« 八街・榎戸獅子舞 | トップページ | 日光・大猷院の紅葉 »

2012/10/21

印西・浦部の神楽

印西市浦部の鳥見神社で奉納された十二座神楽を撮影。

20121021b【現地案内板の解説】
「浦部の神楽は、毎年十月十七日、浦部鳥見神社の秋期例大祭に同社神楽殿にて奉納されます。また、阿夫利神社の夏期例大祭でも一部の演目が奉納されます。神楽の由来は詳らかではありませんが、江戸時代初期に八千代市村上から伝習されたとも、鳥見神社建立のおり江戸から伝来したとも口伝され、別名、十二座神楽ともいわれています。
演目は、「神子舞」「翁舞」「神明の舞」「鈿女(うず)の舞」「恵比寿舞」「鍛冶の舞」「榊葉(ささ)舞」「二匹天狐の舞」「玉取り舞」「大蛇(おろち)の舞」「天の岩戸の舞」「火男(ひよっとこ)の舞」の十二座で構成され、その内容は神話を題材としたものが多くあります。
囃子の楽器には大太鼓、大拍子、笛が用いられます。囃子はおねり・みこ・平神楽・速神楽・おかざき・鈿女・ひろこ・さがりは・空絡み・本絡み・ぎょん・じゃかもんじんなどがあります。
元来、氏子の長男により伝承されてきましたが、現在は神楽社中が組織され、後継者の育成が行われています。」

【この日の進行スケジュール】
15:00~ 来賓挨拶
16:00~ 神楽奉納(五座)
神子舞→神明の舞→榊葉舞→玉取り舞→鍛冶の舞
17:40~18:30 休憩(夕食)
18:30~ 神楽奉納(七座)
翁舞→二匹天狐の舞→恵比寿舞→大蛇の舞→鈿女の舞→火男の舞→天の岩戸の舞
21:30ころ 終了

【メモ】
来賓挨拶後の直会では、永治小6年生が子供神楽(玉取舞い)を披露。大人の神楽は午後4時から。夕食休憩を挟み、午後9時半まで保存会19人で十二座を演じる。神楽殿は、左に囃子方が座り、右に来賓席があり、正面には幣束が立つ。その上、床が高く、3段の脚立でも役不足で撮影は困難を極める(正面土手から望遠200~300mmで狙うカメラマンが多かった)。
見物人は、始めの一時間と「火男の舞」(餅撒きあり)で地区の皆さんが多数、カメラマンは十数人。神社に駐車場なし。夕食休憩時、見物人にはおにぎりが配られました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| |

« 八街・榎戸獅子舞 | トップページ | 日光・大猷院の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印西・浦部の神楽:

« 八街・榎戸獅子舞 | トップページ | 日光・大猷院の紅葉 »