« 香取・廻り祭頭 | トップページ | 習志野・剣(つるぎ)祭 »

2017/02/26

市川・団子あげ

市川市・北方子之神社(北方3-17-23)で行われた「団子あげ」を撮影。

20170226北方子之神社は、亀山帝の文永年間(1264-75)の創建で、大己貴命(大國主命)を祀ります。

「団子あげ」は、北方1~3丁目・4丁目(一部)に伝わる伝統行事で、毎年2月26日(子之神社の祈年祭)に行われます。
無病息災と豊作を祈る予祝行事で、梅の小枝に団子で「餅花」を咲かせて奉納し、参詣者に配ります。
この団子を持ち帰り、焼いて食べると一年間風邪をひかないとされています。

【この日の進行スケジュール】
10:00~ 祈年祭
10:15~ 参詣者に配布
10:30ころ 終了

【メモ】
朝9時ころ、北方会館(公民館)に氏子総代・役員12人が集まり、梅の枝に団子をさして準備し、神前に奉納する。午前10時、拝殿で祈年祭の式典執行(15分)。その後、参詣者に配布される。昔は、氏子の家々が前年に収穫した米粉の団子を梅の小枝にさして奉納した。現在は、周囲は住宅街で農家はなく、市販の団子を使って氏子役員のみで継承している。参詣者と見学者(取材含む)は計10人ほど。公民館に駐車スペース数台(狭いので付近のコイン駐車場を推奨)。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

|

« 香取・廻り祭頭 | トップページ | 習志野・剣(つるぎ)祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128163/64942823

この記事へのトラックバック一覧です: 市川・団子あげ:

« 香取・廻り祭頭 | トップページ | 習志野・剣(つるぎ)祭 »