« 我孫子・竹内神社祭礼 | トップページ | 茂原・粥米の羯鼓舞 »

2012/09/29

いすみ・大寺の三番叟

いすみ市(旧大原)の大寺地区に伝わる三番叟を撮影。

20120929白山神社の祭礼(毎年9月最終土曜日)で、区内平穏と五穀豊穣を祈り、大寺青年館で奉納されます。

舞は、千歳の舞(素面)→翁の舞(白色尉)→三番叟(素面)→鈴の段(千歳と黒色尉のかけ合い)の4幕です。千歳はムラの若者を、翁は長老を、三番叟は農民をそれぞれ表しているとされます。
囃子方は太鼓、鼓、笛の他、ツケと呼ばれる拍子木を使うのが特徴です。

三百年ほど前から伝わりますが、戦後は長く中断。昭和50年に復活し、大寺三番叟保存会の皆さんが伝統を守っています(千葉県指定無形民俗文化財)。

県内に伝わる三番叟には、他に成田・取香の三番叟(県)、旧千倉・惣戸と平磯の三番叟(県)、旧丸山・加茂の三番叟と花踊り(県・国記録)などがあります。

【この日の進行スケジュール】
11:00 神輿着御
13:00~13:40 三番叟奉納
千歳の舞→翁の舞→三番叟→鈴の段
14:00 神輿のお発ち(ムラ廻り)

【メモ】
10時半に現地着。まもなく神輿が到着。大きな神輿は担ぎ手が少なく大変。神輿を舞台正面に置き、13時から三番叟奉納。三番叟役の演技は激しさと長さに驚く。演者は50代半ばで、あの動きはきつかろう。シャッター優先1/500秒に固定して撮影。終了後、世話役さんの勧めで、神輿ムラ廻り(14~15時半)、四社神輿参集(15時半、白山・喜原・三島・八幡の各社)、合同渡御(16時半~、各社を回る)まで見学(最後の大別れは22時ころ)。三番叟の見学者は十数人、カメラマンは6人。三番叟が終わると見学者はいなくなる。駐車スペースあり。
忙しい中、色々教えて頂いた上、たくさんご馳走になり、世話役さん、区長さん、地区の皆さん、ありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

|

« 我孫子・竹内神社祭礼 | トップページ | 茂原・粥米の羯鼓舞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いすみ・大寺の三番叟:

« 我孫子・竹内神社祭礼 | トップページ | 茂原・粥米の羯鼓舞 »