2016/07/24

柏・幻の若白毛囃子

柏市(旧昭南町)若白毛の八坂神社祭礼で奉納される若白毛囃子を撮影に行きましたが、すでに行事中断していました。

20160724【現地案内板の説明】
「八坂神社本殿は、約七尺四方の総欅造りで、裏側にはお囃子の様子の彫刻があります。本殿の基礎石から明治九年(1876)の銘文がみられ、この当時の建立と思われます。若白毛囃子もこの時期に導入されたものと思われます。
若白毛囃子は、八坂神社の夏の例祭(七月二十三・二十四日)に奉納されます。以前は、地区内をみこしと山車が巡行していましたが、今は境内で奉納上演されます。お囃子は太鼓一名・小鼓二名・鉦一名・笛一名の五名で構成されます。舞いは、獅子舞でお浄めをしたあと、きつね・ひょっとこ・おかめ・大黒天などつぎつぎにこっけいな舞が上演されます。(昭南町教育委員会)」

【この日の進行スケジュール】
19:20~ 神事(神輿前)
19:30~ 神事(本殿前)
19:50ころ 例祭終了

【メモ】
若白毛囃子は、後継者難で廃れたが、10年ほど前に手賀西小の児童らが同好会を作り、手賀囃子の古老から伝習して復活。本殿左に設けた仮設舞台で夜7時半ころ~9時ころまで上演した。指導担当の先生が転勤し、4年ほど前から舞手がいなくなり、再び中断している。
現在は、地区の役員さん15人ほどが見守る中、飾り置いた神輿の前と本殿で静かに神事が行われる。話を伺った皆さんは、口々に「昔は賑やかな祭りだったんだけど…」と寂しそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/23

市原・椎津の種蒔神事

市原市椎津の八坂神社祭礼で奉納された種蒔神事を撮影。

20160723【椎津七町会連合会サイトの説明】
「この神事は、農耕の手順を表現した五穀豊穣を祈願する予祝神事である。拝殿を田に見立て、独りの舞人が天狗面・獅子面・翁(おきな)面・媼(おうな)面の4つのお面を代わる代わるつけ、手には剣・鎌・鍬を持ち替えながら耕天・種蒔・虫追い等の所作を笛の調べと太鼓の音と鉦の響きに合わせて、6種の舞を奉納する。
一の舞(剣の舞)
道開きの神とされる佐田比古命(猿田彦の神)の天狗の面と鳥兜を被り、右手に剣、左手に鈴を握り、両腕に力を込めて細かく震わせながら両足屈伸。田畑の四方を鎮め五穀豊穣への祈りを表現。剣の舞と伝わる。
二の舞(草薙の舞)
翁の面をつけ烏帽子を被り、左手で草を束ね、右手に握りしめた鎌を大きく薙ぎながら草を刈る。草薙の舞と呼ばれる。
三の舞(耕天の舞)
二の舞と同じく翁の面をつけ烏帽子を被る。両手で鍬を握り一振り一振り大きく降ろし田畑を耕す。耕天の舞と呼ばれる。
四の舞(七・五・三の舞)
一の舞同様天狗面と烏兜を被り、左手右手の腹と腹を合わせ拳状に他の指を組み、左右の踵を交互に踏みしめながら、地を鎮め均し整える。七・五・三の舞とも呼ばれる。
五の舞(獅子の舞)
獅子頭を被り田畑四方を這いずり、周りの邪気を祓う。獅子の舞または虫追いの舞とも伝わる。
六の舞(種蒔の舞)
媼面と烏帽子を被り、保食神(ほけつのかみ)より賜った稲種(現在では神前に供えられたお米)を四方に播種する。近郊の人々は五穀豊穣の成就と家内安全を祈りこのお米を戴き持ち帰っている。」

【この日の進行スケジュール】
18:00~ 神事
18:15~ 種蒔神事
18:50ころ 終了

【メモ】
かつては八坂神社の祭礼(旧行7/9~15)の宮入前日の夜、御仮屋前で奉納された。現在は、毎年7/23(祭礼翌日)の夕方に奉納。拝殿内で、舞手1人が面と採り物を替えながら、6つの舞をゆっくりとした所作で舞う。1つの舞は約5分と短いが、趣のある幽玄な舞だった。六の舞が終わると、種蒔に使った米を小袋に分けて参詣者に配られる。見物人は地元の皆さんが20人ほど、カメラマンは2人。神社に駐車場あり。
いろいろ教えて頂いた祇園囃子保存会の皆さん、ありがとうございました。なお、開始前、氏子総代さんから「カメラマンの方はフラッシュを連射しての撮影は遠慮して欲しい」とのお話があったので、撮影者は気を付けたい。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/18

匝瑳・東谷のあばれ神輿

匝瑳市・東谷のあばれ神輿を撮影。

20160718東谷八坂神社の祇園祭は、毎年旧暦6月15日に行われます。大人神輿と子ども神輿の2基が、集落を渡御します。途中、大人神輿は激しく揉まれ、神輿を横倒しにするので「あばれ神輿」として知られます。

道中では、接待を受けた家の庭先で、御礼のお囃子(大漁節など)と踊りが披露されます。

【この日の進行スケジュール】
13:00~ 屋台が出発(安養寺→八坂神社)
14:30~ 宮出し(八坂神社)→渡御
17:30~18:30 弁当(休憩)
18:30~ 渡御
23:30ころ 宮入り(八坂神社)

【メモ】
正午ころ現地入り。拝殿では既に神事が終わり直会中だった。屋台は神社から200mほど離れた安養寺から出る。子供たちが曳き、神社に練り込む。その後は境内に飾り置き、花飾りを人々に分ける。曳いてきた子供たちは、神輿を担いで大人神輿とともに宮出し。大人神輿は、安養寺前で屋根飾りを外す。横倒しは大人神輿のみで、日中は東谷入口の信号交差点で1回、立ち寄った農家の庭先で2回。長老によれば、体力を使うので、昔ほど何度も倒さなくなったとか。それでも、渡御中の神輿を横倒しにするのは珍しいと思う。
見物人は地元の皆さんのみ、カメラマンは市広報さんほか2人。神社前に駐車スペースあり。飲み物などのご接待を頂いた地区の皆さん、ありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/02

茂原・鯛ちょうちん

茂原・八坂神社の「鯛ちょうちん」を撮影。

20160702【現地案内板の説明】
「茂原八坂神社は元禄2年(1689)当時の上総国長柄郡藻原(現在地)に建立され以来、治水、農業、警大払、火難の神として、天王様の通称で多くの人々の深い信仰を集めている。
祭礼時には神前に鯛を供えて五穀豊穣を祈願する習わしであったがいつの時代にか、この風習はなくなり、これに変わって経木で作られた鯛が奉納されるようになったと伝えられている。
その後、これに因んだ「鯛ちょうちん」が丸家において作られ、祭礼日に店頭に飾られ(る)ようになって以来、氏子はもとより多くの人々に親しまれてきたものである。
この伝統を守り続ける為に昭和45年通町一丁目青年部(育栄会)が茂原郷土民芸品として保存会を作り、この作成にあたっている。
なお、例年の祭礼には参拝者に進呈しており、八坂神社夏祭りには欠かすことの出来ないものとなっている。(鯛提灯保存会)」

【この日の進行スケジュール】
10:00~ 祭典
10:25~ 御霊入れ(神輿・曳太鼓)
10:30~ 参拝者に配布開始
14:00~ 神輿出立(子供)
17:00~ 輪投げ・金魚すくいなど

【メモ】
八坂神社の例祭で配布される「鯛ちょうちん」は、1年かけて手作業で準備される。松を薄く削いだ経木に、版木で鯛の絵柄を刷り、筆で赤く塗り、二つ折りにして尾を糊付けし、形を整えた後、厚紙と針金で作った燭台と組み合わせる。仕上げに、竹棒の先に針金で括りつけて完成。今年は700個を用意した。10時の祭典が始まるころには、鳥居の外まで参拝者の長い列。参拝者は、巫女の修祓を受けて鯛ちょうちんを1つずつ受け取る。玄関に吊るすと無病息災の御利益があると伝わる。
見学者はなく、カメラマンは数人。神社に駐車場なし(市役所Pを利用)。
色々教えて頂いた上、仕上げの作業を20個ほど体験させて頂いた年番総代さん、役員の皆さん、ありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/25

九十九里・田中の虫送り

九十九里町田中集落で行われた「虫送り」を撮影。

20150725かつては日本中の農村で見られた「虫送り」。田中集落でも昭和30年代まで行われていました。

子どもたちがリヤカーを引いて家々を回り、稲藁や麦稈を集め、竹を切って松明を作りました。夜、灯りに集まる虫の習性を利用して、赤々と燃える松明を持って田の畦を「なんむしょおくっど いねたち虫 さきん立たせて よろずのむしょおくっど」と唄いながら歩いて稲につく虫を集め、最後は高く積み上げた櫓に火を放って、害虫を退治して農作物を守りました。

田中の虫送りは、専業農家の減少で耕作放棄地が増え、集落の活気を取り戻したいと立ち上がった「田中交遊倶楽部」の皆さんが「虫送り祭」として復活させ、今年で11回を数えます。
この日のために麦を育て、櫓作りに使い、手作り麦まんじゅうを作り、菓子を入れる「つとっこ」を作ったりして、子どもたちにムラの伝統行事を受け継いでいます。
九十九里地方で行われていた「虫送り」を今に伝える、貴重な活動です。

【この日の進行スケジュール】
18:00~ 開会式
18:10~ ジャズ演奏(ヒダックス)、歌謡ショー
19:00~ 九十九里黒潮太鼓、風の盆愛好会
19:30~ たいまつパレード
19:40~ やぐら点火
20:00ころ 終了

【メモ】
かつては今の宮島親水公園の所に櫓(5m)が組まれた。現在は、1週間前に、公園先の倶楽部の耕作地に大櫓(15m)と小櫓(10m)の2基が組まれる。たいまつパレードは、子どもたちが松明を持って会場を出発→反時計回りに田んぼの畦道を回り→途中のたき火で松明に点火→そのまま畦道を虫を追いながら歩き→会場に戻る。やぐら点火は、まず子どもたちが小櫓に点火し、小櫓が燃え崩れたころ、大人がロープで大櫓中央に点火する。竹のはぜるボンボンという音と火の粉、そして何よりものすごく熱い。
見物人は集落の皆さんが多数、カメラマンはプロを含めて10人くらい。駐車場は親水公園か妙覚寺を利用。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/28

成田・台方麻賀多神社神楽

成田市台方の麻賀多神社で奉納された獅子神楽を撮影。

20130728【現地案内板の説明】
「毎年7月31日に行われる台方の麻賀多神社の大祭において奉納される神楽です。この神楽は、今から400~500年ほど前に、常陸国からこの地方を訪れた万大夫一座が、由緒ある麻賀多神社の尊厳さに感銘し、伊勢神楽の流れを汲む十二神楽のひとつの御子神楽を里神楽として奉納したことにはじまると伝えられています。
現在は、台方地区と下方地区が年番でその任にあたっています。舞手は、年番に当たった地区の中で、その年(2年間)のうちに結婚した新郎の中から、特に選ばれたものが奉納する習わしになっています。
神楽は、『御神楽』、『巫女神楽』、『里神楽』の三部からなり、さらに『四方固め』、『鈴振りの舞』、『御幣の舞』、『はながかり』等七種の舞に別れ、雄獅子と雌獅子の二匹で舞います。なお、この神楽は、印旛沼近くの鳥居河岸においても奉納されます。」

【この日の進行スケジュール】
9:00~ 神事(拝殿)
10:00~ 獅子舞奉納(神楽殿)
11:00~ 神輿御渡(神社発)
14:55~ 山車運行(神社発)
16:45~ 獅子舞奉納(鳥居河岸)
19:00~ 演芸(鳥居河岸)、奉納花火

【メモ】
現在、例大祭は毎年7月最終日曜日。今年の年番は下方地区。獅子神楽は、麻賀多神社神楽保存会により境内の神楽殿で奉納。雄獅子が四方固め→御幣の舞→鈴振りの舞→はながかりを舞った後、雌獅子が同様に舞う。舞手は二人で、雄獅子は勇壮に、雌獅子はしとやかな仕草で見事に演じ分ける。印旛沼畔の鳥居河岸では、夕方、お祭り広場の舞台で奉納。見物人は地元の皆さんが多数、カメラマンは市広報さんほか3人。神社に駐車場あり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/21

銚子・黒生大神宮の御太刀祭り

銚子市黒生(くろはえ)の黒生大神宮で行われた御太刀祭りを撮影。

20130721黒生大神宮は、江戸中期、紀州から移った人がこの地に港を築いた際、伊勢皇大神宮を勧請したものと伝わります。

祭りは、江戸末期、地元の漁民が大漁を願い、不動明王の「利剣」(邪気を払う剣)を模した御太刀を造って和田不動尊(銚子市植松町)に奉納したのが始まりとされます。
明治~昭和中期まで、毎年2月の初午に、地区の若者が御太刀を担いで船主宅を廻り、厄祓いと大漁祈願をしました。
浜降り(お潮取り)では、沖合の3つの岩礁まで担いで泳いだそうです。

行事は、後継者難で昭和37年に中断。石造りの御太刀は和田不動尊の階段右手に奉置されました。

長く中断しましたが、地元の皆さんの熱意で平成16年に御太刀を新造して復活。
現在は、夏祭りとして、跳ね太鼓のお囃子とともに子供たちの手で地区内を練り歩いています。

【この日の進行スケジュール】
9:00~ 神事(黒生大神宮)
9:20~ 出発
地区内練り歩き→お潮取り(黒生漁港)→纏い振り(一山いけす前)
10:30ころ 終了(黒生大神宮前)

【メモ】
現在は、毎年7月海の日に催行(今年は1週間遅いとのこと)。神職は、例年、銚港神社から招いている(今年は都合で違うらしい)。神事で御魂入れの後、御神酒で乾杯し、消防団が御太刀を担いで神社下へ降ろす。神社下から子供たちが担ぎ、地区内を廻る。お囃子は潮鼓會の跳ね太鼓。漁港で浜降り(お潮取り)の後、一山いけす前でお囃子や纏い振りを披露。その後、再び子供たちが御太刀を担いで神社下に戻る。
見物人は地元の皆さんが数人、カメラマンはケーブルTVの他4人。神社前に駐車スペース数台。詳しく教えて頂いた奉賛会の皆さん、ありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/19

南房総・川口のミノコオドリ

南房総市千倉町川口に伝わるミノコオドリを撮影。

20130119川口のミノコオドリは、旧千倉町川口地区のおびしゃ(毎年1月19日)と千倉の祭り(毎年7月)の前日に奉納されます。

この日はおびしゃで、午前中に鹿嶋神社の境内で湯立を行い、午後からミノコオドリが奉納されました。

踊りは、肩からシタタレ(白布)をかけた浴衣姿の女性たちが、左手にオンベ(御幣)、右手に団扇を持ち、長老たちの歌・太鼓に合わせて、輪になって回りながらゆるゆると踊ります。

踊り手は、小学生の女児が務めますが、現在集落の小学女児は3人のみ。この日は4年生の一人が参加して、あとはベテランのご婦人方が加わって行われました。

南房総に残るミノコオドリは、洲崎(館山市)・波左間(館山市)・川口(旧千倉町)の3か所となりました。いずれも踊り手の子どもが減って伝承が危ぶまれ、国の記録を講ずるべき無形民俗文化財に選択されています。

【この日の進行スケジュール】
13:30~ ミノコオドリ
鹿嶋神社→区内8ヶ所→ミヤモト家
15:00ころ 終了

【メモ】
おびしゃは区内7つのダイ(組)が年番で行い、当番のダイ(ビシャダイ)は2月3日の節分(虚空蔵様の祭り)で交代(とうわたし)。神社下に「ミヤモト」(かつてはセイメイノマツリヤシキ)と呼ばれる家があり、代々その当主が神社の儀式を司るしきたり。ミノコオドリの笛もミヤモト分家が担当したが、現在は笛は途絶えている。歌はテープに合わせて長老たちが歌っていた。地区の役員宅や弁天様などを廻って奉納し、最後にミヤモト家で踊り納める。
地元の人以外に見学者はなく、カメラマンは報道を含め7人。神社そばの高徳院に駐車場あり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/31

袖ヶ浦・野田の虫送り

袖ヶ浦市野田地区で行われた虫送り行事を撮影。

20120731【現地案内板の解説】
「虫送りは稲に虫がつかないように願う農耕儀礼の一つで、古くから日本各地で行われています。地域によって虫送りの様式はさまざまですが、そこには豊作を願う人々の想いが込められています。
野田地区では毎年7月31日に虫送りが行われます。虫送りで使われる神輿は全て手作りで、神輿の一番上には稲穂をくわえた鳳凰を立てます。
子どもたちはその神輿を担いで、『ワッショイ!ホーネン!』と豊作を願うかけ声をかけながら、野田地区内の家々をまわり、そして最後に野田堰に投げ込みます。
その様子はまさに、稲作と共に生きてきた日本人の歴史を思い起こさせるもので、古くからの伝統を忠実に受け継いでいるという点で重要です。」

【この日の進行スケジュール】
09:00~ 材料の調達(竹、桧枝、竹の皮)
09:40~12:20 神輿作り(野田神社境内)
13:00~ ムラ廻り開始
17:00ころ 野田堰に投げ込み、終了

【メモ】
朝9時に現地入り。野田神社に長老が集まり、材料(竹や桧枝)の調達先を決める。切り出した材料がそろったところで、神輿作りと鳳凰作りが始まる。2時間半ほどかけて完成し、拝殿内に奉置。午後1時、子どもたちが集まり、ムラ廻りへ。途中3カ所の水田で水口に注連のついた女竹を立てる。地区内58軒を4時間ほどかけて回り、お捻りをもらう。午後4時ころ、小学生は解散。このとき、中学生からお捻りを分けてもらう。その後、中学生だけで20軒ほど回り、野田堰へ神輿を投げ入れて終了。見学者は1人、カメラマンは5人。神社に駐車場あり。いろいろ教えて頂いた長老の皆さん、冷たい麦茶やアイスの差し入れを頂いた子供会役員の皆さん、おいしいスイカをごちそうになった集落の皆さん、ありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/29

南房総・ツチクジラの解体

南房総・旧和田町の和田漁港で行われたツチクジラの解体作業を見学。

20120729南房総のクジラ漁は、江戸初期に鋸南町勝山の醍醐新兵衛定明が始めました。紀州から伝わった突きん棒漁で、「鯨組」を組織して沿岸小型種のツチクジラなどを獲りました。「鯨一頭七浦賑わう」と云われたほど、南房総の鯨漁は盛んでした。

もとは灯りや害虫除けの肥料にする鯨油を採るのが目的で、高価な皮脂を採った後の肉は、漁師に分配され食用になりました。ここから、房州の漁村にクジラ食の文化が生まれたようです。

現在,国内の捕鯨基地は5か所(和歌山太地、千葉和田、宮城鮎川、北海道函館・網走)です。ツチクジラの漁期は夏で、捕獲数は全国で62頭(和田26、鮎川26、函館8、網走2)と決められています。

和田では、外房捕鯨株式会社が、小型捕鯨船(48t未満)でツチクジラやマゴンドウ(和田沖と太地沖で計50頭枠)を捕獲しています。獲れたクジラは、港に運ばれて係留され、翌日早朝に解体されます。
社長さんは、クジラ文化の啓蒙にも力を入れており、解体予定は同社のブログで公開され、自由に見学できます。

【この日の進行スケジュール】
04:30~ ツチクジラ解体作業開始
調査測定→解体→皮脂処理→肉処理
06:00ころ 終了

【メモ】
かねて見学したいと思っていた房総の習俗の一つ。日曜早朝の解体を知り、急遽、妻と午前4時に現地入り。ツチクジラは解体場近くの岸壁に係留。解体場に大量の氷が運び込まれ、俄に慌ただしくなる。午前4時半、クジラが解体場に引き揚げられ、専門家(女性)が測定して調査。その後、作業員が長刀のような刃物でスッと切れ目を入れはウインチで引っ張り、皮脂部分を回収。後は魚の3枚おろしの要領で肉塊に分ける。皮脂と肉塊はブロック状に切って氷槽へ。頭部と内臓は女性の専門家が切って調べていた。
血よりも皮脂の油っぽい悪臭が強烈。見学者は20人ほどで外国人比率高し。午前7時半からハギ肉(背骨から削いだ肉)の即売があったが、待たずに引き上げ。漁港そばに駐車スペースあり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に「房総の風景」として掲載していますが、生々しい画像を含むので閲覧注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)