« 世界遺産 大シルクロード展 | トップページ | 糸島・製塩工房とったん »

2024/02/04

永遠の都 ローマ展

福岡市美術館で開催中の「永遠の都 ローマ展」に行ってきました。

20240204_300二千年を超える歴史と比類なき文化を育んだローマ。この展覧会は、世界で最も古い美術館の一つ、カピトリーノ美術館が所蔵する古代~17世紀の彫刻・絵画・版画を中心に約70点を展示して、永遠の都ローマの歴史と芸術をたどります。

展示は「1 ローマ建国神話の創造」「2 古代ローマ帝国の栄光」「3 美術館の誕生からミケランジェロによる広場構想」「4 絵画館コレクション」「5 芸術の都ローマへの憧れ」の5部と、特集展示「カピトリーノ美術館と日本」で構成。

有名な「カピトリーノの牝狼」(複製)、「ボルセナの鏡」(BC4)、「コンスタンティヌス帝の巨象」(部分、複製)、「老女像」(AD2)、「マイナスを表す浮彫の断片」(BC1~AD1)などが目を引きます。

残念ながら、古代ローマ彫刻の傑作「カピトリーノのヴィーナス」(AD2)はありませんでしたが(東京展のみ出品)、バロックを代表する画家カラヴァッジョの「洗礼者聖ヨハネ」(1602)は日本初公開(福岡展のみ出品)。
今回の展示を通じて、牝狼と双子のモチーフがローマの原点とされる理由がよく分かりました。

この展覧会は、福岡市美術館で3月10日(日)まで開催中です。

| |

« 世界遺産 大シルクロード展 | トップページ | 糸島・製塩工房とったん »