« 名古屋・熱田神宮 | トップページ | 京都・秋の旅(洛北・洛中編) »

2015/11/22

京都・秋の旅(大原編)

11月の連休を利用して、妻と秋の京都を訪ねました。

初日は、大原の宝泉院と三千院門跡、洛北の上賀茂神社を巡ります。

20151122a京都市中から郊外の大原へ。比叡山延暦寺(天台宗)の麓で多くの里坊(僧の住居)が置かれた所です。
宝泉院も、長和二年(1012)に開かれた大原寺(勝林院)の坊で、額縁庭園と血天井で知られます。

客殿で抹茶と菓子をいただきながら眺める庭(盤桓園)は風情があって、柱と柱に囲まれた額縁絵のようでした。
廊下の天井は、伏見城の床板を張っています。関ケ原の前哨戦・伏見城の戦い(1600)で敗れた徳川方は城中で自害し、遺骸は長く放置されていたと云います。のちに京都の寺々が、供養のため血で染まった床板を天井に張って祀り、血天井と呼ばれるようになりました。宝泉院もその一つで、当時の鎧や足形が黒い跡になって残っています。

20151122b続いて、三千院(梶井門跡)へ。伝教大師最澄が草庵を結んだ里坊(円融坊)に始まり、明治になって現在地に移り三千院と称するようになりました。天台宗五箇室門跡の一つで、代々皇族が住職を勤めた名門です。

客殿と宸殿を見て、苔に覆われた庭園(有泉園)を散策。ここは、わらべ地蔵さんが人気です。
境内の往生極楽院は、もとは平安期から続く極楽院という独立の寺でした。本尊の阿弥陀三尊像(国宝)は、両脇の菩薩像が少し前屈みの「大和坐り」です。天井は、大きな光背を堂内に収めるために折り上げた「舟底型天井」です。極彩色で描かれた絵は、千数百年の煤でよく見えませんでした(宝物殿の円融蔵に復元模写があります)。

次は、大原から洛北へ移動します

| |

« 名古屋・熱田神宮 | トップページ | 京都・秋の旅(洛北・洛中編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都・秋の旅(大原編):

« 名古屋・熱田神宮 | トップページ | 京都・秋の旅(洛北・洛中編) »