« 千葉・三代王神社の神楽 | トップページ | 佐倉の山車人形展 »

2012/02/12

市川・葛飾八幡宮の初卯祭

市川・葛飾八幡宮で行われた「初卯祭」を撮影。

20120212葛飾八幡宮は,平安期に宇多天皇の勅願で京都石清水八幡宮の別宮として下総国葛飾郡に鎮座した古社です。応神天皇,神功皇后,玉依比売命を祀り,下総国司が公式行事として祭儀を行いました。

初卯祭は,重要な儀式の一つで,毎年立春後の最初の卯の日に,八幡神(=応神天皇)の誕生を祝います。葛飾八幡宮では,宮司舞と湯花神事が執り行われます。

宮司舞は,宮司が御幣と神鈴を持って舞い,五穀豊穣や無病息災を祈願します。
湯花神事は,境内の大釜で煮立った湯を熊笹で参詣者に振りかけ,この湯玉を浴びるとその一年は無病息災と云われます。人々は,大釜の四隅に立てた青竹の小枝を争ってもぎ取り,家の屋根に立てたり,田畑の水口に挿したり,神棚に祀って家内安全を祈ります。

【この日の進行スケジュール】
12:30~ お囃子(神楽殿)八幡囃子保存会
13:00~ 初卯祭
神事(拝殿)→宮司舞(拝殿)→湯花神事(境内)→巫女舞奉納(神楽殿)→餅撒き→御奉謝(甘酒)
14:30ころ 終了

【メモ】
拝殿神事~宮司舞は,手前に関係者が並び,中の様子はよく見えずじまい…。宮司舞は,まず御幣と鈴を持って舞い,熊笹を湯に浸した後,熊笹を持って舞う模様(って,ちゃんと見えなかったので)。湯花神事は,始まる前から大釜の回りは人垣でいっぱい。神職が熊笹で四方に向かって湯を振りまく。青竹の小枝の争奪戦は熾烈。神楽殿で巫女舞(朝日の舞)を奉納。その後,御奉謝行事。八幡囃子保存会さんのお囃子で盛大に餅が撒かれ,甘酒が振る舞われて終了。
見物人は200人前後,カメラマンは15人くらい。人が多すぎて撮るのも見るのもひと苦労。神社に駐車場なし(祈祷者専用のみ,他は近くのコイン駐車場を利用)。
今回はD40+AF-S18-55mmf3.5-5.6G,SB-600を使用したら,シャッターのタイムラグや測光方式・ストロボの調光値の変更など,とっさの操作に戸惑い撮影のリズムが狂いっぱなし。祭事撮影は慣れた機材でないとダメと反省。
※詳細記事は,本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| |

« 千葉・三代王神社の神楽 | トップページ | 佐倉の山車人形展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市川・葛飾八幡宮の初卯祭:

« 千葉・三代王神社の神楽 | トップページ | 佐倉の山車人形展 »