« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017/12/27

横芝光町・成田山御本尊上陸地

横芝光町・尾垂浜で行われた「成田山御本尊上陸聖地報恩法会」を撮影。

20171227尾垂浜は、成田山新勝寺の本尊・不動明王が上陸した地です。
平将門の乱(939)の時、朱雀帝の命により、寛朝僧正が不動明王像を奉じて海路で房総に入り、公津(成田)の地で将門調伏の護摩祈祷をしたのが、新勝寺の始まりです。

ちなみに、調伏祈願の満願日に将門が討ち取られたことから、今でも平将門を祀る神田明神の氏子は新勝寺に参拝せず、新勝寺の門徒は神田明神に参詣しないそうです。

上陸地には、開山1060年祭(1998)で波切不動尊像が建立され、毎年5/27と12/27、新勝寺の僧侶が巡錫して上陸聖地報恩法会が行われます。

【この日の進行スケジュール】
11:00~ 法会開始
洒水加持→読経→参拝者焼香→法話
11:20ころ 終了

【メモ】
鳥居前~不動明王像まで練り行列で入る。像前で儀式と焼香が行われ、導師の法話があり、20分ほどで終了。法話の内容は、お不動さまの教えの他、地元の人々による上陸地への奉仕活動に対する謝辞、来年は開山1080年祭で当地では4/22に稚児行列が予定されていることなど。
参拝者は地元の皆さんが十数人、カメラマンはなし。自分も1年間の感謝を込めて焼香。終了後、下げた供物のお裾分けで果物まで頂き、恐縮した。上陸地に駐車場なし(付近にスペースあり)。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/26

市原・地磁気逆転地層

市原市田淵の「地磁気逆転地層」を見学。

20171226養老川沿いに露出した白っぽい地層は、77万年前に御岳山(長野)が噴火した火山灰が海底に堆積し、隆起したものです。

ここは、世界でも珍しい逆磁極帯→磁場遷移帯→正磁極帯の3つの層を連続して観察できる場所として、一躍注目を浴びることになりました。

地層ができた新生代四紀更新世前~中期(77万~12万6000年前)には、国際呼称がありません。申請どおり「国際標準模式地」として認定されると、国際呼称が「チバニアン」(千葉時代)に決まります。

写真は採掘調査の跡で、杭の色は、上から緑が正磁極帯、黄色が磁極が混在して定まらない遷移帯、赤が磁場が逆転している逆磁極帯を示しています。

学術的に何がどうすごいのかよく分からないけれど、ひと目見たいという(私のような)人々が、田淵集落に殺到。地元では、見学者駐車場として集会所(田淵会館)を提供したり、臨時トイレを作ったり、崖に降りる小径に竹の手すりを仮設したり…と対応に追われています。民有地なので何か申し訳ない感じ…。

訪れた時は、平日の午後で人が少なく、しばらく貸切り状態で見学できました。
以前は、崖の杭まで斜面を登り近づけましたが、現在は斜面が危険な状態で立入禁止に。訪れた時は、階段を設置する工事中だったので、これから訪れる人はもう少し待った方がいいかも知れません。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/24

D40で第4世代FlashAirを使う

我が家では、古いD40(2006年発売)が現役です。

20171224小さくて600万画素しかありませんが、旅のお伴に手放せません。

ほとんど不満はないものの、旅先で撮った写真をすぐにUPできないのは今どきちょっと不便…ということで、東芝の第4世代無線LAN搭載SDカード「FlashAir16GB」(W-04)を導入。

この製品は、撮影画像をカードに書き込むのと同時にWi-fi端末に転送し、専用アプリで閲覧・保存ができます。
iPhoneに接続すると、撮った画像が片っ端から専用アプリに転送され、画像を選択してカメラロールに保存でき、かなり便利です。

注意点として、D40は古い機種なので、データ転送中の電源コントロール機能がありません。転送中に背面液晶が消灯するとカードスロットの給電が切れ、iPhoneとFlashAirカードの接続が途切れてしまい、カードを認識できなくなります。これは、D40の設定を「パワーオフ時間」→「カスタマイズ」→「再生/メニュー表示」10M・「撮影直後の画像確認」10M・「半押しタイマー」30Mにすれば回避できます。

転送する画像を選択できない、アプリの一覧表示でRAW画像はアイコンのみ、カメラの電源はこまめにオフ、画像を全消去する際に「カード初期化」は使わない※など、ちょっとした工夫が必要ですが、古いD40の活用範囲が広がりました。
※画像ファイルを消去する際、「カード初期化」で行うと通信設定ファイル(FA000001.jpg)も削除され、通信不能になります。再設定には、PCで専用サイトからソフトをDLして工場出荷状態へ戻すしかありません。

第4世代FlashAirは接続性と操作性が良く、手元にあるリコーGR+Eyefi-mobiカード(標準サポート)と比べても使い勝手が良い感じです。

(追記)2018年9月、キタムラに売却して手放しました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/10

讃岐・栗林公園と屋島

二日目は、朝から地元の方に案内して頂き、栗林公園→屋島を巡ります。

20171210a有名な栗林公園は、400年の歴史を持つ回遊式の大名庭園です。
もとは当地の豪族・佐藤氏が築庭し、戦国期に生駒氏、江戸期に松平氏が拡張し、松平家下屋敷が置かれました。

紫雲山を借景に、6つの池と13の築山を組み合わせ、変化に富んだ美しさは「一歩一景」と称されます。国特別名勝に指定され、文化財指定の庭園としては最大の広さだそうです。

写真は、飛来峰から南湖の眺望。紫雲山を背景に、偃月橋と掬月亭が織りなす風情は園内随一です。

20171210bクルマで屋島へ移動します。
古くから瀬戸内海の要衝で、大和朝廷が古代山城(屋嶋城)を築いたり、源平合戦では屋島の戦いの舞台となりました。

島は、隆起地層が侵食されてできた標高290mほどの平坦な台形で、典型的なメサ台地です。かつては海に浮かぶ島でしたが、現在は陸続きになっていて、頂上までドライブウェイで登ることができます。

今回は南嶺を遊歩道で一周。眼下に広がる瀬戸内の眺望が爽快です。途中の売店で、名物の「かわらけ投げ」(願掛け)を体験。地元の人が、輪っかを狙うより女木島をめがけて投げるんだよと教えてくれました。思いっきり投げると、ストレス解消になりました。

20171210c南嶺の屋島寺(真言宗)に立ち寄ります。
正式には南面山千光院といい、天平勝宝年間に鑑真和上が北嶺に開基し、のちに弘法大師が伽藍を南嶺に移しました。
四国霊場八十八か所の84番札所になっていて、お遍路さんが巡礼する姿が見られました。

本堂脇の千本鳥居は、太三郎狸を祀る蓑山大明神。多くの善行を積んで屋島の氏神さまになった狸で、四国狸の総大将です。「平成狸合戦ぽんぽこ」では、開発に抵抗する多摩の狸たちが助力を求めた四国の太三朗禿狸(年齢999歳)として描かれています。

お昼は、島の麓にある四国村の「わら屋」で、讃岐の釜揚げうどんと地ビールを堪能して、帰路に付きました。

今回の旅は、たくさんの人々の温かさに触れ、とても楽しい思い出になりました。旅の機材は、D40+AF-S18-55/3.5-5.6GIIでした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/09

讃岐・高松城と平家物語

讃岐路に、高松城跡(玉藻公園)→県立ミュージアム→平家物語歴史館を訪ねました。

20171209a_3高松城は、天正十五年(1587)、豊臣秀吉から讃岐を拝領した生駒親正が築いた水城です。
江戸前期、常陸下館藩主・松平頼重(水戸光圀公の実兄)が12万石で入り、松平氏11代228年の城下町として栄えました。

本丸にあった天守閣(3層)は、明治中期に解体。現在は天守台の石垣だけ残っています。再建話があるものの、予算的な事情で先行き不明だとか。

写真は、海側にある月見櫓と水手御門。かつては海に面し、藩主の舟が戻るのを確認し(着見櫓)、門を開けて舟を着けたといい、水城ならではの構造です。訪れた時は引き潮で、堀が干上がっていましたが、夕方に再訪すると水が満ちていて、水城らしい姿を見ることができました。

20171209b続いて、香川県立ミュージアムへ。

旧歴史博物館だけに、香川の歴史全般がよく分かり、中でも空海に関する展示が詳しいです。

讃岐で生まれた空海は、30歳で出家。31~33歳まで唐に渡り、密教の教えを日本に持ち帰りました。43歳で高野山を開き、真言密教を布教。62歳で没しました。没後86年経った延喜二十一年(921)、醍醐帝から弘法大師の称号を贈られました。

展示は、東寺(京都)、金剛峯寺(和歌山)、善通寺(香川)が所蔵する国宝・重文のレプリカをふんだんに用いて、空海の生涯と事績を紹介しています。本物は滅多に見られないので、レプリカで通常見学できるのは有難いです。

写真は、藩主の御座舟「飛龍丸」の御座之間(復元)。金砂子で装飾した豪華な障壁画に、親藩松平家の格式を感じます(撮影可)。

20171209c20分ほど歩いて、高松平家物語歴史館へ。

平家の隆盛〜源平合戦〜平家滅亡を描いた「平家物語」の名場面17景を蝋人形で再現しています。日本最大の蝋人形館を謳うだけあって、おびただしい数の蝋人形です(館内撮影可)。

第6景(物怪)以降はおどろおどろしい場面が多くなるので、気が弱い人にはお勧めしませんが、添えられた解説が詳しくて思わず見入ってしまいました。

写真は、第2景「平家にあらずんば人にあらず」で、平清盛が子らと一門を集めて何やら評定中。

夜は旧知と合流して、市内某所にて美味しい手料理とお酒で至福のひと時を過ごし、そのまま泊。
明日は、栗林公園と屋島を巡ります。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/03

発祥の地めぐり

師走の晴れた日曜日、京葉地区を散策。

20171203aJR西千葉駅(中央区)北口に設置されたばかりの「ロケット研究発祥の地」碑を訪ねます。

かつてこの地にあった東大生産技術研究所で、糸川英夫博士が観測ロケットの研究に着手しました。
糸川博士は、荻窪にあった富士精密(旧中島飛行機)と共同で、日本初のペンシル型ロケット(長さ23cm、重さ200g)を試作。昭和30年(1955)、国分寺で水平発射実験に成功しました。
ここから現在のH2B型ロケット(長さ56.6m、重さ531t)に続く国産ロケット開発の歴史が始まった記念すべき場所です。

碑は、糸川博士の功績を称え、NPOちばサイエンスの会が建てて市に寄贈したものです。正面には、実物大のペンシル型ロケットがはめ込まれています。

20171203bお隣のJR稲毛駅からバスで稲毛海浜公園(美浜区)に移動して、稲毛民間航空記念館へ。

明治43年(1910)、国産飛行機で初めて空を飛んだ奈良原三次。軍の飛行場しかなかった当時、この地に遠浅の干潟を利用した日本初の民間飛行場を開設し、民間航空発祥の地となりました。

記念館には、三次が明治末期に開発した奈良原式複葉機の四号機「鳳号」が復元されています。かつての海岸線(国道14号)に近い稲岸公園南端には、航空機の翼をイメージした「民間航空発祥の地」碑も建っています。

20171203c京成線で谷津(習志野市)に移動して、谷津公園に「読売巨人軍発祥の地」碑を訪ねます。

谷津公園と谷津バラ園の一帯には、かつて谷津遊園という遊園地がありました。
昭和9年、正力松太郎(読売新聞社長)が米大リーグ選抜チームを招聘し、東京六大学などから混成された全日本チームは、谷津遊園にあった谷津球場で猛練習して迎え撃ちました。

この時のメンバーを中心に、東京巨人軍(のちの読売巨人軍)が結成され、日本にプロ野球が誕生しました。碑には、川上哲治、長嶋茂雄、王貞治など歴代名選手の手形がはめ込まれています。

20171203d最後に、京成線で国府台(市川市)に移動して、江戸川土手の「市川関所跡」へ。

江戸期、入り鉄砲と出女を厳しく取り締まった関所の一つです。当時は、小岩村側に番所が、市川村側に定船場がありました。

関所は明治2年(1869)に廃止されましたが、渡船は江戸川に橋が架かる明治38年(1905)まで存続しました。関所跡には、門を象ったモニュメントが建ち、背景の近代的なビル(市川が本社の山崎製パンクリエイションセンター)との対比が不思議な感じです。

今回は、全行程を電車とバスで回りました。市川~船橋~稲毛の道路は激しく渋滞するので、クルマより公共交通機関の利用がおすすめです。機材はD40+AF-S18-55/3.5-5.6GIIでした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »