« 佐倉・青菅のどんどれえ | トップページ | 池田進一写真展「三びきの夜の獅子舞」 »

2012/01/15

袖ヶ浦・飽富神社の筒粥

袖ヶ浦市飯富の飽富神社で行われた「筒粥神事」を撮影。

20120115【現地解説板の説明】
「今日の飽富神社は,式内社の飫富宮にあたり,この神社の筒粥は,隣接する国勝神社の筒粥とともに,毎年一月十四日の深夜から十五日の未明にかけて行われます。
小川平左衛門家の当主が,十三日の夜から十四日の未明にかけて井尻(木更津市)の一定の場所でひそかに葦を切ってくる。
中山市左衛門家の当主が,いろりの鉤と箸(ともに柳の木を用いる)をととのえ,多田兵庫家の当主が,粥の米と版木を持ってくる。十四日の夜には神社の役員等が七十五本の葦筒をつくり,一定の数にわけてそれぞれ編んで束ねる。
深夜の零時に,数人の若者が裸で水を浴びて身を清め,ヒノキの板ときりで神聖な火を切り出し,この火で粥を煮る。粥に葦筒を入れてかきまぜ,神前での儀式の後にそれらの葦筒を裂いて筒のなかに入った粥の分量で,大麦,小麦,麻衣,早稲,中稲,晩稲,稗,粟,大豆というように,作物の作柄を占います。地元の人々は,その結果を見にくるとともに,午王串をうけて帰ります。
この神事は,禊が慣行され,旧家の役割が受け継がれるなど,年占いの古いかたちを残しているもので,作物の作柄を占う農耕儀礼のひとつとして本県民の生活文化の特色を示す典型的なものといえます。」

【この日の進行スケジュール】
14日
23:40~ 水垢離(手水舎)
15日
0:00~ 火鑽(ひき)り(社務所)
0:30~ 粥煮(社務所)
1:00~ 筒粥神事(拝殿)
祝詞→玉串奉奠→筒を開く→神職による判定→結果公表
1:20ころ 終了
1:30~ 直会

【メモ】
青菅→袖ヶ浦48kmを70分で移動。14日22時半に現地到着。水垢離し,火を起こすのは若者6人。火鑽り(火起こし)にかかった時間は27分でここ数年の最短記録。火をいろりに移し,鉄鍋に神水を入れ,煮立った湯に神職が米粉を入れる。葦筒を投入し,炊くこと15分ほどでドロドロの粥に。鉄鍋ごと神前に運んで神事。神事は八剱八幡神社の神職が催行。その後,奉仕者が小刀で葦筒を1本づつ割り,神職が判定。結果は大麦・麻衣が「九」で豊作,稲は「六~八」と出た(世情の項目はなし)。
見物人は地元の皆さんが30人ほど,カメラマンは私のみ。駐車場は境内にあり。
詳しく教えていただいた区長さん,地元の皆さん,ありがとうございました。
※詳細記事は,本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| |

« 佐倉・青菅のどんどれえ | トップページ | 池田進一写真展「三びきの夜の獅子舞」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 袖ヶ浦・飽富神社の筒粥:

« 佐倉・青菅のどんどれえ | トップページ | 池田進一写真展「三びきの夜の獅子舞」 »