« 浜松・浜松城 | トップページ | 浜松・スズキ歴史館 »

2015/09/21

浜松・うなぎパイファクトリー

浜名湖のお菓子といえば「うなぎパイ」。浜松市郊外の「うなぎパイファクトリー」で製造工程を見学しました。

20150921aメーカーの春華堂は、明治20年、甘納豆の露天売りで始めた和菓子屋さん。昭和36年、浜松らしい和菓子にこだわった先代が考案したのが、夜のお菓子・うなぎパイだそうです。

駐車場は観光バスや一般車で満車状態。受付で記念品(うなぎパイミニ)をもらい、自由見学コースへ。1Fで生地の圧延→焼き上げのラインをガラス越しに見て、2Fから検品→個包装→箱詰めを含めた全工程を俯瞰。
原材料のバターや砂糖は特注品で、うなぎの粉を練り込んだ生地づくり、毎日の温湿度による焼き加減の調整など、大切な工程は今もベテラン職人の手作業で驚きました。

20150921b見学後、2FのUNAGI PIE CAFE(うなぎパイ・カフェ)でひと休み。とてもおしゃれな空間で、限定創作スイーツが楽しめます。静岡・愛知限定販売のうなぎパイV.S.O.Pを使った紅茶パフェセットを注文(写真)。
今年の春、東京・表参道にUNAGI PIE CAFE TOKYO at BAKERYCAFE426が期間限定オープンした時の人気メニューでしたから、知っている人も多いかも知れません。

見学コースの最後は売店でのお買い物。春華堂の和菓子がたくさん並んでいますが、選ぶのはやっぱりうなぎパイ。ちなみに、「夜のお菓子」は、夜の家族団欒のひと時に召し上がっていただきたいという意味だそうです。

次は、もの作りニッポンの現場を見に行きます。

| |

« 浜松・浜松城 | トップページ | 浜松・スズキ歴史館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松・うなぎパイファクトリー:

« 浜松・浜松城 | トップページ | 浜松・スズキ歴史館 »