« 京都・冬の特別拝観2018(洛西編) | トップページ | 仁和寺と御室派のみほとけ展 »

2018/02/07

京都・冬の特別拝観2018(洛南編)

20180204f旅の最後は、洛南の東寺(真言宗)へ。
特別公開の五重塔(国宝)は3度目の見学です。
元慶七年(883)に建立され、焼失と再建を繰り返し、現在の塔は寛永二十一年(1644)に再建された五代目。高さ55mの日本一高い五重塔で、京都のシンボルです。
初層の内部は、極彩色の文様が描かれた煌びやかな空間。中心を貫く心柱を大日如来に見立て、その四方を金色の四如来像と八菩薩像が守っています。四方の柱には金剛界曼荼羅が、四面の端柱には八大龍王が、壁には真言八祖像が描かれています。須弥壇の下の穴から、心柱を支える巨大な礎石を見ることができます。

昨年までは、塔内に入って間近に見学できたのですが、今回から開いた外扉から中を覗く拝観方式に変更され、塔内への立ち入りはできなくなりました。その代わり、薄暗かった塔内にLEDのスポット照明が設置され、より鮮やかに見えるように工夫されていました。

今回の京都・冬の旅では、一泊二日で十一寺四院を巡りました。今回もツアーだったので、現地で説明を聞きながら見学と撮影に集中できました。
今回の旅の機材はD40+18-55mmf/3.5-5.6GII。念のため55-200m/f4-5.6Gも持参しましたが、望遠系は一度も使いませんでした。

| |

« 京都・冬の特別拝観2018(洛西編) | トップページ | 仁和寺と御室派のみほとけ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都・冬の特別拝観2018(洛南編):

« 京都・冬の特別拝観2018(洛西編) | トップページ | 仁和寺と御室派のみほとけ展 »