« 飯高壇林新緑祭コンサート | トップページ | 群馬・富弘美術館 »

2014/05/04

栃木・足尾銅山

GWに妻と桐生~足尾へ出かけました。

20140504a外環~東北道~北関東道で桐生市内へ。重伝建地区のベーカリーでブランチの後(地井武男さんのサインが飾ってありました)、R122を渡良瀬渓谷に沿って北上。新緑が映える草木湖を過ぎ、しばらく走ると足尾です。

足尾は、かつて銅山で栄えた町です。
江戸初期に農民が鉱床を発見したのがきっかけで、御用鉱山として開発されました。鋳銭座(銅銭の鋳造所)が置かれ、俗に「足尾千軒」と言われるほど栄えました。

明治初期に民営化され、製錬所が併設されて富国強兵の時代に大いに発展しましたが、明治中期に渡良瀬川が氾濫して製錬廃棄物が下流域を汚染(足尾鉱毒事件)。昭和48年に閉山するまで、掘られた坑道は総延長1234km。まさに日立(茨城県日立市)、別子(愛媛県新居浜市)と並ぶ日本の大銅山でした。

現在,坑道跡は足尾銅山観光として一部(通洞坑)が公開されています。
上の写真は,通洞坑に入って来たトロッコ列車(Nikon Df、ISO12800でノーストロボ撮影)。見学コースは、坑道内でトロッコ列車を降り、徒歩で江戸期~昭和期へと採掘作業の変化を見学しながら地上に戻ります。

20140504b坑道内では、切羽・運搬・採掘の様子がリアルな人形で再現され、出口のシアターではCG(約8分)で銅山の歴史がよく分かります。

この他にも、周辺には銅山の産業遺産が点在し、廃墟マニアには見逃せないスポットになっています。

私と妻は廃墟マニアでないので、足尾でUターンして南下し、草木湖の富弘美術館を目指します。

| |

« 飯高壇林新緑祭コンサート | トップページ | 群馬・富弘美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木・足尾銅山:

« 飯高壇林新緑祭コンサート | トップページ | 群馬・富弘美術館 »