« 日光・大猷院の紅葉 | トップページ | 師走の一日 »

2012/11/25

Adobe ReaderでPDFのフォントが抜ける対策

Adobe Reader Xでネット上のPDFファイルを開くと、文書によっては、所々フォントが抜け落ちて読めない場合の対策。

20121125原因は、文書作成時にPDFへの埋め込みがサポートされていないフォントを使って作成した場合、Adobe Readerで開く際に埋め込まれたフォントが読み込めないため。

フォントが抜けた部分は空白なので、せっかくの文書が意味不明。印刷しても意味不明な文書が排出されるだけ…。

AdobeのサポートFAQでは「PDFファイルへの埋め込みがサポートされていないTrueTypeフォントが使用されているPDFファイルにおいて発生することが確認されています。PDFの作成段階で、埋め込みがサポートされているフォントを使用することでエラーを回避することができます。(中略)インターネットなどから入手したPDFファイルなどの場合は、PDFの配布元にお知らせください」とあります。

つまり、文書作成者側の原因なので、Adobe Reader側で対応する予定はなさそうです。

ということで、文書作成者の修正を待っていられない場合は、Adobe Readerでなくフリーウェアの「PDF-XChange Viewer」を使っています。
本来、PDFファイルを簡易編集するためのソフトですが、Adobe Readerで読めないフォントもきちんと表示してくれます。ファイルを開く際、URLを指定して開けるので、PDFファイルをいったん保存したり変換したりする手間がなく、便利です。
有料のPro版はPDFのページ追加・削除まで可能ですが、通常用途ならフリー版でも十分高機能だと思います。

| |

« 日光・大猷院の紅葉 | トップページ | 師走の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Adobe ReaderでPDFのフォントが抜ける対策:

« 日光・大猷院の紅葉 | トップページ | 師走の一日 »