« 印西・別所の宝剣様 | トップページ | 佐倉・百万遍(春祈祷) »

2019/01/20

市川・にらめっこおびしゃ

市川市大野・駒形大神社で行われた御奉謝(おびしゃ)を見学。

20190120【現地案内板の解説】
「駒形大神社は経津主神を主神に、大野の地域に伝説として残っている平将門を合祀した神社です。
この、駒形大神社には、古くから五穀豊穣と村内安全を祈願する御奉謝の行事が伝えられています。かつては一月十九日、当番宿に集まった氏子たちによって、神社に飾る注連縄がつくられ、次に三臼の餅がつかれました。
最初の一臼は供物の下に敷く、径五寸(15cm)ばかりの煎餅をつくり、二臼目は烏帽子型兜・擬宝珠型兜・皿頭型兜の型をした供物をつくります。三臼目の餅は集まった氏子たちが、互いに投げ合う餅ぶつけに使います。餅に当たるとその歳の厄を祓うといい、またこの餅は、風邪除けに効き目があるともいわれています。これで一日目の行事は終わりです。
二十日は前日用意した供物・注連縄・酒肴等を捧げて神社に参拝、太鼓を打ち鳴らして題目を唱え、終わって御神酒を頂き、当番宿に引きあげます。このあと、宿では二組に分かれて行司役を中央に、両組から一人ずつ出て向かい合い、互いににらみ合って行司役の合図をまち酒を呑みあいます。このとき笑った方が負けとなり、さらに大盃につがれた酒を呑むことになります。こうした行事のあるところから、俗に『にらめっこおびしゃ』の異名が付けられています。
これらの行事は安政六年(1859)の記録を、明治11年(1878)に書き写したものによって踏襲されてきましたが、太平洋戦争後は一月二十日の一日で、総ての行事を済ませるように改められ、毎年、神社の社務所で行われています。この行事は昭和四十年、市の民俗文化財に指定されています。」

【この日の進行スケジュール】
8:00 呼太鼓、氏子中集合
8:30~ 式場始(しばきり=分担決め)
注連縄・蓬莱飾り作り
10:00~ 五穀豊穣祈願
念仏→玉串奉奠→大盃
10:30~ 餅搗き
煎餅→兜作り→餅投げ
12:00~ 昼食休憩
13:30~ 当番渡し(神札・日記受渡しの儀式)
14:10~ にらめっこの儀式
15:00~ 直会
17:20ころ 終了

【採訪メモ】
式場始の分担どおり組ごとに注連縄を作って張り、大根で鶴亀・松竹梅の蓬莱飾りを作って飾る。五穀豊穣祈願では氏子のみ(神職なし)で大太鼓に合わせて南無阿弥陀仏を唱和し、大盃を廻し飲む。その後、シンコ餅を搗く。一臼目の「煎餅」は、日記受渡しの儀式の際、新当番に2片ずつ配られる(無病息災)。当番渡しは新当番が5人ずつ前に出て、行司役から盃を受け、神社神札・日記を回して確認し、最後に新ヤド役が背中に背負って引継ぐ。続いて末社日記の引継ぎが行われる。にらめっこは卓上に小盃と沢庵2切れを置き、東西組が相対して睨みながら熱燗を飲む。笑うと双方が大きな罰盃を受ける。笑わそうとヤジが飛び、和気藹々と進む。全8組(東部1~4組・西部1~4組)が対戦するが勝ち負けはなく、3組終わる毎に全員で高砂を謡う。
見物人は50人以上、カメラマンは報道ほか多数。神社裏に駐車場あり。
お忙しい中詳しく教えて頂いた氏子中の皆さん、貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

|

« 印西・別所の宝剣様 | トップページ | 佐倉・百万遍(春祈祷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市川・にらめっこおびしゃ:

« 印西・別所の宝剣様 | トップページ | 佐倉・百万遍(春祈祷) »