2017/05/28

浦安・水神祭(再現行事)

浦安市の境川で再現された水神祭を見学。

20170528浦安の水神祭は、かつて漁師町だった堀江・猫実地区で行われた祭事です。

戦前は毎年6月巳の日(戦後は6月第二週前後の日曜日)に、境川から数十隻の舟を連ねて、沖合に立てた「水神様のボンギ」(棒の木)に向かいます。ボンギでは、神職が御神酒と稚貝を撒き、神楽や囃子を奉納して、海の神様に豊漁祈願と海難者供養をしました。

昭和46年(1971)、海の埋立てが進み、浦安の漁師が漁業権を全面放棄して舟を降りると、水神祭も廃絶しました。

平成9年(1997)に一度再現されて以来、今回は20年ぶりの再現。大漁旗を掲げた「御座舟」を先頭に、猿田彦と浦安囃子保存会が乗る「音舟」、神楽を舞う「踊り舟」、おひねりを網で受け取る伴舟に、浦安細川流投網保存会の「投網舟」の5艘が、境川を往復しました。

【この日の進行スケジュール】
13:45~ 水神祭(再現行事)
境川のあけぼの橋~江川橋間400mを往復
14:20ころ 終了

【メモ】
かつてはべか舟が雑然と係留され、漁師町独特の趣があった境川。放置船が撤去され、きれいに護岸された川では、毎年「カフェテラスin境川」イベントが開かれる。今回は、そのイベント行事の一つとして催行。御座舟と音舟は伝馬船、踊り舟はべか舟、伴舟と投網舟はFRP漁船が使われた。ボンギは、漁師が水路や漁場の目印として沖合に立てた棒で、「棒の木」がなまったもの。現在の浦安市役所から南はすべて埋立地で、かつてボンギが立っていた浅瀬は住宅団地に姿を変えている。漁師の舟が待ち合わせた「待ち合わせのボンギ」の跡は、現在の入船中央エステート内に説明板がある。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/27

松戸・東葛雅楽会の雅楽

松戸市・松戸神社に奉納された東葛雅楽会20周年記念の雅楽を見学。

20170527雅楽は、大陸から伝来した楽器や舞が日本独自の発展を遂げ、平安中期に完成した古典音楽です。朝廷や貴族社会で奏された正統の音楽として、「俗楽」と区別されました。

この日は、東葛雅楽会の設立20周年記念で、管弦、浦安の舞、舞楽が神前奉納されました。

東葛雅楽会は、平成8年、東葛地区の神職で結成され、県内では松戸神社のほか、廣幡八幡宮(柏)や玉前神社(一宮町)などで奉仕しています。

【この日の進行スケジュール】
17:00~ 管弦(双調音取→武徳楽→胡飲酒破)
17:35~ 神楽(浦安の舞)
17:50~ 舞楽(抜頭(右方))
18:05ころ 終了

【メモ】
管弦とは、三管(笙・篳篥・龍笛)両弦(琵琶・筝)三鼓(鞨鼓・太鼓・鉦鼓)で奏する器楽合奏。篳篥が主旋律を奏し、龍笛が旋律を装飾し、笙が和音を付ける。神楽は、日本固有の歌舞に外来の篳篥を取り入れた国風歌舞で、今回は「浦安の舞」を披露。舞楽は、大陸系(唐楽)が赤系の装束で舞う「左方」、朝鮮半島系(高麗楽)が緑系の装束で舞う「右方」と呼ばれる。今回の演目「抜頭」は、天平年間にベトナムの僧が朝鮮に伝え、猛獣を討って歓喜する姿を表す。なので右方なのに赤系の装束。里神楽系を見慣れた目には、舞楽特有の動きがとても新鮮だった。
松戸神社の神楽殿は、昨年建て替えられ、杉戸絵(獅子に牡丹)は市有形文化財。見物人は30~40人ほど、カメラマンは3人。神社に駐車場あり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/28

君津・鹿野山のさんちょこ節

君津・鹿野山の九十九谷展望公園(鹿野山東天峪119-1)で行われたさんちょこ節を再訪。

20170428白鳥神社の例祭(毎年4月28日)は、「花嫁祭り」とも呼ばれ、勇壮な「梯子獅子舞」(県無形民俗文化財)が有名です。

今年は、梯子獅子舞の奉納はなく、「さんちょこ(山上娘)節」が披露されました。

さんちょこ節は、江戸期、娯楽がなかった鹿野山の女児たちが、お盆に縁台で唄いながら竹筒であやとり遊びをしたのが始まりとされます(県無形民俗文化財)。
歌詞は「心願・薬師如来・九十九谷・鳥居崎・春夏・秋冬・滝・烏(8)・烏(9)・富士山」の十番があり、この日は「心願・薬師如来・九十九谷・春夏・秋冬・烏(9)・富士山」の七番が披露されました。

また、「ごんた節」という唄も披露されました。こちらは、文化財指定ではありませんが、鹿野山の坊様と檀家の娘の悲恋を唄ったあやとり遊びで、主に盂蘭盆会で唄われたそうです。

【この日の進行スケジュール】
12:30~ 修祓(九十九里展望公園)
12:35~ さんちょこ節
心願→薬師如来→九十九谷→春夏→秋冬→烏(9)→富士山
12:45~ ごんた節
12:50ころ 終了

【メモ】
昨年は荒天で梯子獅子は中止となり、今年は晴天に恵まれたが保存会の都合で梯子獅子の奉納はなし(獅子は参列と修祓のみで舞なし)。さんちょこ節は、不定期公開なのでなかなか見る機会がない。この公園での披露は今回で2度目。前回は2009年だったから(当時の記事)、実に8年ぶり。前回と異なり、今回は見物人に背を向けて横一列に並ぶ形だったので、一般席からあや竹を操る手元がよく見えなかったのが残念。ごんた節は、初めて聞く内容で興味深かった。平日で見物人は30人ほどと少なく、報道ほかカメラマンは数人。公園に駐車場あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/23

鴨川・吉保八幡神社の神楽

鴨川市・吉保八幡神社(仲253)の春季例大祭で奉納された獅子神楽を見学。

20170423吉保八幡神社の春季例大祭(毎年4月第四日曜日)は、「春市」とも呼ばれ、境内に植木市や露店が立ち並び、地元の皆さんで賑わいます。

春季例大祭では、春祈祷として、その年の年番区により獅子神楽が奉納されます。
年番は氏子区の4区(仲・大川面・宮山・八丁)が順に務め、今年は大川面区が奉納しました。

吉保八幡神社は、秋季例大祭の流鏑馬(県無形民俗文化財)が有名で、県内外から大勢の観光客で賑わいます。この獅子神楽は、流鏑馬の後にも同じ演目が「まき納め」として演じられています。

【この日の進行スケジュール】
13:50~ 例大祭式典
14:50~ 獅子神楽奉納
宮舘(神社入り)→前がかり→御幣の舞→鈴の舞→狂い→宮舘(神社発)
15:20ころ 終了

【メモ】
午後1時に現地入り、645使いの神職とカメラ談義をして待機。式典は、拝殿外で修祓の後、昇殿して神事が行われた。式典後、大川面区の宮舘(神楽櫃)が練り込み、獅子神楽を奉納。ベテランの舞手ペアによる息の合った舞が見事。見物人は地元の皆さんが十数人ほど、カメラマンは自分のみ。神社Pは来賓専用(道の駅みんなみの里を利用)。獅子神楽舞を撮るのは、昨年10月の山武市富田以来で半年ぶり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/04

葛飾八幡宮三十三周年式年大祭

市川市の葛飾八幡宮で行われた三十三周年式年大祭を見学。

20170402葛飾八幡宮は、寛平年間(889-898)に宇多天皇の勅願により石清水八幡宮(京都)から勧請し、応神天皇・神功皇后・玉依姫命を祀っています。

33年に一度、地元で「八幡さまの御開帳」と親しまれる式年大祭が盛大に執り行われます。

前回の式年大祭は昭和59年で、5日間(4/1~5)にわたって行われました。今回は、4日間(3/31~4/3)の日程で催行され、稚児行列や宮神輿が渡御するほか、神楽殿や野外ステージ、隣接する市民ホールでは様々な奉納芸能が披露されました。

【今回の進行スケジュール】
3/31 16:30 宵宮
4/1 10:00 大祭式典、13:30 稚児行列、14:00 舞楽
4/2 9:00 御霊遷し、10:00 宮出し、15:40 宮入り、16:00 御霊還し、17:00 神楽
4/3 15:00 奉告祭

【メモ】
今回は好天に恵まれた4/2(日)の行事を見学。神門内で御霊遷しの後、随神門前から神輿2基(宮神輿・諏訪神社神輿)が氏子町内を渡御。担ぎ手は氏子と近郊の愛好団体が応援に入り総勢800人とか。途中、5か所の御神酒所を廻るが、都会ゆえに(交通規制の関係で)正確に時間どおり宮入り。この間、神楽殿では奉納芸能が、野外ステージと新装したばかりの市民ホールでは奉納演芸が披露された。夕方、神楽殿では、昭和30年代に廃絶した十二座神楽から、三座が復活奉納され、とても興味深かった。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

市川・真間めぐり

よく晴れた3連休の中日、市川市の真間地区を散策。

20170319a今回は、真間山下バス停から、弘法寺→手児奈霊神堂→真間の継橋と回る逆巡りのコースです。

まずは真間山弘法寺(日蓮宗)へ向かいます。
もとは奈良期に行基が手児奈の霊を供養するため建立した「求法寺」で、平安期に弘法大師が七堂を整えたときに寺名を改めました。
鎌倉期に日蓮宗に転じ、室町期には門前町(真間・市川宿)が発達してたいそう賑わいました。明治21年(1888)の大火で諸堂を焼失しましたが、仁王門・赤門・鐘楼堂は残りました。他の建物は大火後の再建です。

20170319b祖師堂前の伏姫桜は、樹齢400年と云われています。近年は樹勢の衰えが激しいようですが、春には満開の枝垂れ桜が見事です。地元では、隠れた桜の名所として知られ、大勢の人やカメラマンで賑わいます。

訪れた日は、まだ蕾でしたから、開花はもう少し先になりそうです。

20170319c弘法寺の長い石段を下ると、参道のすぐ左手に手児奈霊神堂があります。
手児奈は、今から1300年ほど前、この地に住んでいた美しい里娘で、男らが自分を巡って争うのを苦に、「自分さえいなければ」と真間の入江に入水したと伝わります。手児奈伝説は、都に伝わり、万葉集にも数多く詠われました。

「われも見つ 人にも告げむ 葛飾の 真間の手児奈が奥津城処(おくつきどころ)」

地元では、良縁成就・孝子受胎・無事安産・健児育成の女神として親しまれ、10月の手児奈まつりでは女神輿が渡御します。

20170319dさらに参道を進むと、「真間の継橋(つぎはし)」が見えてきます。
国府台に下総国府があったころ、この一帯は古東京湾が入り組む入江でした。いくつもの砂州を橋でつないで官道が通っていたと考えられており、万葉集にも既に「真間の継橋」として詠われています。

「足(あ)の音せず 行かむ駒もが 葛飾の 真間の継橋やまず通わむ」

橋の元の位置や形状は不明で、現在は、朱色の欄干のモニュメントがありますが、橋の下に水は流れていません。

いつも通過することが多い市川ですが、改めて目を向けると、万葉の旧跡があちこちに残り興味深かったです。この後、真間川まで歩いて再びバス停に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

習志野・剣(つるぎ)祭

習志野市鷺沼の八剣神社で行われた「剣」祭を見学。

20170304【現地掲示資料の説明】
「八剣神社祭礼『剣』とは、今から300年有余前の江戸時代初期、徳川幕府第4代将軍徳川家綱の時代から続いていると言われています。
八剣神社で祝詞奏上と玉串奉奠の神事後、触太鼓先導に、御神酒、御神米を振る舞う若者と共に『悪事災難逃れるように』と唱えながら、八名の剣士が氏子の家々へ土足のまま入り、家の中の悪霊を追い払うものです。
また、旧の村境の幕張、津田沼、藤崎、大久保の4か所の境で『辻切り』を行い悪霊を追い払います。」

【この日の進行スケジュール】
13:00~ 集合(根神社社務所)
13:30~ 練り行列(根神社→八剣神社)
14:00~ 祈願祭(八剣神社)
14:30~22:20 ムラ廻り
八剣神社発14:30→5丁目→辻切り(幕張インター)15:10
→3丁目→宿(個人宅)16:00→1丁目→辻切り(1丁目)17:40
→1丁目宿(個人宅)18:00→2丁目→13町会方面→辻切り(跨線橋たもと)19:30
→2丁目宿(社務所)19:50→4丁目→辻切り(4丁目東町会)21:20
→4丁目宿(東町集会所)21:30→根神社戻り22:20
22:30~ 直会、剣士慰労
23:00ころ 終了

【メモ】
旧行3/1だったが、昨年から3月第一土曜日に変更(剣士役の中高生が集まらない)。旧鷺沼村の産土・根神社社務所で出発式。鷺沼囃子とばか面踊りに見送られ、練り行列で末社・八剣神社へ移動。道中、地元の人々が天狗の持つ大榊の小枝をむしり取り、魔除けとして持ち帰る。八剱神社で祈願祭後、剣(鉾)を持ってムラ廻りへ。1本だけ長い親剣をリーダーに旧集落240戸を廻る。現在は門口で祓い、土足で上がることはなくなった。辻切りでは、齋竹に塞坐三柱(八衢彦神・八衢姫神・久那戸神)の護符を祀り、神職が神事を催行。
見物人とカメラマンは、八剣神社では多数。ムラ廻りの同行撮影は、剣士が疾走しながらハイペースで廻るのでかなり困難(先回りはルートが複雑すぎて無理)。両神社に駐車場なし。
詳しく教えて頂いた役員の皆さん、ありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/26

市川・団子あげ

市川市・北方子之神社(北方3-17-23)で行われた「団子あげ」を見学。

20170226北方子之神社は、亀山帝の文永年間(1264-75)の創建で、大己貴命(大國主命)を祀ります。

「団子あげ」は、北方1~3丁目・4丁目(一部)に伝わる伝統行事で、毎年2月26日(子之神社の祈年祭)に行われます。
無病息災と豊作を祈る予祝行事で、梅の小枝に団子で「餅花」を咲かせて奉納し、参詣者に配ります。
この団子を持ち帰り、焼いて食べると一年間風邪をひかないとされています。

【この日の進行スケジュール】
10:00~ 祈年祭
10:15~ 参詣者に配布
10:30ころ 終了

【メモ】
朝9時ころ、北方会館(公民館)に氏子総代・役員12人が集まり、梅の枝に団子をさして準備し、神前に奉納する。午前10時、拝殿で祈年祭の式典執行(15分)。その後、参詣者に配布される。昔は、氏子の家々が前年に収穫した米粉の団子を梅の小枝にさして奉納した。現在は、周囲は住宅街で農家はなく、市販の団子を使って氏子役員のみで継承している。参詣者と見学者(取材含む)は計10人ほど。公民館に駐車スペース数台(狭いので付近のコイン駐車場を推奨)。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/19

香取・廻り祭頭

香取神宮で行われた鹿島神宮祭頭祭「廻り祭頭」を見学。

20170219茨城・鹿行地域に春の訪れを告げる鹿島神宮の祭頭祭(毎年3月9日)。
大総督(当番区から卜定で選ばれた男児)を頭(かしら)に、陣笠・羽織袴の役員、色とりどりの祭衣・襷・鉢巻で樫棒を持った囃子人が数百人の行列で囃す勇壮な祭りです(国記録選択無形民俗文化財)。

本祭の前に、予行演習(棒揃え)を兼ねて大総督の地元を囃して廻る「廻り祭頭」が行われます。今年の右方大頭(清水郷)の大総督は、香取・西蔵院のお孫さん。その縁で、31年ぶりに香取神宮で廻り祭頭が披露されました。

【この日の進行スケジュール】
10:30~11:30 廻り祭頭(西蔵院)
13:30~14:30 廻り祭頭(香取神宮)
楽士一斉囃し(朱鳥居前)→棒ふり一斉囃し(総門前)→一斉囃し(拝殿前)

【メモ】
氏子66郷を南と北に分け、双方の当番区(左方大頭・右方大頭)で大総督が選ばれる。今年は左方(奥野谷郷)は大総督のもと16組500人が、右方(清水郷)は大総督のもと13組270人が「出陣」する。祭頭囃行列は、肩車された大総督を先頭に、高張提灯、幟旗、金馬簾(馬印)、大軍配、纒を立てた大行列で練り歩く。
右方(清水郷)の廻り祭頭では、朱鳥居前・総門前・拝殿前で一斉囃しが行われた。警護役人が囃し場を確保すると、大軍配が走り込み、大きく振り回して場を浄める。次に、纏も同様に繰り返す。その後、囃人が組ごとに走り込み、楽士(太鼓)を中心に円陣になり、祭頭唄を歌いながら六尺の棒を組んだり解いたりを繰り返す。房総には見られない芸態で大変珍しかった。
突然現れた祭人に観光客は大喜び。見物人もカメラマンも多数。神社に駐車場あり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/29

八千代・下高野の辻切り

八千代市下高野区で行われた辻切りを見学。

20170129ムラに疫病や災いが入らないように、毎年1月下旬(天神ビシャ後に決定)、藁で大蛇を編み、集落の境6か所に掛けます。

八千代市内の辻切り行事は8か所に残り、下市場区・上高野区・下高野区・下町区(村上)・台町区(村上)が藁蛇型、高津区・小池区・勝田区が注連縄型です。

目や舌の作り方、本体に挿す枝、御神札の種類など、地区ごとに少しずつ違います。下高野区では、目・舌に唐辛子(伏見甘長)を使い、背に塞神の御神札・幣束・ヒイラギ・スギの小枝を挿します。

【この日の進行スケジュール】
9:00~ 藁蛇作り(頭・胴体を6体)
12:00~ 休憩
13:00~ 飾り付け(目・舌・挿し物)
13:40~ 辻にかける(青菅、上高野、米本、保品、先崎、青菅の境)
15:30ころ 終了

【メモ】
青菅地区(佐倉市)との境に近い農家のビニールハウス内で作業。頭部に使う藁をすき、2人一組で大辻(蛇)6体と自宅用の小辻(蛇)を編む。和気藹々と作業が進み、できた大辻と小辻を板で押して転がし、滑らかに仕上げたところで昼休憩。午後1時、目・舌・挿し物で飾り付けて完成。すぐ前の辻(青菅との境)に掛け、あとは軽トラに分乗して順番に掛けて回る。
今回、作業と並行して小辻作りを体験させてもらい、藁を編む難しさを実感。小休止では、自家製の甘酒やかき餅を馳走になりながら、地区の古い話を聞かせて頂く。見学者はなく、カメラマンは3人。駐車は下高野区公会堂にスペースあり。お世話になった地区の皆さん、まっくろくろすけさん、ありがとうございました。できあがった小辻は、さっそく床の間に飾りました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧