ミゲル)や、長崎で殉教した三木パウロ(26聖人の一人)などがいます。

また、天正遣欧使節がヨーロッパから持ち帰ったグーテンベルク印刷機を使い、教科書や辞書、翻訳本(「平家物語」や「伊會保(イソップ)物語」など)を大量に出版。これらは「天草本」と呼ばれ、日本初の金属活字による印刷物となりました。

天草コレジヨ館では、河内浦のキリスト教史、コレジヨと天正遣欧使節の足取り、グーテンベルク印刷機の複製などを展示しています。

次は、世界遺産の構成要素の一つ、崎津集落へ向かいます。

| |

より以前の記事一覧