« 茂原・昌平町のみろく踊り | トップページ | 袖ヶ浦・飽富神社の筒粥 »

2012/01/14

佐倉・青菅のどんどれえ

佐倉市青菅地区で行われた「どんどれえ」を撮影。

20120114江戸初期から続く小正月の行事で,毎年1月14日の夕方,青菅地区の通称「どんどれえ広場」で行われます。

正月飾りを焼いて年神様を見送る「どんど焼き」で,燃えた竹が破裂する「どん」という音と「払い」が訛って,地元では「どんどれえ」と呼ばれています。もとは地区の子供たちの行事で,少子化により大人たちが準備をするようになった今も,点火は地区の子供が行っています。

燃えた竹が青菅側に倒れると豊作になるとされています。地元では,この火で焼いた餅を食べると風邪を引かず,焦がした松飾りの枝を門先にさして一年間の災厄除けにします。

【この日の進行スケジュール】
18:00~ 点火
20:00ころ 終了

【メモ】
竹立ては,大人だけで前週の日曜日(朝8~11時)にクレーン車で行った。この日は16時に現地入り。消防団が延焼防止に周辺に放水。17時半,人が集まり始める。18時の点火は地区の男児が担当。瞬く間に炎に包まれ,竹のはぜる「どーん」という音が響く。舞い上がる火の粉が神秘的(熱いけど)。
見物人は100人以上,カメラマンはケーブルTVほか多数。地元よりも他地区の人が多く,たくさんの人が枝に餅を刺して焼いていた。19時半を過ぎると人もまばら,20時に消防団が放水して鎮火。広場周辺に駐車場なし。詳しく教えて頂いた消防団長さん,副区長さん,ありがとうございました。
※詳細記事は,本宅サイト「ぐるり房総」に掲載しています。

| |

« 茂原・昌平町のみろく踊り | トップページ | 袖ヶ浦・飽富神社の筒粥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉・青菅のどんどれえ:

« 茂原・昌平町のみろく踊り | トップページ | 袖ヶ浦・飽富神社の筒粥 »