« 東庄・東大社桜井神幸祭 | トップページ | PCの組み換え 2016 »

2016/04/17

成田・吉岡の神楽舞い

成田市(旧大栄町)吉岡の八坂神社で奉納された獅子神楽を撮影。

20160417毎年4月17日に行われる春祈祷では、五穀豊穣を祈願して、神前で伊勢系の獅子神楽が奉納されます。
社殿を3周した後、四方舞、幣束舞、剣・鈴舞、怒りが演じられます。

夏の祇園祭では、明治~昭和30年ころまで、佐原から購入した人形山車(神武天皇)を曳き廻し、芝居小屋も出てたいそう賑わったそうです。古い資料によれば、区長・神社役員を先頭に、人形山車、万燈持ち、賽銭箱持ち、神輿の行列が続きました。残念ながら山車の運行が難しくなり、昭和36年に山車を解体して山車曳きは廃絶しています。

【この日の進行スケジュール】
14:15~ 神事(ふれあい会館)
14:30~ 獅子神楽奉納
サンギリ→四方舞→幣束舞→剣・鈴舞→怒り→サンギリ
14:45ころ 終了

【メモ】
この日は春の嵐となり、神社から数百m離れた「吉岡ふれあい会館」で催行。屋内で神職による神事の後、獅子神楽が奉納された。舞い時間は15分ほど。幣束舞と剣・鈴舞は一人舞で布持ちなし、四方舞と怒りは二人舞。舞とお囃子は吉岡下座保存会の皆さんが継承している。見学者は役員と地元の皆さん、カメラマンは自分のみ。神社・ふれあい会館に駐車場あり。
古い資料を見せて頂き、色々教えて頂いた区長さん、ありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

|

« 東庄・東大社桜井神幸祭 | トップページ | PCの組み換え 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田・吉岡の神楽舞い:

« 東庄・東大社桜井神幸祭 | トップページ | PCの組み換え 2016 »