« 君津・大戸見の神楽 | トップページ | 成田・大袋の朝角力 »

2012/08/14

君津・鹿野山の人形焼

君津市の鹿野山で行われた人形焼を撮影。

20120814【現地案内板の解説】
「この人形焼は、江戸時代初期(1600年)の頃より行われていたと伝えられています。大根豊作を祈願する行事でした。
毎年8月14日午後7時に神野寺の僧が来て五穀豊穣の祈りがあげられる。祈願がすませられると松明の火でワラ人形が焼かれ、人形が倒れた方角に豊作がもたらされるとされた。
昭和30年代後半から見られなくなっていたが、1986年(昭和61年)に盆踊り大会の一環として復活し、現在に至っています。」
(追記:2016年から毎年8/15に変更されている。)

【この日の進行スケジュール】
19:00~21:00 地区盆踊り大会
この間の20:00~20:20 人形焼

【メモ】
古老によれば、藁人形は高さ4m、乳房と男性器の両方を持ち、性別はない。材料は地元で採れる麦わらで、稲わらや茅ではダメだそうだ。廃絶前は、上区と下区が対立し、別々に人形焼を行っていた。もとは杉枝で作った虫籠を担ぎ、太鼓を打ち鳴らして畑を歩き、大根につく悪虫を送り出して藁人形とともに燃やした。昭和40年代に上区と下区が統合されて一つになった。人形焼の復活は神野寺御前様の発案で、自治会が行事を継承しているとのこと。
現在は、20時ころから住職の祈祷が始まり、松明で点火する。見物人は地区の皆さんが盆踊り会場から移動して多数、カメラマンは4人。神野寺の駐車場が利用可。詳しく教えて頂いた役員の皆さん、ありがとうございました。
※詳細記事は、本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

|

« 君津・大戸見の神楽 | トップページ | 成田・大袋の朝角力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君津・鹿野山の人形焼:

« 君津・大戸見の神楽 | トップページ | 成田・大袋の朝角力 »