« 東葛印旛送り大師 | トップページ | 秩父・萩平子ども歌舞伎 »

2012/05/19

秩父・神明社神楽

平成秩父座で行われた荒川白久・神明社神楽を撮影。

20120519荒川白久地区に伝わる神楽で、江戸後期の安政年間に上州から白久に伝えられました。

岩戸神楽系で十七座が伝わり、年3回(3月第二日曜・7月最終日曜・11月23日)、鎮守・神明社の神楽殿で奉納されています。

当時、白久村で盛んだった村歌舞伎芝居の影響を受け、神楽の舞法が歌舞伎的だったり、神楽面に隈取(くまどり)があったりと、独特です。
この神楽は、神明社神楽保存会の皆さんが伝統を守っています(秩父市指定無形民俗文化財)。

【この日の進行スケジュール】
11:40~ 神楽「蛇打(じゃうち)座」
12:20ころ 終了

【メモ】
道の駅ちちぶの隣に作られた掛け舞台「平成秩父座」で行われた秩父歌舞伎正和会の定期公演に協力出演。演目は、須佐之男のヤマタノオロチ退治を演じる「蛇打座」。ストーリーは、老夫婦のもとにオロチの使いが来て櫛名田比売を連れて行く→旅の須佐之男命が現れ、話を聞いて比売を取り戻す→オロチ退治のため、酒瓶に眠り薬を混ぜて仕掛ける→オロチが酒を飲んで寝込んだところを退治する→比売とめでたく夫婦になる。約40分の五人舞。房総の十二座神楽と趣きが違って、えらく新鮮だった。写真は、櫛名田比売の舞い。
※関連記事は,写真ブログ「Perforation?」に掲載。

| |

« 東葛印旛送り大師 | トップページ | 秩父・萩平子ども歌舞伎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父・神明社神楽:

« 東葛印旛送り大師 | トップページ | 秩父・萩平子ども歌舞伎 »