« ヒロシマ | トップページ | 呉・てつのくじら館 »

2019/07/28

呉・大和ミュージアム

広島から電車40分ほど、呉の大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)を訪ねました。

20190728a 戦艦大和を生んだ軍港・呉の歴史と、造船・製鋼など科学技術の歩みを、先人の努力や当時の生活・文化の視点から紹介しています。

入場すると、1階フロアの中央にいきなり大和(1/10模型)が現れます。設計図や写真を基に、技術者らが精密復元して寄贈。全長26.3m、エンジンを搭載すれば航行可能だそうです。呉海軍工廠にドック入りした状態を再現しており、左舷ドック擁壁の一部に当時の石材(実物)が使われています。

呉の歴史展示では、明治期に鎮守府と海軍工廠が置かれて東洋一の軍港となり、戦時下の空襲を経て、造船で戦後復興を遂げた呉の歴史を、パネルや模型資料で解説。軍艦建造は最先端技術の集大成で、それを支えたのは技術者の知恵だったことがよく分かります。沖縄特攻に出撃する大和乗組員の遺書や遺品も展示され、後世の平和を願いながら悲壮な覚悟で出撃したことを知り、深く考えさせられました。

大型資料展示は、酸素魚雷、零戦62型、人間魚雷「回天」、特殊潜航艇「海龍」などの実物を技術解説とともに展示。「海龍」後期量産型は、水の抵抗が大きい粗雑な造りで、戦争末期に熟練工がほとんどいなかったことを物語ります。

今回はボランティアさんのガイドツアー(約80分)で見学。展示内容と趣旨がよく理解できました。映画「この世界の片隅に」では呉空襲の様子が描かれていますが、地元ボランティアさんの空襲の話は実感がこもり迫力がありました。

企画展「海底に眠る軍艦」では、潜水調査で発見された「武蔵」「大和」の現状と、「大和」引揚げ品を展示。こちらの会期は2020年1月26日までです。

次は、海上自衛隊「てつのくじら館」に向かいます。

|

« ヒロシマ | トップページ | 呉・てつのくじら館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒロシマ | トップページ | 呉・てつのくじら館 »