« 久留米・水天宮(全国総本宮) | トップページ | 久留米・高良大社(筑後一之宮) »

2021/06/08

久留米・梅林寺(有馬家菩提寺)

水天宮から少し歩いて、京町の梅林寺へ。

20210620正式には江南山梅林寺(臨済宗妙心寺派)といい、江戸期の久留米藩主・有馬家の菩提寺です。
もとは丹波福知山から久留米に移った有馬豊氏(初代)が、元和七年(1621)、福知山から瑞巌寺を移したのが始まりとされます。父・則頼の分霊を祀り、法号の「梅林院殿」に因み梅林寺と改めました。

有馬家は、播磨・摂津地方の守護大名で、信長・秀吉に仕えました。関ヶ原では東軍として戦い、摂津有馬と丹波福知山の計8万石を与えられます。豊氏公のとき、大阪の陣の戦功により久留米21万石の大名となり、以後、十一代250年にわたり久留米を治めました。

有馬家墓所には、梅林院霊屋(父・則頼公、市内最古の建築物)、春林院霊屋(初代・豊氏公、二代・忠頼公)、三棟の位牌廟(正室など)の5棟と、三代・頼利公~十代・頼永公(五代・頼旨公を除く)の巨大な三層石塔が残っています。
霊屋や石塔の周囲には、一族や殉死者の石塔群が並び、近世大名家の葬制や墓制を知る上で全国的にも貴重な例として国史跡に指定されています。

ちなみに五代・頼旨公は、家督を継いだ翌年、江戸上屋敷(東京・三田)にて22歳で早逝。墓は江戸の祥雲寺にあります。

梅林寺の外苑は、30種500本の梅の名所です。明治29年、梅林寺で説法を聴いた夏目漱石の句碑「梅林寺 碧巌を提唱す山内の夜ぞ長き」があり、梅の季節にはぜひ再訪したいと思いました。

| |

« 久留米・水天宮(全国総本宮) | トップページ | 久留米・高良大社(筑後一之宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久留米・水天宮(全国総本宮) | トップページ | 久留米・高良大社(筑後一之宮) »