« 市川・行徳神輿ミュージアム | トップページ | ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 »

2018/07/15

房総の素掘りトンネル巡り

房総半島の丘陵部には、泥岩の柔らかい地層を活かした素掘りのトンネルが多く見られます。週末を利用して、房総半島の素掘りトンネルを巡ってきました。

20180708a初めに、小湊鐡道月崎駅近くの林道月崎3号線にある通称「月崎3連トンネル」へ。
県道沿いにぽっかり開いた「永昌寺トンネル」の入口。明治31年(1898)の完成で、全長142m・幅3.1m。将棋の駒のような五角形で、日本古来の「観音掘り」という掘り方です。
地元の生活道路として現役で、出口部分は鋼板とコンクリで補強されていました。

その次に現れるのが「柿木台第二トンネル」。銘板はありませんが、小さいながら綺麗な円形の素掘りで、暗闇に浮かんだ丸い出口に吸い込まれそうでした。

さらに進むと「柿木台第一トンネル」があります。こちらは、明治32年(1899)の完成で、全長78m・幅3.5m。全線できれいな五角形の観音掘りを留めています。

20180715a続いて、「いちはらクォードの森」の手前から林道月崎1号線へ。
どんどん奥に進むと、忽然と現れた「月崎トンネル」。掘られた年代は不明。もとは一つのトンネルだったのが、真ん中の天井部分が崩落し、入口と出口に短いトンネルが残りました。
天井から差し込む太陽光が神秘的なトンネルで、ネット上では「ジブリの世界」とか「クォードの森神殿」などと表現されることも。
さらに奥に進むと小さな素掘りの円形トンネルがあり、まもなく道がなくなりました。

20180715b最後に、養老渓谷の向山トンネルへ。
上下に出口があって、思わず目を疑います。
正確には、上が向山トンネル旧出口で、下が共栄トンネル現出口です。
戦前からあった向山トンネル(全長92m)は、もともと上り勾配で直線に掘られ、上の出口に通じていました。昭和45年、元のトンネル内を途中から下り勾配に掘り下げ、左に湾曲させて共栄トンネル(全長23m)の新出口が完成。おそらくすぐ先の養老川に架かる共栄橋に動線をつなげるためと思われますが、世にも不思議な二階建てのトンネルになりました。
壁面の高所に見られる横穴は、旧道時代に掘られた防空壕跡で、かつての道の高さが分かります。

今回の素掘りトンネル巡りは、林道メインなのでバイク+GRの軽装備で廻りました。
深い山に囲まれて次々に出現する非日常の光景が面白かったです。

| |

« 市川・行徳神輿ミュージアム | トップページ | ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 房総の素掘りトンネル巡り:

« 市川・行徳神輿ミュージアム | トップページ | ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 »