« 福岡・太宰府天満宮 | トップページ | 久留米・水天宮(全国総本宮) »

2021/06/06

特別展「よみがえる正倉院宝物」

太宰府天満宮から九州国立博物館へは、連絡通路でつながっています。

Chirasi九博では、特別展「よみがえる正倉院宝物~再現模造にみる天平の技」を開催中。
1300年伝わる正倉院の宝物から「楽器・伎楽」「刀・武具」「染織」「仏具・箱と几(き)・儀式具」「鏡・調度・装身具」「筆箱」に分けて再現模造127点を紹介しています。

再現模造とは、原宝物を調査し、当時と同じ材料・構造・技法で再現する方法です。当時の技術を復元して継承するのが目的ですが、原宝物が年1回(秋の正倉院展、奈良国立博物館)しか公開されないのに対し、比較的身近に見ることができる副次的なメリットもあります。

今回の目玉は、現存する五弦の琵琶として世界最古の「螺鈿紫檀五絃琵琶」の、明治と平成の2つの模造の比較展示です(写真は公式チラシから引用)。新旧技術の違いがよく分かり、場内に音色を流してイメージしやすいように工夫した展示になっています。
このほか、ハープに似た楽器「螺鈿槽箜篌(そうのくご)」、聖武帝の太刀「金銀鈿荘唐太刀」、貴族の玉帯を入れる箱「螺鈿箱」など、見事な模造はもはや別個の第一級の美術工芸品でした。

九博は、平成17年(2005)に開館した歴史系の国立博物館で、佐倉の国立歴史民俗博物館(歴博)と並び、歴史・民俗好きには外せません。常設展示は、倭奴国王印など大陸との関係、白村江の戦いと太宰府や水城の備え、遣唐使、元寇、キリシタン踏み絵など、歴史の古い九州ならではの内容が多く、とても興味深いです。

この特別展は、九博では6月13日(日)まで。その後は新潟、北海道、東京と巡回します。

| |

« 福岡・太宰府天満宮 | トップページ | 久留米・水天宮(全国総本宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡・太宰府天満宮 | トップページ | 久留米・水天宮(全国総本宮) »