« 久留米・高良大社(筑後一之宮) | トップページ | 久留米・久留米城 »

2021/06/27

企画展「久留米藩主有馬家歴代」

有馬記念館(久留米市)で開催中の企画展「久留米藩主有馬家歴代」に行ってきました。

20210627久留米入城四百年の記念企画で、江戸期、無嗣断絶した田中氏の後、250年にわたり久留米藩二十一万石を治めた有馬家の歴代藩主11人にスポットを当てています。

展示は、「久留米藩の幕開け」(藩祖~二代)、「藩政確立から学問・芸術文化の隆盛」(三~九代)、「幕末維新期」(十~十一代)に分けて、有馬家や社寺、市が所蔵する肖像画や書状、鎧兜など31点を紹介。

関ヶ原を戦った藩祖・則頼と初代・豊氏、厳格だった二代・忠頼、一度も久留米入りすることなく江戸藩邸で急逝した五代・頼旨、養嗣子として家を継いだが華美を好んだ六代・則維、和算の大家だった七代・頼徸、犬好き・相撲好きの八代・頼貴、江戸藩邸に水天宮を分祀した九代・頼徳、質素倹約と軍制近代化で名君の誉れ高い十代・頼永、最後の藩主で公儀からの縁組に莫大な費用を要し藩の財政が傾いた十一代・頼咸と、それぞれの人となりが分かり、親しみを感じさせる内容になっています。

個人的には、久留米城下の整備に初代~四代まで70年かかったことや、歴代有馬家の兜の前立て(獅子飾り)に興味を惹かれました(写真は公式チラシから引用)。

この企画展は、福岡県の緊急事態宣言解除に伴い6月21日から再開され、8月2日(月)まで開催しています。

| |

« 久留米・高良大社(筑後一之宮) | トップページ | 久留米・久留米城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久留米・高良大社(筑後一之宮) | トップページ | 久留米・久留米城 »