« 2019年6月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/07/28

呉・てつのくじら館

大和ミュージアムの隣にある「てつのくじら館」(海上自衛隊呉史料館)へ。

20190728b 呉には、海上自衛隊の潜水艦基地があります。史料館では「掃海部隊」と「潜水艦」を紹介しています。

展示は、2階が「掃海部隊」関係で、戦後の機雷処理~湾岸戦争での国際貢献までの歴史を機雷(模型)や掃海用具、パネルで解説。

3階は「潜水艦」関係で、潜水艦の構造、浮き沈みの仕組み、艦内生活の様子を模型やパネルで学んだ後、屋外の展示用潜水艦「あきしお」を見学する順路になっています。

「あきしお」(2250t)は、ゆうしお型の7番艦で、平成16年(2004)に引退後、展示用に陸揚げされました。海自のディーゼル涙滴型潜水艦としては第2世代に当たります。見学エリアは居住区画と発令室、魚雷発射管室の一部です(写真撮影可)。潜望鏡を通して沖に停泊中の護衛艦がよく見えます(ちなみにNikon製でした)。

お隣の大和ミュージアムで旧海軍の長い歴史に触れた後に訪れると、迫力という点でやや見劣りする感は否めませんが、引退後とはいえ最高機密とされる潜水艦の内部を見学できる機会は滅多にないので貴重な経験でした。

帰路は、呉→広→竹原→三原と各駅停車で海沿いを回るルートを選択。瀬戸内の穏やかな景色を楽しみながらのんびり帰りました。今回の旅のお伴はOLYMPUS OM-D E-M10Mk3+M.ZUIKO D 14-42/3.5-5.6でした。

| | コメント (0)

呉・大和ミュージアム

広島から電車で40分、呉の大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)を訪ねました。

20190728a 戦艦大和を生んだ軍港・呉。その歴史と造船など科学技術の歩みを紹介しています。

写真は、1階フロア中央の大和の1/10模型。設計図と写真を基に、技術者らが精密復元して寄贈したものです。全長26.3m、エンジンを搭載すれば航行可能とか。呉海軍工廠にドック入りした状態を再現しており、左舷ドック擁壁には当時の石材(実物)が使われています。

呉の歴史展示では、明治期に東洋一の軍港となり、空襲を経験して、戦後は造船で復興した呉の歴史を、パネルや模型で解説。軍艦は最先端技術の集大成で、それを支えたのは技術者の努力だったことがよく分かります。沖縄特攻に出撃する大和乗組員の遺書や遺品も展示され、後世の平和を願いながら悲壮な覚悟で出撃したことを知り、深く考えさせられました。

大型資料展示は、酸素魚雷、零戦62型、人間魚雷「回天」、特殊潜航艇「海龍」(いずれも実物)を技術解説とともに展示。「海龍」後期量産型は、水の抵抗が大きそうな粗雑な造りで、戦争末期には熟練工がいなかったことを物語っています。

今回はガイドツアー(約80分)に参加したので展示内容がよく理解できました。映画「この世界の片隅に」では呉空襲の様子が描かれていますが、実際に体験した地元ボランティアさんの話は迫力がありました。

開催中の企画展「海底に眠る軍艦」では、発見された「武蔵」「大和」の現状と、「大和」引揚げ品を展示。こちらの会期は2020年1月26日までです。

次は、海上自衛隊「てつのくじら館」に向かいます。

| | コメント (0)

2019/07/27

ヒロシマ

夏のよく晴れた日、広島の平和記念資料館を訪ねました。

20190727 今年4月にリニューアルしたと知り、広島で中~高校時代を過ごした者としては見ておかねばと思い、40年ぶりの再訪となりました。

リニューアル前は、被爆再現人形と瓦礫のジオラマの印象が強烈で、ショックを受けながらも原爆の凄惨さが伝わって、平和への想いを新たにしたものでした。

今回のリニューアルでは、被爆再現人形が(賛否両論ありながらも)撤去され、造作資料に替えて遺品や写真などの実物資料で、人々が「生きていた証」を感じさせる展示になっています。

順路も見直され、最初にヒロシマの被爆の実相を、最後に核兵器の現状に変更されました。短時間で回る見学者が多いのでより効果的に工夫したとのこと。時代とともに伝え方は変化しても、「歴史」とともに「記憶」をしっかり受け継ぐことの大切さを実感しました。

なお、館内は写真撮影可ですが、実物資料は遺品でもあるのでにカメラを向けるのが憚られ、写真はありません。

原爆死没者慰霊碑には、昔と変わらず「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」と刻まれています。手を合わせながら、キャロル・グラック教授(米コロンビア大)の言葉「抽象的に『繰り返さない』と言うだけでは決して十分でない。なぜそれを防ごうとしないのかという、現在における我々の人間としての責任の話である」の意味を考えていました。

| | コメント (0)

2019/07/07

BMW218i

生活環境の変化に伴って家のクルマを1台にまとめました。

20190707_201909161021011号車(2006 Jaguar X-type 2.1)は13年経過で4万3000km、妻の2号車(2016 Fit HV 1.5)は3年間で1万3000kmほど走りました。妻が退職して複数所有が不要になったので、両車が同時期に車検を迎えるのを機に1台に断捨離を計画。

今度のクルマは、BMW218iです(写真は公式サイトから引用)。エンジンは、クリーンディーゼルが人気ですが、うちの年間走行距離を考えるとガソリン+ツインターボのモデルで十分でしょう。

「BMWなのにFF」ということでマニアからは酷評ですが、実際は乗り降りし易く使い勝手がいいクルマに仕上がっています。本国ではシニア層に人気があるのも分かる気がします。

輸入車はナビが弱いイメージを持っていましたが、最新モデルは国産ナビを上回る通信機能ナビで時代の進化を実感。流行の自動運転機能は、車線逸脱、対人対物自動ブレーキ、縦列駐車支援で、自動ブレーキは国際基準仕様になっています。日本向けモデルは、全高を下げるために本国のスポーツサスが標準装備。18inchホイール+45扁平タイヤ(OPT)の組合せで、乗り心地はかなり固いです。

新しいBMW218iには、妻の習い事や房総取材に活躍してもらいましょう。

| | コメント (0)

2019/07/06

来訪神・仮面仮装の神々の現在~南西諸島を中心に

国立歴史民俗博物館で行われた映画の会「世界無形文化遺産 来訪神・仮面仮装の神々の現在~南西諸島を中心に~」に行ってきました。

20190706 歴博映画の会は、歴博が製作・収集した民俗・歴史分野の記録映画を、研究者の作品解説とともに公開している講座です。

今回は、「甑島のトシドン」(1979、民俗文化映像研究所)と「石垣島川平のマユンガナシ」(1982、東京シネマ新社)の上映と、解説は歴博研究部民俗研究系の内田順子氏でした。

甑島のトシドンは、鹿児島県の下甑島に伝承される正月行事です。大晦日の夜、異形の仮面を付けて家々を廻り、子どもらの行状を諫めて去って行く来訪神です。郷中教育の一種ですが、近年は希望者が「トシドン申込書」で申し込み、申し込んだ家だけを廻るように変容したとか。

マユンガナシは、沖縄県の石垣島に伝承され、笠に蓑をまとい、棒を持って家々を祝福して廻る来訪神です。農耕の予祝儀礼の一種と考えられており、現在も続くのは川平地区のみだそうです(原則として非公開、写真撮影不可)。

いずれも存続が危ぶまれる民俗行事で、映像記録による保存・継承の大切さを実感しました。他方、トシドンでは、本来地域ごとに様々な扮装で行われていたところ、記録映画の完成後は映像内の扮装が「スタンダード」とされて地域性が消えたなどの影響が報告され、映像記録による保存の副作用についても考えさせられました。

このテーマでは、2020年2月に東北編が予定されているので、楽しみです。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年10月 »