2021/09/04

「筑後ノ国32万5千石初代国主 田中吉政」展

八女市伝統工芸館(福岡県八女市)で開催中の「筑後ノ国32万5千石初代国主 田中吉政」展に行ってきました。

20210904田中吉政(1548-1609)は、近江出身の戦国武将です。豊臣家に仕え、近江八幡四十三万石の豊臣秀次(秀吉の甥)の筆頭家老として、城下と琵琶湖を結ぶ八幡堀を開削するなど、商人町の隆興に尽力しました。

秀吉の小田原征伐では、秀次軍を率いて出兵。論功で三河岡崎五万七千四百石の国持ち大名となり、堀割や河川の築堤、東海道が城下町を通るよう付け替えるなど普請に手腕を振るいました。

秀吉亡き後は徳川家康に従い、関ヶ原の合戦は東軍で参戦。敗走する石田三成を伊吹山中で捕縛した功績で、筑後柳河三十二万五千石の大々名となりました。

吉政は、柳河城を拠点に、久留米や八女福島など十支城とこれを結ぶ街道を整備。得意の土木普請で矢部川の治水・柳河城下の掘割、有明海沿岸の干拓を行い、新田開発を奨励しました。

筑後柳河藩は、二代忠政のとき無嗣断絶により改易(1620)。北部が久留米藩(有馬氏)二十一万石、南部が柳川藩(立花氏)十一万石と三池藩(立花氏)一万石に三分割されました。

今回の企画は、吉政が手掛けた各地の普請や吉政関連資料をパネルで紹介。併せて、八女福島城の模型や天守閣の鯱を展示しています。有馬氏入城以前の久留米城主に関する資料は少ないので、参考になりました。

この企画展は、9月12日(日)まで開催中です。

| | | コメント (0)

2021/06/27

企画展「久留米藩主有馬家歴代」

有馬記念館(久留米市)で開催中の企画展「久留米藩主有馬家歴代」に行ってきました。

20210627久留米入城四百年の記念企画で、江戸期、無嗣断絶した田中氏の後、250年にわたり久留米藩二十一万石を治めた有馬家の歴代藩主11人にスポットを当てています。

展示は、「久留米藩の幕開け」(藩祖~二代)、「藩政確立から学問・芸術文化の隆盛」(三~九代)、「幕末維新期」(十~十一代)に分けて、有馬家や社寺、市が所蔵する肖像画や書状、鎧兜など31点を紹介。

関ヶ原を戦った藩祖・則頼と初代・豊氏、厳格だった二代・忠頼、一度も久留米入りすることなく江戸藩邸で急逝した五代・頼旨、養嗣子として家を継いだが華美を好んだ六代・則維、和算の大家だった七代・頼徸、犬好き・相撲好きの八代・頼貴、江戸藩邸に水天宮を分祀した九代・頼徳、質素倹約と軍制近代化で名君の誉れ高い十代・頼永、最後の藩主で公儀からの縁組に莫大な費用を要し藩の財政が傾いた十一代・頼咸と、それぞれの人となりが分かり、親しみを感じさせる内容になっています。

個人的には、久留米城下の整備に初代~四代まで70年かかったことや、歴代有馬家の兜の前立て(獅子飾り)に興味を惹かれました(写真は公式チラシから引用)。

この企画展は、福岡県の緊急事態宣言解除に伴い6月21日から再開され、8月2日(月)まで開催しています。

| | | コメント (0)

2021/06/06

特別展「よみがえる正倉院宝物」

太宰府天満宮から九州国立博物館へは、連絡通路でつながっています。

Chirasi九博では、特別展「よみがえる正倉院宝物~再現模造にみる天平の技」を開催中。
1300年伝わる正倉院の宝物から「楽器・伎楽」「刀・武具」「染織」「仏具・箱と几(き)・儀式具」「鏡・調度・装身具」「筆箱」に分けて再現模造127点を紹介しています。

再現模造とは、原宝物を調査し、当時と同じ材料・構造・技法で再現する方法です。当時の技術を復元して継承するのが目的ですが、原宝物が年1回(秋の正倉院展、奈良国立博物館)しか公開されないのに対し、比較的身近に見ることができる副次的なメリットもあります。

今回の目玉は、現存する五弦の琵琶として世界最古の「螺鈿紫檀五絃琵琶」の、明治と平成の2つの模造の比較展示です(写真は公式チラシから引用)。新旧技術の違いがよく分かり、場内に音色を流してイメージしやすいように工夫した展示になっています。
このほか、ハープに似た楽器「螺鈿槽箜篌(そうのくご)」、聖武帝の太刀「金銀鈿荘唐太刀」、貴族の玉帯を入れる箱「螺鈿箱」など、見事な模造はもはや別個の第一級の美術工芸品でした。

九博は、平成17年(2005)に開館した歴史系の国立博物館で、佐倉の国立歴史民俗博物館(歴博)と並び、歴史・民俗好きには外せません。常設展示は、倭奴国王印など大陸との関係、白村江の戦いと太宰府や水城の備え、遣唐使、元寇、キリシタン踏み絵など、歴史の古い九州ならではの内容が多く、とても興味深いです。

この特別展は、九博では6月13日(日)まで。その後は新潟、北海道、東京と巡回します。

| | | コメント (0)

2021/02/20

電車を止めるな!

妻と一緒に、ドライブインシアターin銚子で上映された「電車を止めるな!のろいの6.4km」を見に行ってきました。

20210220この映画は、経営難にあえぐ銚子電鉄が起死回生を狙って制作したギャグ・ホラー映画です。

銚電といえば、運賃収入より「ぬれ煎餅」の売上が支える赤字経営で知られています。映画は、制作費500万円をクラウドファンディングで集めたものの、結局2000万円ほどかかったり、社長自ら「超C級映画」「期待値ゼロで見に来て」と自虐ネタにしたりと、何かと話題になりました。

全国の中小映画館やホテル、寺社などを会場に(細々と)上映され、銚電応援のために一度は見たいと思っていました。
ストーリーはネタばれになるので割愛しますが、感動シーンや予想外の展開もあり、期待以上に楽しめました。

今回のドライブインシアターは、銚子観光協会の主催で、観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」事業により無料でした。コロナ対策にも配慮がなされ、安心して鑑賞できました(スタッフの皆さんは大変だったと思います)。
観光協会と銚電からいただいたお土産に、「絶対にあきらめない」竹本社長の心温まる手紙が添えられ、感激しました。

| | | コメント (0)

2020/11/08

企画展「松戸と徳川将軍の御鹿狩」

松戸市立博物館で開催中の企画展「松戸と徳川将軍の御鹿狩」に行ってきました。

20201108この企画展は、江戸期、小金牧で4回行われた徳川将軍の御鹿狩(享保の御鹿狩2回・八代吉宗)、寛政の御鹿狩・十一代家斉、嘉永の御鹿狩・十二代家慶)を、古文書や絵図、武具、当時の馬や鹿・猪のはく製などで紹介しています

松戸市の東部は、江戸期、小金牧(幕府の馬の放牧場)の一部でした。害獣(鹿・猪など)による農作物被害が多くなると、害獣駆除のため軍事訓練を兼ねた「御鹿狩(おししがり)」が行われました。
江戸城を発った将軍は、御座舟で松戸宿に入り、富士山に見立てた御立場から、旗本や牧士・農民勢子の動きを総覧しました。

これら4回の御鹿狩で使われた御立場は、現在の松飛台付近にありました。戦前まで「猪見塚(ししみつか)」の名で残っていましたが、昭和10年代に旧松戸陸軍飛行場の造成に伴って完全に撤去されました。

この企画展は、11月15日(日)まで開催しています。

| | | コメント (0)

2020/10/31

菱川師宣記念館「新収蔵品展」

妻と一緒に、菱川師宣記念館(鋸南町)で開催中の「新収蔵品展」に行ってきました。

20201031この企画展では、地元の旧家から寄贈された父・菱川吉左衛門の刺繍画「柿本人麻呂像」と師宣の「昇り龍図」を同時公開しています。

江戸中期、浮世絵本の上部に文章を入れる形式を考案した師宣ですが、晩年はもっぱら肉筆浮世絵に専念し、名作「見返り美人」を生み出しました。師宣の描く女性は色鮮やかな小袖姿で、その凝った衣装の描写は、縫箔師だった父の影響と考えられています。
その吉左衛門の刺繍画は、刺繍とは思えない衣装の表現ぶりが見事でした。

他に、師宣の長男・友房の「風俗絵巻」など、師宣の作風を継いだ肉筆画も展示されています。

感染症拡大に伴う移動自粛が続いた影響で、南房総に遠征したのは8か月ぶりでした。帰りは道の駅「保田小学校」で地場産品を買い求め、明鐘岬の「岬カフェ」に立ち寄って帰宅しました。

「新収蔵品展」は、11月1日(日)まで開催しています。

| | | コメント (0)

2020/10/03

企画展示「千葉のまつり」

千葉県立房総のむら(栄町)で開催中の屋外企画展示「千葉のまつり」に行ってきました。

20201003県内の上総・下総・安房の三地域から、各地域の特色を伝える祭りとして、上総の「市原の柳盾神事」、下総の「山倉の鮭祭り」、安房の「白間津のオオマチ」を取り上げています。

展示は、装束・用具と解説パネル、それに映像です。もとは展示と実演で紹介する予定が、感染症拡大の影響で、実演に代わり映像に変更された経緯があるようです。

実演がなくなったのは残念ですが、コロナ禍で県内の祭礼がほぼ中止の現況で、この企画を実現してくれたことに感謝です。 これら3つの祭礼は過去に取材したことがあり、当時の撮影行を懐かしく思い出しつつ、時の流れによる変貌の様子がよく分かりました。

この他、トピック展示「疫病退散を祈る祭り」として、市川で行われた大杉祭と栄町のオダチ行事の展示もあります。詳しい展示解説書(カラー13頁)も無料で用意され、貴重な資料になりました。

同時開催のウォークラリー「千葉のまつり展示めぐり双六」は、場内4か所の高札を巡って完成させると記念品がもらえます。各高札には「吾妻神社の馬だし祭り」「上総十二社祭り」「佐原の山車行事」「下総三山の七年祭り」の簡単な紹介がありました。

この企画展示は、10月3日~11月23日まで開催しています。

| | | コメント (0)

2020/08/14

夏季展「坂川・江戸川 水景色」

松戸市の戸定歴史館で開催中の「坂川・江戸川 水景色」展に行ってきました。

20200814この企画展は、明治期に松戸に移り住んだ最後の水戸藩主・徳川昭武が趣味で撮影した古い松戸の風景などの古写真を通して、地域の変遷を辿っています。

展示は、第1章「坂川」、第2章「松戸徳川家の誕生」、第3章「徳川家の夏休み」、第4章「江戸川」の4部構成です。

「坂川」では、好んで撮った水辺風景や農作業をする庶民など、写真14点を紹介(右の写真は同じ場所で2017年撮影)。
「松戸徳川家の誕生」では、明治25年の分家の際、水戸徳川家から贈られた御譲品(おゆずりひん)など21点を展示。
「徳川家の夏休み」では、旅行先での家族や風景など、写真10点で華族の夏休みを紹介しています。
「江戸川」では、当時の松戸・市川・小岩の風景など、写真4点で当時の江戸川流域の風景を伝えます。

この企画展は、夏季展として定期的に開催されています。写真が高価だった時代、日常生活を記録した写真は貴重な歴史資料ですし、現在との対比が面白い企画展示になっています。

夏季展「坂川・江戸川 水景色」は、9/13(日)まで開催中です。

| | | コメント (0)

2020/02/01

来訪神・仮面仮装の神々の現在~東北・北陸地方を中心に

国立歴史民俗博物館で行われた映画の会「世界無形文化遺産 来訪神・仮面仮装の神々の現在~東北・北陸地方を中心に~」に行ってきました。

20200201今回は、歴博研究部民俗研究系の川村清志氏が撮影・編集した「来訪神の今ーナマハゲ・アマメハギ・スネカ」(2020)の上映と解説でした。

ナマハゲ(秋田・男鹿半島)は、大晦日の夜、異形の仮面を付けて家々を廻り、怠け者の行状を諫めます。
アマメハギ(石川・能登半島)は、天狗・ガチャ(角のない鬼)2人・猿の4人で家々を廻り、ノミと槌を打ち鳴らして暴れ、家人の行状を諫めます。
スネカ(岩手・大船渡地方)は、異形の仮面に蓑をまとい、包丁を持って数人で家々を廻り、家人の行状を諫めますが、現在は中学生が扮して行われています。

いずれも家々の繁栄と豊穣を祈る来訪神で、家人を諫める過程で子供を威すのは郷中教育の一種です。しかし、民俗芸能は、世界無形文化遺産登録などで地域外にも知られるようになると、地元の想いとは無関係に、メディアの要望や海外からの誤解など様々な外的要因の影響を受けて芸能が変容する現実があり、東北・北陸地方の芸能もその局面にあるようです。他方、変容を避けるため外の影響を厳しく遮断(撮影・録音・メモ取りを禁止)して文化財化を拒むアカマタクロマタ(沖縄・八重山諸島)の例も紹介され、民俗行事の伝承と記録・公開の在り方(資源化)について深く考えさせられました。

| | | コメント (0)

2020/01/10

特別公開「高御座と御帳台」

東京国立博物館で開催中の特別公開「高御座と御帳台」に行ってきました。

20200110「即位礼正殿の儀」(令和元年10月22日)で用いられた高御座・御帳台と、儀式に使われた威儀物が無料で公開されています。

高御座は、大正天皇即位の際に製作され、高さ6.48m・幅6.06m・奥行5.45m。黒漆塗りの基壇に朱塗りの高欄をめぐらせ、八角形の天蓋を8本の円柱で支えています。天蓋に大鳳凰、8つ角の蕨手に小鳳凰、蓋縁は華形・鏡光・瓔珞で装飾されています。内部は中央に御倚子(ごいし)が、その左右に剣璽と国璽・御璽を置く案(あん)が置かれています。

御帳台は、大正天皇以降に用いられるようになりました。造りは高御座とほぼ同じですが、高さ5.67m・幅5.3m・奥行4.77mとやや小ぶり。天蓋に瑞兆の鳥である鸞(らん)を載せ、蕨手や蓋縁の装飾が少なく、内部は御倚子のみなどの違いがあります。

展示は、第一会場にガラス越しで高御座・御帳台(撮影可)、第二会場に威儀物(太刀・弓・鉾・盾)と従者(武官・文官・女官)の装束再現が展示されています。無料公開なのに展示図録の小冊子も用意され、充実しています。

特別公開は1月19日(日)まで。会期後は、高御座と御帳台は解体されて京都御所に戻るそうです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧