« 成田・一坪田の神楽 | トップページ | 東葛印旛送り大師 »

2012/04/29

匝瑳・飯高壇林新緑祭コンサート

好天に誘われて、匝瑳市・飯高壇林で行われた新緑祭コンサートに妻と出かけました。

20120429飯高壇林は、戦国末期に開かれた日蓮宗の学問所で、江戸期まで多くの学僧が学び、のちに立正大学の礎となった所です。

毎年この時期、国重文の講堂をステージに野外コンサートが催されます。
第6回の今年は、中国の伝統弦楽器である二胡の奏者・王霄峰(ワン・シャオ・フォン)さんを招いて二胡コンサートが行われました。

プログラムは「喜洋洋」「蘇州夜曲」「川の流れのように」「空山鳥語」「荒城の月」「見上げてごらん夜の星を」「草原の草競馬」の7曲。いつもは非公開の講堂内で奏者を聴衆40~50人が車座で取り囲んで聴くアットホームな雰囲気でした。途中「空山鳥語」では外に出て演奏するハプニングも(写真)。王氏は千葉大に留学経験があり、日本での演奏活動が長く、楽しい話で聴衆を和ませていました。

二胡の美しく澄んだ音色が新緑の森に響き、身も心も洗われました。1時間ほどでしたが、とても心地よいコンサートでした。

帰りは、松山庭園美術館に立ち寄り、此木三紅大(このきみくお)氏のコレクションやガンダ彫刻(ガンダ=使い古して捨てられた鉄くずなどのことを表す銚子地方の言葉)を鑑賞し、夕方の渋滞前に帰宅しました。

いつも休日は祭事撮影で妻をほったらかしですが、今日は少し罪滅ぼしができたかなあ(え、ダメ?)。

| |

« 成田・一坪田の神楽 | トップページ | 東葛印旛送り大師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 匝瑳・飯高壇林新緑祭コンサート:

« 成田・一坪田の神楽 | トップページ | 東葛印旛送り大師 »