« 佐倉・佐倉の秋祭り | トップページ | 印西・浦部の神楽 »

2012/10/21

八街・榎戸獅子舞

八街市榎戸・大宮神社の秋祭りで奉納された三匹獅子舞を撮影。

20121021江戸初期の寛永元年(1624)ころ、佐倉城主・土井利勝が榎戸新田を開いたとき、疫病除けと村人の娯楽に伝えられた三匹獅子舞です。

戦中・戦後の一時期を除いて、長く天下太平と五穀豊穣を願って舞われていましたが、後継者難で平成9年を最後に中断。榎戸地区の皆さんの熱意で、平成20年の秋祭りで復活しました。
現在は、榎戸獅子舞保存会が伝承しています。

【この日の進行スケジュール】
10:00~ 三匹獅子舞奉納
雌獅子の舞→中獅子の舞→雄獅子の舞
幣束抜き(中獅子)→剣の舞(雄獅子)→ブッソロイ(三匹舞)
10:50~ 八街北小5・6年生の獅子舞
11:15ころ 終了

【メモ】
獅子は拝殿に向かって舞う。一匹ずつ舞った後、「幣束抜き」では中獅子が悪魔に見立てた幣束を恐る恐る抜いて退治する。「剣の舞」では雄獅子が大宮神社の神剣で天地四方の悪魔を退治する。最後に三匹でブッソロイを短くひと舞いして終える。お囃子が録音テープなのが残念。奉納が始まると関係者といえども拝殿正面を横切るのは厳禁(叱られます)。
見物人は地区の皆さんが多数、カメラマンは10数人。神社に駐車場あり。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

【2017.11.7追記】
灰虚趣戯」の薙さまから、榎戸獅子舞保存会は後継者難により2017年3月で保存会を解散し、活動休止状態となったとの情報を頂きました。八街に残る貴重な三匹獅子でしたので残念です。

| |

« 佐倉・佐倉の秋祭り | トップページ | 印西・浦部の神楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八街・榎戸獅子舞:

« 佐倉・佐倉の秋祭り | トップページ | 印西・浦部の神楽 »