« 葛飾八幡宮三十三周年式年大祭 | トップページ | 君津・鹿野山のさんちょこ節 »

2017/04/23

鴨川・吉保八幡神社の神楽

鴨川市・吉保八幡神社(仲253)の春季例大祭で奉納された獅子神楽を撮影。

20170423吉保八幡神社の春季例大祭(毎年4月第四日曜日)は、「春市」とも呼ばれ、境内に植木市や露店が立ち並び、地元の皆さんで賑わいます。

春季例大祭では、春祈祷として、その年の年番区により獅子神楽が奉納されます。
年番は氏子区の4区(仲・大川面・宮山・八丁)が順に務め、今年は大川面区が奉納しました。

吉保八幡神社は、秋季例大祭の流鏑馬(県無形民俗文化財)が有名で、県内外から大勢の観光客で賑わいます。この獅子神楽は、流鏑馬の後にも同じ演目が「まき納め」として演じられています。

【この日の進行スケジュール】
13:50~ 例大祭式典
14:50~ 獅子神楽奉納
宮舘(神社入り)→前がかり→御幣の舞→鈴の舞→狂い→宮舘(神社発)
15:20ころ 終了

【メモ】
午後1時に現地入り、645使いの神職とカメラ談義をして待機。式典は、拝殿外で修祓の後、昇殿して神事が行われた。式典後、大川面区の宮舘(神楽櫃)が練り込み、獅子神楽を奉納。ベテランの舞手ペアによる息の合った舞が見事。見物人は地元の皆さんが十数人ほど、カメラマンは自分のみ。神社Pは来賓専用(道の駅みんなみの里を利用)。獅子神楽舞を撮るのは、昨年10月の山武市富田以来で半年ぶり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

|

« 葛飾八幡宮三十三周年式年大祭 | トップページ | 君津・鹿野山のさんちょこ節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128163/65193568

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨川・吉保八幡神社の神楽:

« 葛飾八幡宮三十三周年式年大祭 | トップページ | 君津・鹿野山のさんちょこ節 »