« 朝倉・秋月の眼鏡橋 | トップページ | 朝倉・旧秋月城址 »

2024/03/04

朝倉・秋月博物館

秋月城址へ向かう杉の馬場(登城路)に面して、朝倉市秋月博物館があります。

Dsc_4431_300この場所は、旧藩校「稽古館」の跡です。安永四年(1755)、藩士子弟の学問所として設立。八代藩主・長舒公の時、武道場を備えた文武両道の学校に拡張されました。儒学者・原古処のもと、藩政と経済を担う若者が多く巣立っています。

博物館は、財団法人秋月郷土館(1965-2013)を引き継ぐ形で、平成29年(2017)に開館。常設展示では、鎌倉~戦国期(秋月氏の時代とキリシタン信仰)、江戸期(秋月黒田家の時代)、明治期(秋月事件と最後の仇討)の秋月を紹介。美術展示では、横山大観や岸田劉生、東山魁夷、ルノワールなどの所蔵絵画が目を引きます。

特に興味深いのは、天然痘予防の始祖・緒方春朔(しゅんさく)に関する展示です。久留米出身で長崎で医学を学び、秋月で町医者から藩医に登用されました。天然痘の流行に、日本で初めて人痘種痘法に成功。
その6年後に英国でジェンナーが牛痘種痘法に成功し、世界の主流になったので、春朔の功績は国内でもあまり知られていないように思います。杉の馬場には「我国種痘発祥之地秋月」の碑が、今小路には春朔の屋敷跡があります。

| |

« 朝倉・秋月の眼鏡橋 | トップページ | 朝倉・旧秋月城址 »