« 大牟田・旧三池炭鉱(宮原坑) | トップページ | 大刀洗・今村天主堂 »

2022/05/23

大牟田・旧三池炭鉱(三川坑)

20220522b三川坑は、三池炭鉱の最後(昭和~平成)の主力坑で、昭和15年(1940)に採炭を開始しました。

2本の大斜坑(2000m級)が有明海の下に広がる深さ350mの石炭層まで伸び、炭鉱夫は人車(ケーブルカー)で地下に降り、横坑のベルトコンベアに乗り換えて切羽場に向かいました。石炭は坑底の貯炭槽から炭車(トロッコ)やベルトコンベアで絶え間なく揚炭し、地上の選炭工場に送りました。

三川坑の開坑で、三池炭鉱の出炭量は終戦前に年間400万tまで増加。戦前~戦中の産業と軍事を支えました。

戦後復興の重要産業として昭和天皇が御巡幸。他方、昭和34年の三池労働争議(戦後最大)、昭和38年の炭じん爆発事故(戦後最悪)が起きた坑口でもあります。

高度成長期に自走枠やドラムカッターなど最新の技術と機械化が進み、三池の出炭量の4割超となる年間270万tを出炭。しかし、エネルギーの主役が石油に移り、石炭も安価な輸入炭に取って替わられ、平成9年(1997)の三池炭鉱閉山で閉抗しました。

坑跡には、第二斜坑の坑口や繰込場、コンプレッサー室、第一斜坑の巻揚機室などが残っています。三川坑跡は世界遺産に含まれておらず、閉山当時のまま時が止まっており、廃墟化しつつあります。

| |

« 大牟田・旧三池炭鉱(宮原坑) | トップページ | 大刀洗・今村天主堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大牟田・旧三池炭鉱(宮原坑) | トップページ | 大刀洗・今村天主堂 »