2019/07/06

来訪神・仮面仮装の神々の現在~南西諸島を中心に

国立歴史民俗博物館で行われた映画の会「世界無形文化遺産 来訪神・仮面仮装の神々の現在~南西諸島を中心に~」に行ってきました。

20190706 歴博映画の会は、歴博が製作・収集した民俗・歴史分野の記録映画を、研究者の作品解説とともに公開している講座です。

今回は、「甑島のトシドン」(1979、民俗文化映像研究所)と「石垣島川平のマユンガナシ」(1982、東京シネマ新社)の上映と、解説は歴博研究部民俗研究系の内田順子氏でした。

甑島のトシドンは、鹿児島県の下甑島に伝承される正月行事です。大晦日の夜、異形の仮面を付けて家々を廻り、子どもらの行状を諫めて去って行く来訪神です。郷中教育の一種ですが、近年は希望者が「トシドン申込書」で申し込み、申し込んだ家だけを廻るように変容したとか。

マユンガナシは、沖縄県の石垣島に伝承され、笠に蓑をまとい、棒を持って家々を祝福して廻る来訪神です。農耕の予祝儀礼の一種と考えられており、現在も続くのは川平地区のみだそうです(原則として非公開、写真撮影不可)。

いずれも存続が危ぶまれる民俗行事で、映像記録による保存・継承の大切さを実感しました。他方、トシドンでは、本来地域ごとに様々な扮装で行われていたところ、記録映画の完成後は映像内の扮装が「スタンダード」とされて地域性が消えたなどの影響が報告され、映像記録による保存の副作用についても考えさせられました。

このテーマでは、2020年2月に東北編が予定されているので、楽しみです。

| | コメント (0)

2019/06/23

行田無線塔~天に聳ゆる無電塔~展

船橋市飛ノ台史跡公園博物館で開催中の「行田無線塔~天に聳ゆる無電灯~」展に行ってきました。

20190623Googleマップで見ると、行田には不思議な円形道路があります。ここには旧船橋海軍無線電信所がありました。

日露戦争後、海軍の行動範囲拡大に伴い、大正4年(1915)に開設。高さ200mの主塔を中心に、半径400mの円周に副塔18本が建つ巨大な施設でした。翌年、逓信省の電信局を併設し、大正天皇が米ウィルソン大統領と電文を交換したりしています。

昭和初期に自立型の6本鉄塔(高さ182m)に大改修。開戦時は、ハワイ奇襲に向かう艦隊に「ニイタカヤマノボレ」を打電しました。戦後、米軍に接収され、昭和41年(1966)に返還。昭和46年(1971)に鉄塔が撤去されるまで、6本鉄塔は永く船橋市民のシンボルとなっていました。跡地は団地や学校、県立公園に変わり、無線塔のあった風景は市民の記憶から消えつつあります。

今回の企画は、船橋在住の鈴木秀一・秀幸氏が製作した精密な復元模型を中心に、行田無線塔の歴史を写真や資料で解説。地域の歴史にスポットを当てた地元の博物館ならではの好企画です。会期は6月30日(日)まで開催中です。

上の写真は、行田公園内にある「船橋無線塔記念碑」。円形道路のかつての中心付近にひっそりと立っています。

| | コメント (0)

2019/03/09

写真でつづる千葉県と鉄道展

市川市中央図書館で開催中の巡回展「写真でつづる千葉県と鉄道」展に行ってきました。

201900309この巡回展は、千葉県博図公連携事業(博物館・図書館・公民館が連携して情報発信)の企画です。
明治150年の節目に、県内の鉄道をテーマに、鉄道開通から現在までの歩みを写真で辿っています。

写真は、第一部「鉄道の発達・変わる景色」(総武鉄道の開通など)、第二部「鉄道と世相・時代の一面」(戦時下の出征風景など)、第三部「消えた鉄道・失われた路線」(軽便鉄道や人車鉄道など)、第四部「鉄道連隊と千葉県・隠れた主役」(旧陸軍鉄道第一・二連隊など)の4部構成で52点が展示されています。

併せて、京成電鉄から各種記念乗車券や改札鋏・合図灯の出展と、館所蔵品の昔の鳥観路線図や沿線行楽案内などの資料を展示。館職員さんによる鉄道模型やプラレールもありました。

個人的には、姿を消した鉄道(第三部)と鉄道連隊(第四部)の展示と解説が興味深かったです。

この巡回展は、昨年11月に野田市立南図書館からスタートし、今回の市川市中央図書館で最後。期間は3月14日まで開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/02

上野・ムンク展再び

妻・下の娘と一緒に、上野・東京都美術館で開催中の「ムンク展」に行ってきました。

20190102ノルウェーを代表する画家ムンクの展覧会は、2007年の国立西洋美術館以来2度目です。
前回は、オスロ市立ムンク美術館が収蔵する作品から、装飾画家としてのムンクをテーマに108点が来日しました。今回は、「共鳴する魂の叫び」をテーマに、初期~晩年の作品101点でムンクの画家としての生涯をたどります。

構成は、「1ムンクとは誰か」「2家族-死と喪失」「3夏の夜-孤独と憂鬱」「4魂の叫び-不安と絶望」「5接吻、吸血鬼、マドンナ」「6男と女-愛、嫉妬、別れ」「7肖像画」「8躍動する風景」「9画家の晩年」の9つに分けて60年間の画業を主題ごとに紹介しています。

今回の見どころは、初来日のテンペラ・油彩の「叫び」(1910?)です。ムンクは、同じモチーフで複数作品を描いた画家でしたが、この「叫び」も1893年に描いた初版を描き直した現存する5点の一つです。
同時期の「絶望」(1894)と並んで展示されていましたが、こちらは前回も来日していました。油彩のほか、リトグラフや版画の作品・原板なども珍しかったです。

とても見応えのある作品群で、年齢や境遇ごとに作風の変遷がよく分かる好企画でした。年始の休日で、会期末が近いこともあり、チケット窓口で10分、入場に20分ほど並び、場内も大混雑していました(「叫び」の前では1列で立ち止まり禁止)。
ただ、もともとムンクは表現主義派で、死・孤独・嫉妬・不安という自己の感情を暗い色調と非現実的な心象風景に描き込んだ独特の作風ですから、前回同様、ちょっと重かったです。

ムンク展は、2019年1月20日(日)まで開催されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/25

「モータースポーツと湾岸部の歴史」展

船橋市郷土資料館で開催中の「モータースポーツと湾岸部の歴史」展に行ってきました。

20181125かつて船橋の湾岸部(浜町・若松町)には、船橋競馬場(1950-)、船橋ヘルスセンター(1955-77)、船橋飛行場(1958-69)、船橋サーキット(1965-67)、船橋オートレース場(1968-2016)が集中し、都心から近い一大娯楽エリアとして賑わいました。

現在は、船橋ヘルスセンター跡はららぽーとTOKYO-BAYに、船橋飛行場跡はスキードームSSAWSを経てイケアに、船橋サーキット跡は船橋オートレース場と物流倉庫群にそれぞれ姿を変えています。

今回の企画展示は、中でもモータースポーツにスポットを当て湾岸部の歴史を振り返る、船橋ならではの好企画です。

展示は、1階ロビーに船橋とモータースポーツの歴史年表、2階常設展示に「湾岸部のヒミツ」として船橋ヘルスセンター関係資料、3階企画展示に船橋サーキットとオートレース関係資料を解説。
往時の写真や、船橋サーキットに散った若き天才レーサー浮谷東次郎の記事、船橋オートの常勝選手飯塚将光の等身大パネルと優勝バイクの実車など、モータースポーツ全盛期の興奮が伝わってきます。

四輪ファンの私としては、幻の船橋サーキットが3.1kmとショートながら複雑なコース設計で鈴鹿・富士と並ぶ三大コースだったことは大変興味深く、浮谷東次郎の伝説がやっと現実とつながった気がします。

この企画展は、12月16日(日)まで開催しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/03

「地図に映る明治の日本」展

都内で開催中の「地図展2018・地図に映る明治の日本」に行ってきました。

20181103地図展推進協議会が主催する第51回地図展の企画で、今年は明治150年記念に協賛して明治の日本がテーマです。

明治新政府は、国土の建設と防衛のため正確な地図を必要としましたが、当時は伊能忠敬が幕府に献上した「大日本沿海輿地全図」(伊能図)しかありませんでした。

近代国家体制を確立した明治中期までに、英仏から近代的な測量と地図作製の技術を導入し、三角測量による地図作りが本格化しました。これらは、地図史的に貴重なだけでなく、激動の時代を映した生き証人です。

今回の企画展は、この時代の地図を通して、近代的な地図作製技術の発展の軌跡を辿るとともに、激動の時代の日本を俯瞰する好企画です。

展示は、「新橋横浜之間鉄道之図」(明治5年)、海図第1号「陸中國釜石港之図」(同)、「実測東京全図」(明治11年)、「五千分一 東京図測量原図」(明治16年)、「正式弐万分一地形図 東京首都」(明治42年)など、数々の珍しい地図で激動期の日本の姿を解説。
大型モニターで都心部の空撮と「五千分一 東京図測量原図」を比較できるコーナーや、千代田区とその周辺に残る明治の遺構を紹介したコーナーもあり、150年前に擬似タイムスリップできます。

千葉県民としては、明治新政府もしばらくは伊能忠敬翁の「伊能図」を使っていたことを知り、誇らしかったです。
この企画展は、11月7日(水)まで千代田区役所1階ホールで開催しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/08

松戸市立博物館・ガンダーラ展

松戸市立博物館で開催中の「ガンダーラ~仏教文化の姿と形」展に行ってきました。

20181008この企画展は、市制施行75周年・開館25周年記念特別展です。

過去に開催された「シルクロードとガンダーラ」展(平成9年・平成27年)の再来ともいうべき内容で、同館や各地の博物館・美術館が所蔵するガンダーラ美術品と、ガンダーラ寺院遺跡の発掘調査結果を紹介した意欲的な企画展です。

第1部「ガンダーラの仏教文化」では、「仏像のふるさとガンダーラ」「ガンダーラ仏教寺院跡探訪」「シルクロードの中のガンダーラ」の3テーマに分け、仏像やレリーフなど73点を紹介しています。
第2部「日本における仏教文化の受容」では、「仏教文化の受容」「花開く仏教文化」「古墳出土の仏教荘厳」の3テーマに分け、出土した装身具や土像など27点を紹介しています。

第1部のインパクトに比べ、第2部の印象が弱いのは致し方ないかと…。次回は、日本に伝わった後の仏教の変容に特化した企画も期待したいところです。
チラシの写真は「菩薩半跏像」(パキスタン、1~4世紀)で、松戸市立博物館蔵。地元の博物館がガンダーラ美術の優品を多数所蔵していたとは全然知りませんでした。

この特別展は、11月25日(日)まで開催しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/24

劇団四季Cats(キャッツ)

妻と一緒に、大井町キャッツシアターに劇団四季の「Cats」を観に行ってきました。

20180924Catsは、作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーが、英国の詩人T・S・エリオットの詩集「Old Possum's Book of Practical Cats(猫と付き合う方法)」をもとにミュージカル化したものです。

世界的な大ヒット作で、日本では劇団四季が初演(1983)以来、通算約1万公演、観客動員数述べ960万人という記録的なロングラン公演中です。今回の東京公演は、2018年8月11日~2019年6月30日まで、大井町のキャッツ・シアターで行われています。

ストーリーの舞台は、都会のごみ捨て場。年に一度、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツ(飼い馴らされることなく、逆境に負けずしたたかに一生を謳歌する強靭な思想と個性、行動力を持った猫)を選ぶ夜。猫たちが自らの一生を歌い踊りアピールします。その中から選ばれ、天上で新たな命を得る猫は…。

この日のキャストは、江畑昌慧(娼婦猫グリザベラ)、金本和起(長老猫オールドデュトロノミー)、藤田光之(老俳優猫アスパラガス)、加藤迪(兄貴分猫マンカストラップ)、松尾優(子猫シラバブ)ほか。

キャッツ・シアターは、客席と舞台がごみ捨て場をイメージ。キャストが度々客席に降りて演じる場面があって、観客と一体化した演出が楽しかったです。今回、下の娘がいい席をプレゼントしてくれたので、キャストの演技と歌の迫力を存分に楽しめました。中でもグリザベラとシラバブの歌声は感動的です。

終演後、何度もカーテンコールに応えるキャストに、満員の観客からスタンディングオベーションが送られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/23

ルーブル美術館展

赤坂に出かけたついでに、国立新美術館で開催中の「ルーブル美術館展」に行ってきました。

20180823今回のテーマは「肖像芸術—人は人をどう表現してきたか」。人の似姿を表現する肖像が果たした役割とその技法の変遷を、ルーブル美術館の全8部門(古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、絵画、素描・版画、彫刻、美術工芸品、イスラム美術)から厳選した古代~19世紀の作品112点で紹介しています。

展示は、「プロローグ」「記憶のための肖像」「権力の顔」「コードとモード」「エピローグ」の5部構成です。肖像の起源が死者の棺とともに埋葬した仮面に始まり、時代とともに死者の生前を記憶する彫刻・像に代わり、やがて国王の権威を表わす彫像・貨幣になって拡散され、その後、貴族や中産階級が肖像画で自らの存在を記録して残すようになった変遷がよく分かりました。

どの作品も見応えがありますが、個人的にはエジプト出土のマスク(BC1391-1353)、ブルボン公爵夫人の遺骸像(1510-30ころ)、古代ローマ皇帝ティベリウスの彫像(AC40-60)、5歳で即位したルイ14世の胸像(1643ころ)、ナポレオンのデスマスク(1833)、ヴェロネーゼの肖像画「美しきナーニ」(1560、パンフレット写真)に感銘しました。
エピローグでは、アルチンボルドの「春」・「秋」(1573)が出品され、こちらは1年ぶりの再会です。

平日の昼間でしたが、会期末が近いのと夏休み中で館内は混雑しており、ミュージアム・ショップの長い列に図録を買うのを断念しました。
この展覧会は、9月3日(月)まで開催しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/29

ウィリアム・モリスと英国の壁紙展

妻と一緒に、群馬県立近代美術館(高崎市)で開催中の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙」展に行ってきました。

20180729ウィリアム・モリス(1834-96)は、19世紀ヴィクトリア朝の英国で活躍したデザイナーです。

英国で室内装飾に壁紙が使われるようになったのは19世紀ころ。フランス様式の宮廷風な古典的なデザインが好まれ、産業革命により大量に機械生産されるようになりました。
そのような時代にあって、モリスは、真に快適で満足できる「美しい生活」には丁寧な手仕事による家具や壁紙が欠かせないと考えました。鳥や草花をテーマにした明るくリズミカルなデザインと、木版による丁寧な手作業で美しい壁紙を生み出し、英国の壁紙デザインを革新しました。

この企画展は、モリスとその仲間たちのデザインを中心に、「1.モリス以前」「2.モリスとモリス商会」「3.アーツ&クラフツ運動」の3部構成で、19世紀に隆盛期を迎えた英国壁紙デザインの変遷をたどっています。展示された約130点の貴重な壁紙や版木は、英国有数の壁紙会社サンダーソンの協力で日本初公開です。

ブロックパターンの壁紙のほか、モリスデザインで統一した居間「クラッシックモリス」、現代風のモノトーン調で統一した「ピュアモリス」のコーナーが造作され(いずれも撮影可)、人気を集めていました。

この企画展は、8月26日まで開催しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)