« 呉・大和ミュージアム | トップページ

2019/07/28

呉・てつのくじら館

大和ミュージアムから、すぐ隣の「てつのくじら館」(海上自衛隊呉史料館)へ。

20190728b 呉には、海上自衛隊の呉地方総監部と潜水艦の基地があります。てつのくじら館は、海自の「掃海部隊」と「潜水艦」を紹介した広報施設です。

展示は、2階が「掃海部隊」関係で、戦後の機雷処理~湾岸戦争での国際貢献までの歴史を機雷(模型)や掃海用具、パネルで解説。

3階が「潜水艦」関係で、潜水艦の構造、浮き沈みの仕組み、艦内生活の様子を模型やパネルで学んだ後、屋外の展示用潜水艦「あきしお」を見学する順路になっています。

「あきしお」(2250t)は、ゆうしお型の7番艦で、平成16年(2004)に引退後、展示用に陸揚げされました。海自のディーゼル涙滴型潜水艦としては第2世代に当たります。見学エリアは居住区画と発令室、魚雷発射管室の一部です(写真撮影可)。潜望鏡を通して沖に停泊中の護衛艦がよく見えました(ちなみにNikon製です)。

展示が少ないのと、隣の大和ミュージアムが旧海軍関係の展示で迫力があるので、やや見劣りする感は否めませんが、最高機密とされる潜水艦を、引退後とはいえ見学できる機会は貴重で良い経験になりました。

帰路は、呉→広→竹原→三原と各駅停車で海沿いを回るルートを選択。瀬戸内の穏やかな景色を楽しみながらのんびり帰りました。旅のお伴はOLYMPUS OM-D E-M10Mk3+M.ZUIKO D 14-42/3.5-5.6でした。

|

« 呉・大和ミュージアム | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呉・大和ミュージアム | トップページ