2017/09/24

岡本太郎の東北展

妻と一緒に、東京・南青山の岡本太郎記念館で開催中の写真展「岡本太郎の東北」に行ってきました。

20170924岡本太郎氏と云えば、「芸術は爆発だ!」で知られる前衛的な芸術家です。私は、大阪万博(1970)で太陽の塔をリアルタイムで見に行った世代なので、特に強烈な印象があります。

そんな太郎氏が、日本の民俗芸能にカメラを向けていたことは、つい最近知りました。
写真展では、縄文文化をきっかけにシャーマニズムに関心を寄せた氏が、東北を訪れて土着の魂の叫びを見い出し、独特の視点で切り取った写真を展示しています。

1960年代の東北には、人々の生活に根付いた郷土芸能が純粋な形で、いい意味で「泥くさく」残っていました。氏は、これらの民俗を芸術家の鋭い感性で撮影しています。人々の素朴な表情がモノクロ写真で迫り、凄みすら感じます。

たしかに民俗を撮っているのですが、普通の民俗写真と何か違う…。何が違うんだろうとしばし考えて、氏の視点が被写体の「顔」に据えられていることに気付きました。民俗の表層にではなく、人・動物・物の「顔」に真っすぐ向けられた強烈なまでの関心…。
プロの写真家ではなく芸術家としての斬新な視点、切り取り方にハッとさせられ、民俗芸能と対峙する姿勢を深く考えさせられました。

記念館は、氏のアトリエを公開したもので、生前のアトリエや庭のオブジェが印象的(館内撮影自由)。近くには根津美術館や秋山庄太郎写真芸術館(こちらは当分の間、休館中)もあります。

この写真展は、10月9日(月)まで開催しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/18

撮影機材の点検

毎年、祭事が少ない師走のこの時期は、撮影機材をメンテナンスに出しています。

20161218今年も、銀座ニコンSCにDf×2台を持ち込みました。新しい「点検パック」で、いつものローパスフィルタ(LPF)清掃と動作点検に加えて、ピント・AF精度やレンズマウントなどの点検コースを依頼。
料金は倍になったものの、チェックシートで点検箇所と項目、作業内容と判定結果が明記されるようになりました。

Dfは、初投入(2013年11月の「大饗祭」)から4年目に入りました。メイン機としての運用は2015年7月の「田中の虫送り」からですが、Dfは重い大口径ズーム(大三元)で運用するより、単焦点でまったり撮影する方が合っているような気がします。

待ち時間の間に、妻と銀座をぶらぶら。毎年、趣向を凝らしたXmasのショーウィンドウを見て回るのも楽しみです。写真は、山野楽器銀座本店のXmasツリー(D40で撮影)。社屋建替えで休止中の銀座ミキモトのツリーに代わって大人気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/12

石川直樹写真展「まれびと」

銀座のキヤノンギャラリーで開催された石川直樹氏の写真展「まれびと」に行ってきました。

20160112石川氏は昭和52年東京生まれ。中高生のころから未知の世界を求めて国内や世界を旅し、大学時代に世界七大陸最高峰を史上最年少で登頂した冒険家です。旅を通じて人類学・民俗学に関心を深め、写真で記録する面白さに目覚めたそうです。
大学院では環太平洋の島しょ部の渡海文化を研究。2011年、ポリネシアの島々を訪ねた写真集「CORONA」で土門拳賞を受賞し、現在も民俗学的な視点で「未知との出会い」を求めて精力的に活動している写真家です。

今回の写真展は、折口民俗学でいう「まれびと」(海からの異形の来訪神)を迎えて行われる国内の仮面祭礼を通じて、人々の内面にある「未知なるもの」を10年かけて追い求めた作品を展示しています。

展示は、ボゼ(鹿児島・悪石島、写真右下)、メンドン(同・硫黄島)、トシドン(同・下甑島)、メン(同・黒島)、オニ(大分・国東半島)、ケベス(同)、ミルク(沖縄・西表島)、フサマラー(同・波照間島、写真左上)、マユンガナシ(同・石垣島)、パーントゥ(同・宮古島)、カセドリ(佐賀・蓮池)、アマメハギ(石川・輪島)、ミズカブリ(宮城・登米)、アマハゲ(山形・遊佐)、ナマハゲ(秋田・男鹿半島)、ナゴメハギ(同・能代)、アマメハギ(新潟・村上、写真左下)、スネカ(岩手・大船渡)、アマメハギ(秋田・にかほ)の19点。
民俗学的な視点で祭礼を撮る数少ないプロの写真家で、注目したい一人です。

新潟・村上のアマメハギは、房総・横芝光町の「小田部の火防」と似ていて興味深かったです(面の種類は違いますが)。

この写真展は、東京では1月13日(水)まで。以降、4月下旬まで大阪→名古屋→福岡→札幌→仙台のキヤノンギャラリーで開催されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/23

撮影機材の点検

例年、祭事が少ないこの時期は、撮影機材をメンテナンスに出しています。

20151223いつもの銀座ニコンSCにDf×2を持ち込み、ローパスフィルタ(LPF)の清掃と点検を依頼。所要時間は2台で90分ほどでした。

今年は7月にメイン機材をD300×2からDf×2に切り替えたので、レンズや周辺機材もいくつか入れ替えました。Dfは単焦点との相性が抜群ですが、グリップが浅く、メインで使う重いズームレンズと組み合わせると、長時間の撮影では中指が痛くなるのが難点です。

今回は帝国ホテルでの所用がメインだったので、クルマをホテルに置いて銀座をぶらぶら。クリスマス前の祝日で、銀座はいつも以上の賑わいでした。
特に、今年は中国からの団体客が目立っていて、銀座通りは観光バスだらけ、店の前は中国語だらけ…。皆さん、大きな袋やら箱を抱えていて、爆買いって本当なんだなあと実感したのでした。

写真は、帝国ホテルのバンケット・ロビーに飾られたXmasデコレーションです(下の娘がiPhone6で撮影)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/12

機材の整理

久しぶりに防湿庫のカメラ機材を整理しました。

これまで、祭事撮影はD300(2台)にDXレンズ群(10.5/2.8、12-24/4、17-55/2.8)とVR70-200/2.8を使い、まったりとした撮影はDf(銀)にf1.8単焦点(20mm、28mm、35mm、50mm、85mm)を使っていました。
長年酷使したDXの機材は痛みが激しく、主力のストロボSB-800は補修部品在庫払底の情報も聞こえ始め、そろそろ更新どき。今後の写真との付き合い方を考え、この機会にFXシステムへ更新することにしました。

で、処分したのは、D300(2台)とDXレンズ3本、ストロボSB-800(2台)・SB-600、それに稼働率の低いGR Limited Edition、古いContax G2(フィルム)+プラナーT*45/2・ビオゴンT*28/2.8でした。
いつもの中野F店に持ち込み、代わりにDf(黒)と24-70/2.8G(VR不要なので旧モデル)、SB-910と娘用コンデジを調達。あ、SD-9を買い忘れた…

DXシステムに不満があったわけではないので、D40とキットレンズは残留です。ちなみに、FXになったからといって自分の写真が変わる…なんてことはありません(たぶん)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/23

撮影機材の点検

祭事が少ない師走のこの時期は、例年、撮影機材をメンテナンスに出しています。

20141223今年も、銀座ニコンSCにD300×2とDfを持ち込み、ローパスフィルタ(LPF)の清掃と点検を依頼しました。所要時間は3台で2時間ほどです。

D300は、初投入(2008年9月の「安房やわたんまち」)から7年目に入りました。雨風や猛暑の中で酷使していますが、当時のAPS-Cフラッグシップ機として造られただけあって、その頑丈さには驚きます。Dfは、投入してほぼ1年。こちらは、単焦点と組み合わせてまったりと撮影中。新発売の20mmf1.8Gが品薄で入手難が続いているのが悩ましいところです。

今回は妻と娘が一緒だったので、待ち時間は銀座をぶらぶら。今、銀座は再開発によるビルの建て替えラッシュです。私的には、お気に入りの店が入ったビルがいくつかなくなってしまい、ちょっと残念な感じに…。

写真は、銀座ミキモトのXmasツリーです(GRで撮影)。37年間続いたツリーも、本店建て替え工事のため今年で最後。大勢の人が名残りを惜しんでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/18

笹本恒子100歳展

横浜の日本新聞博物館で開催中の「日本初の女性報道写真家・笹本恒子100歳展」に行ってきました。

20140518笹本氏は大正3年(1914)東京生まれ。昭和15年(1940)、東京日日新聞を皮切りに報道写真の世界に入り、現在もフリーで取材・執筆活動を続ける現役のフォト・ジャーナリストです(日本写真家協会名誉会員)。

この写真展は、氏が百歳を迎えるのを記念して、戦中~戦後の日本を撮った写真134点を展示しています。

展示は4部構成(1章「明治生まれの女性たち」、2章「あの時代、あの人」、3章「笹本恒子が見た時代」、4章「いつまでも現役、笹本恒子の今」)で、まだ女性の社会的地位が定まっていなかった時代、女性の視点で時代を記録し続けた氏の活動を振り返っています。

報道写真家なので現役時代には各界の著名人を撮影した写真が多いですが、近年はフランスで芸術家の集う老人ホームを取材するなど、老いをテーマにした活動もされています。
氏の写真は、戦中、終戦直後、安保闘争や労働争議の時代、平成と、時代の中で常にたくましく生きる女性たちの姿を写し込んでいて、興味深かったです。

千葉とのつながりでは、終戦後、疎開先の千葉で千葉新聞社に勤めたり、平成8年(1996)には千葉の女流俳人・鈴木真砂女を撮ったりしています。

この写真展は、日本新聞博物館で6月1日(日)まで開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/11

101年目のロバート・キャパ展

東京都写真美術館で開催中の「101年目のロバート・キャパ」展に行ってきました。

201405112014年はキャパことアンドレ・フリードマンの生誕101周年です。

戦場写真家としてあまりにも有名なキャパですが、この写真展は、挫折や失意を乗り越えながら生きた一人の青年写真家ボブ(キャパの愛称)にスポットを当てた展示になっています。

戦乱の中、力強く生きる人々を撮った作品がメインで、これまでのキャパ展と異なり、青年写真家ボブの視点に重点を置いた独自の構成を試みており、とても興味深かったです。

会場にはキャパの最後のカメラ(Nikon S)も展示されていました。
インドシナ戦争を取材中、死の直前まで使っていたカメラで、ボディやレンズには泥がついたまま。キャパの息遣いまで聞こえてきそうでした(東京での公開展示は16年ぶりだそうです)。
他にも愛用カメラと同型のCONTAX、Leica、Rolleiflexが展示されています。

私にとって、キャパの写真展は、趣味とはいえ自分の写真との向き合い方を反省させられる良い機会になっています。

この写真展は、東京では本日(5月11日)まで。次は九州芸文館で8月2日~9月15日までの開催です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/23

撮影機材の点検

例年、房総の祭事が少なくなる12月は,翌年の撮影計画を立てたり、撮影機材を点検に出しています。

20131223今日は,妻と銀座に出かけたので,ニコン銀座SCでD300のローパスフィルタ(LPF)清掃と点検を依頼しました。
銀座SCは,丁寧な対応と適確なアドバイスで信頼しています。比較的空いていたからか、受付の人は「多重露光で銀座のイルミネーション撮ると綺麗ですよー」といかにも写真好きな話題を振ってきて好感度大でした。所要時間はD300を2台預けて約90分でした。

今年は機材にDfと単焦点をいくつか加えましたが、フォーマットにこだわりはないので、祭事撮りはまだまだ2台のD300に頑張ってもらう予定です。

写真は、銀座コアで見かけたクリスマス・デコレーション(iPhone4Sで撮影)。久々に妻と銀座を散策しましたが、クリスマス前の三連休で街は大変な賑わいでした。今年は、ミキモト本店のクリスマスツリーとBVLGARIのジュエリー感あふれるデコレーションが素敵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/20

キャパとタロー、二人の写真家展

横浜美術館で開催中の「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー、二人の写真家」展に行ってきました。

20130320キャパといえば、世界的に有名な報道写真家です。
この「キャパ」という写真家が、初めはハンガリー生まれのアンドレ・フリードマンとドイツ人女性のゲルダ・タローが二人で考え出した架空の人物だったことは、あまり知られていません。

ヨーロッパに第二次大戦への足音が近づく1930年代、無名の二人の報道写真家は、迫害から逃れたパリで知り合います。スペイン内戦の取材を通じて、お互いに欠かせないパートナーとなりました。
二人は、自分たちの写真を売り込む策として、アメリカ人の売れっ子写真家「ロバート・キャパ」なる人物を創り出します。この方法は成功し、やがてフリードマン自身が「キャパ」として活動するようになり、タローも独立した写真家として成功しました。

ところが、二人が出会ってわずか5年後、タローはスペイン内戦の取材中、27歳の生涯を閉じます。キャパは大きなショックを受け、その作風を大きく変えたと云われています。その後、キャパは、第二次大戦で各戦線を取材し、大戦後のインドシナ戦争で取材中に地雷を踏んで落命しました。タローの死から17年が経っていました。

今回の写真展は、キャパことフリードマンの生誕百周年を記念して、国内でも有数のキャパ・コレクションを持つ横浜美術館が、知られざるタローの作品とともに、二人の個展として開催しています。
二人の個性と作風がよく分かり、とても見応えのある写真展になっています。
キャパの名作「崩れ落ちる兵士」も展示されています。コルドバ戦線で撃たれた兵士を撮った瞬間とされますが、実は丘で足を滑らせた兵士をタローがローライフレックスで撮ったとも云われる謎の多い作品で、とても興味深かったです。

この写真展は3月24日(日)まで開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧