« 館山・波左間のミノコオドリ | トップページ | 南房総・多田良の三つ道具 »

2012/07/10

萩原社中の相模流里神楽

都内に出かけた際,思わぬところで里神楽に遭遇。

20120710写真は,虎ノ門金刀比羅宮の神楽殿で奉納された相模流里神楽です。

虎ノ門金刀比羅宮は,讃岐丸亀藩主・京極氏が,讃岐の金刀比羅本宮から江戸藩邸に御分霊を勧請しました。都心のビル街で,高層ビルを背景に青銅葺きの社殿が建つ不思議なイメージの神社です。

能舞台のような立派な神楽殿があるのは知っていましたが,毎月十日に里神楽が奉納されているのは知りませんでした(ちなみに奉納時間は11:40,14:00,15:00,17:00の4回だそうです)。

神楽師は萩原社中で,写真は「福徳舞(宝授け舞)」です。大黒とひょっとこの二人舞いで,最後に菓子を撒きます。萩原社中は,久喜・鷲宮神社の土師一流催馬楽神楽に連なる相模流の名門で,新宿区の無形民俗文化財に指定されています。

社中の神楽は綺麗ですね。写真はiPhone4Sで撮ったものをトリミングで切り出しています。

| |

« 館山・波左間のミノコオドリ | トップページ | 南房総・多田良の三つ道具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩原社中の相模流里神楽:

« 館山・波左間のミノコオドリ | トップページ | 南房総・多田良の三つ道具 »