« ロンドン・コヴェントガーデン | トップページ | ロンドン・ロンドンアイ »

2013/03/06

ロンドン・ウェストミンスター寺院

ロンドン最後の夜、ウェストミンスター寺院へ。

20130306ウェストミンスター寺院は、イギリス国教会の代表的な教会で、戴冠式などの儀式を司る唯一の教会です。

歴史的には、960年にベネディクト派修道院として創建→1065年にエドワード懺悔王がイギリス国教会として改築→1245年にヘンリー3世がフランス流ゴシック様式に改築してほぼ現在の型になりました。
1066年にウイリアム征服王が盛大な戴冠式を行って以来、歴代国王の戴冠式や葬儀が行われています。

戴冠式が行われる主祭壇の奥は、エドワード懺悔王の棺と、その周りに歴代王の棺が祀られた聖廟になっています。
さらにその奥は、最も美しい礼拝堂と云われるヘンリー7世を祀ったチャペルがあり、華麗な天井装飾に溜息が出るほどでした(内部は撮影厳禁なので写真はなし)。

この教会で、2011年4月29日、ウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウェディングが行われたことは記憶に新しいところです。

隣のウェストミンスター宮殿(現・国会議事堂ビッグベン)とともに世界遺産に登録されています。
水曜日のみ夜間公開(~19時まで)されていて、夜は観光客が少なくゆっくり見学できます。日本語のパンフレットと無料オーディオガイドも用意されていました。

次は、ロンドンアイへ向かいます。

| |

« ロンドン・コヴェントガーデン | トップページ | ロンドン・ロンドンアイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン・ウェストミンスター寺院:

« ロンドン・コヴェントガーデン | トップページ | ロンドン・ロンドンアイ »