« 匝瑳・山桑のつなかけ神事 | トップページ | 南房総・久保の神楽 »

2013/01/13

館山・厳島神社の湯立神事

館山市西川名の厳島神社で行われた湯立神事を撮影。

20130113【現地案内板の説明】
「厳島神社の湯立神事は、毎年一月十五日、港の各漁船に大漁旗をうちなびかせ、厳島神社の境内で、神官・漁業会・青年会・区の各役員によって執行される。神官の祝詞奏上から始まり、玉串奉奠、湯もどしの儀式の後、湯立の禊がはじまる。境内に設けられた二個の大釜にたぎる湯花(湯玉)を、用意された御湯笹でかきまわし、まわりにふりかけることから始まる。初めは小さくゆっくりと、だんだん大きく速く御湯笹を振って、参会者全員にふりそそぐ。最後に参詣人各自は持参の手拭いなどを釜の湯に浸して家に持ち帰り、家族の顔や手足を清め、家内安全、無病息災を祈り、また、大漁を祈願する。」

【この日の進行スケジュール】
14:30~ 神事
献饌→祝詞奏上→御祓い→玉串奉奠→湯もどしの儀
14:55~ 湯立の禊
15:00ころ 終了

【メモ】
現在は1月15日に近い日曜日に催行。江戸末期から続き、地元ではシオマツリという。西川名ではこの日はフナドメとして漁を休み、行者が一年の漁を占った。現在は大漁旗を掲げて祝う風習は廃れた模様。湯戻しの儀式で神職が湯に神饌の御神酒と塩を投入してかき混ぜる。湯は海水でなく水道水とのこと。禊は、白装束の神官役(「道彦」という)が、四隅に斎竹を立て注連縄を張った中で行う。御湯笹で湯玉を激しく振り撒き、竹持ち役がく斎竹を大きく揺さぶる。最後に地元の皆さんが湯にタオルを浸して持ち帰っていた。見物人は40人前後、カメラマンは報道ほか多数と盛況。神社に駐車場なし(漁港入口の民家に有料駐車可)。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| |

« 匝瑳・山桑のつなかけ神事 | トップページ | 南房総・久保の神楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 館山・厳島神社の湯立神事:

« 匝瑳・山桑のつなかけ神事 | トップページ | 南房総・久保の神楽 »