« 東金・道庭の獅子舞 | トップページ | 八戸・加賀美流騎馬打毬 »

2014/08/01

八戸・三社大祭(お通り)

青森県八戸市に遠征して三社大祭を撮影。

東北新幹線で上野→八戸まで2時間40分、さらにローカルな八戸線に乗り換えて本八戸に13時ころ到着。

20140801お目当ての八戸三社大祭(国重要無形民俗文化財)は、毎年8月1~3日に行われるおがみ神社と新羅神社の祭礼で、明治期に神明宮が加わり三社となりました。
初日は、おがみ神社の神輿が新羅神社へ渡御する「お通り」が行われます。

15時、市庁前から「お通り」開始。神明宮、おがみ神社、新羅神社の神輿が、それぞれ氏子の供奉芸能と山車を伴いゆっくり進みます。
山車は、豪華絢爛な山車飾りを満載し上下左右に展開する巨大なからくり山車です。もとは人形1~2体を載せた小さな屋根付き山車だったそうですが、明治後期に各町が競って大きな山車を作るようになり、現在のように巨大化しました。上の写真は、新荒町附祭若者連の山車でテーマは「鈴鹿御前」(一部分)。迫力ある飾りは発泡スチロール製で、毎年テーマを決めて作り替えるというから驚きです。

20140801b●神明宮の行列
供奉芸能:南部駒踊(県無形民俗文化財、左の写真)
山車:7台(廿六日町山車組、新荒町附祭若者連、上組町若者連、根城新組山車組、賣市附祭山車組、吉田産業グループ山車組、白山台山車組)

20140801c●おがみ神社の行列
供奉芸能:法霊神楽「権現舞の一斉歯打ち」(県無形民俗文化財、右の写真)、笹の葉踊、虎舞
山車:11台(十一町龍組、塩町附祭組、下大工町附祭、下組町山車組、内丸親睦会、柏崎新町附祭、淀山車組、城下附祭、新井田附祭振興会、青山会山車組、朔日町附祭)

●新羅神社の行列
供奉芸能:虎舞、武者押し
山車:9台(八戸市職員互助会、吹上山車組、八戸共進会山車組、糠塚附祭組、長横町粋組、六日町附祭若者連、類家山車組、十六日町山車組、鍛治町附祭若者連)

20140801d山車は「ヤレヤレヤレ」のかけ声で引き子に曳かれ、笛吹きが前を歩きます。山車に乗るのは、大太鼓打ち1人と小太鼓打ち5人(左の写真)。お囃子は比較的単調です。
27台の山車は、巡行中、次々とからくりを展開し、沿道から大きな歓声と拍手が送られます。最後尾は華屋台が舞納め、19時ころ終了しました。

この日は、時折、ゲリラ雨に降られましたが、撮影現場で知り合った地元写真館ご亭主に祭りのことを詳しく教えてもらいながら楽しく撮影。しばしお国の祭り談義で盛り上がりました。

ホテルに戻り、雨に濡れた機材の手入れと写真をストレージに吸い上げ、翌日の撮影に備えます。撮影枚数は307枚でした。
明日は、長者山新羅神社で神事と、夜の山車合同運行です。

| |

« 東金・道庭の獅子舞 | トップページ | 八戸・加賀美流騎馬打毬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八戸・三社大祭(お通り):

« 東金・道庭の獅子舞 | トップページ | 八戸・加賀美流騎馬打毬 »