« 京都・冬の特別拝観2015(洛東編) | トップページ | 匝瑳・吉崎のサイコロ御奉謝 »

2015/01/25

佐倉・井野の辻切り

佐倉市の井野地区で行われた辻切りを撮影。

20150125井野の「辻切り」は、毎年1月25日、組ごとに藁蛇を作り、ムラに通じる辻を蛇の呪力で遮断して、悪霊や悪疫が入るのを防ぐ民俗行事です。

朝から、組ごとに藁を持ち寄ってヤド(年番)の庭先や井野会館に集まり、ムラ境に掛ける大蛇(大辻)と、家の門口に掛ける小蛇(小辻)を作ります。井野区で6体、井野原区で2体の大辻が作られます。

藁蛇は、組により足の数や目玉の作り方、ヒイラギの葉の飾り方などが少しずつ異なりますが、井野区ではムラ境6カ所の木に頭を外に向けて巻き付けられ、1年間、集落を守ります。

【この日の進行スケジュール】
・井野2番・3番組(井野会館)
9:00~ 集合、作業開始
10:45ころ 藁蛇(2体)完成
11:00~ 藁蛇を掛ける
3番組(井野会館そば)→軽トラで移動、2番組(東の細い畦道
11:50ころ 終了

・井野4番組(ヤド)
9:00~ 集合、庭先で作業開始
11:30ころ 藁蛇完成、直会
13:30~ 藁蛇を掛け、辻を切る(東の畑道
14:00ころ 終了

【メモ】
気温13度と暖かい一日、朝8時に現地入り。新興住宅地に囲まれたユーカリが丘線の内側にポッカリと旧志津村の雰囲気が残る。井野会館で2番・3番組の作業を見学。大辻は男衆、小辻は女衆が分担して製作。完成後、3番組の大辻を井野会館そばの木に掛け、古い藁蛇は畑で焼却。その後、2番組の大辻を細い畦道の木に掛ける(軽トラ移動で追いつけず)。1番組の大辻1を確認後、撤収中に常連カメラマンの「蝙蝠の瞳」さんから4番組の情報を得て、ヤドの農家へ移動。畑の木に大辻を掛けた後、道に溝を切り、五穀を撒いて埋め戻す、文字通りの「辻切り」を見学(ヤドは毎年変わるとのこと)。最後に石川園芸の看板を入った奥の竹藪で1番組の大辻2を確認して撤収。
見物人は、井野会館で2~15人、4番ヤドではなし。カメラマンは、井野会館で6~7人、4番ヤドでは4人。井野会館と千手院に駐車場あり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| |

« 京都・冬の特別拝観2015(洛東編) | トップページ | 匝瑳・吉崎のサイコロ御奉謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉・井野の辻切り:

« 京都・冬の特別拝観2015(洛東編) | トップページ | 匝瑳・吉崎のサイコロ御奉謝 »