« 香取・山倉大神白川流十二座神楽 | トップページ | 印西・中根八幡神社の獅子舞 »

2014/04/13

匝瑳・松山神社神楽

匝瑳市(旧八日市場)の松山神社で奉納された十二座神楽を撮影。

20140413【現地案内板の説明】
「当社に伝わる神楽は、里神楽の一種で下総十二神楽と呼ばれているものである。
十二神楽は十二座の舞で構成されていることからその呼び名がつけられている。
本神楽は、神話の中にでてくる尊を登場させたり、民間に伝わる神々などをも登場させるなど非常にこっけいな部分が多く親しみやすい。
毎年四月十三日に演じられ、起源は江戸時代と考えられている。」

【この日の進行スケジュール】
12:30~ 練り行列(共同館~神社へ)
13:00~ 神楽奉納
天狗→鈿女命→三宝荒神→八幡様→榊葉→田乃神→種蒔→食保乃神→恵比寿→春日大明神→乙女→〆切
16:00ころ 終了

【メモ】
建て替えた神楽殿は社務所と舞台の一体型。正面のみが開き、観覧席(椅子)が置かれる。右袖は囃子方、左側は社務所の受付で左右どちらからも撮りにくくて悩ましい。床は低いが視線を少し上げるため2段の脚立を使用。社務所には校外学習の地元小学生が入り、熱心に見学していた。資料では素面の「春日大明神」は、現在は面を付けて演じていた。見物人は地元の皆さんが多数、カメラマンは市広報さんなど8人。駐車場は神社隣の小学校校庭が開放される。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| |

« 香取・山倉大神白川流十二座神楽 | トップページ | 印西・中根八幡神社の獅子舞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 匝瑳・松山神社神楽:

« 香取・山倉大神白川流十二座神楽 | トップページ | 印西・中根八幡神社の獅子舞 »