« ルーブル美術館展 | トップページ | 秋田・田沢湖と辰子姫伝説 »

2018/09/09

機材の整理

久々に旅のお伴のカメラ機材を更新しました。

これまで、旅のお伴はもっぱらD40+DXズームまたはリコーGRでした。
一眼レフのD40は旅にはちと嵩張るし、既に補修部品在庫が払底。最近はコンパクトなGRを持ち出すことが多かったですが、単焦点なので旅先でズームが欲しい場面もあり…

ということで、D40+DXズームレンズ2本とGRを処分して、オリンパスOM-D E-M10Mark3を導入しました(下の写真は公式サイトから引用)。
20180909

初のマイクロフォーサーズ(MFT)は、驚くほどコンパクト。パンケーキの14-42/3.5-5.6と40-150/4-5.6 Rがお出かけバッグに入ってしまいます。これで35mm換算28~300mmまでカバーできるとは恐るべし。

OM-Dシリーズの末弟ですが、121点AF、強力なボティ内5軸手振れ補正、見やすいEVF、8.6コマ/秒の連写、最新の画像処理エンジンなど、エントリー機らしからぬ仕上がり(4K動画も撮れます)。MFTって進化してますねえ。

動き物を撮ると感じるシャッタータイムラグ、連写中のEVFの画像消失時間など気になる点もありますが、旅のお伴にちょうどいい感じです。

(追記)2020年1月、中野のフジヤカメラに売却して手放しました。

|

« ルーブル美術館展 | トップページ | 秋田・田沢湖と辰子姫伝説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機材の整理:

« ルーブル美術館展 | トップページ | 秋田・田沢湖と辰子姫伝説 »