« 東庄・舟戸の神楽 | トップページ | 成田・土室の獅子舞 »

2012/04/08

香取・牧野大神楽

香取市牧野・高天神社で奉納された「牧野大神楽」を撮影。

20120408a旧佐原・牧野地区に二百五十年前から伝わる獅子神楽で、鎮守・高天(たかあま)神社の春季大祭(毎年4月第一日曜)に、神社境内で奉納されます。

昭和30年代に演じられたのを最後に長く途絶えていましたが、平成19年に地元有志の皆さんがオープンリールのテープからお囃子を復元。古老の記憶をもとに、翌20年には実に53年ぶりに神楽舞を復活させました。

平成21年には、余興演目の「鬼」「鍾馗」「医者と看護婦」も復活し、かつての牧野大神楽が蘇りました。

【この日の進行スケジュール】
9:30~ 牧野区公会堂から下座にて出発
10:00~ 神事(拝殿)
10:30~ 神楽奉納
幣束舞(砂切→布舞→御幣の舞→鈴舞→狂い)
余興(鬼→鍾馗→医者と看護婦)
四方舞(砂切→布舞→剣の舞→鈴舞→狂い)
12:00ころ 終了

【メモ】
前夜は舟戸から成田に泊まり、朝8時半に現地入り。今年は4月第二日曜日の奉納。地区公会堂から下座を奏でながら神社に移動。幣束舞5演目を奉納後、余興3演目が演じられ、四方舞5演目を奉納。この日は神楽復活5周年で,かつて舞っていた人から教わった新しい曲で四方舞を初披露。最後に全員が佐原囃子で手踊り。
お囃子は牧野下座連(佐原囃子)の皆さん。地元のおばあちゃんたちは「賑やかなお祭りが戻ってくれて良かった」とうれしそうだった。
見物人は地元の皆さんが多数、カメラマンは10人。快晴で木漏れ日のコントラストが強く、撮影者泣かせ。神社に駐車場なし(観福寺の駐車場が利用可)。牧野下座連のSさん、ご案内を頂きありがとうございました。
※詳細記事は,本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| |

« 東庄・舟戸の神楽 | トップページ | 成田・土室の獅子舞 »

コメント

昨日4月8日(日)は、牧野大神楽に早朝よりお越し頂き、誠にありがとうございました。また、牧野大神楽~土室・高崎の神楽へもお出で頂きありがとうございました。

いつも貴HPを拝見させて頂き思うのですが、各団体のベストショットを5枚に絞られるのは大変な事と思います。牧野大神楽の当事者として、貴HPの記録にお仲間入りできた事、大変光栄も思っております。
是非、他の画像も拝見させて頂けたら幸いでございます。

昨年、貴HPの画像でご協力頂きました、香取市伝承芸能保存連絡協議会主催の「第二回香取市里神楽演舞会」を11月に行う案が上がっています。
正式に決まりましたら、改めてご案内させていただきます。

投稿: 幣台オタク | 2012/04/12 15:32

幣台オタクさま、当日はご案内を頂きありがとうございました。

皆さんの熱意で復活させた神楽、存分に楽しませて頂きました。大好きな佐原囃子も堪能できました。いやあ、やっぱり佐原囃子はいいですね。

お察しのとおり、撮影した数百枚(当日は350枚)の中から5枚に絞るのは大変だったりします。その反面、どう表現すればその祭事の素晴らしさを伝えられるか頭を悩ませながら写真を選び、記事を書く作業は、また楽しかったりします。アマチュアだからこそ苦にならないのかも(笑)。

第二回となる里神楽演舞会も楽しみです。

投稿: 管理人 | 2012/04/12 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香取・牧野大神楽:

« 東庄・舟戸の神楽 | トップページ | 成田・土室の獅子舞 »