« 山武・お竜頭の舞 | トップページ | 船橋・飯山満町神明神社の神楽 »

2011/10/15

松戸神社の秋例祭と神楽

地元・松戸神社の秋例祭に出かけました。

111015地元の祭りなのですが,大都市圏の祭りは新住民の関心も少なく,地元町会の小さな神輿が練り歩くものの,今ひとつ盛り上がりに欠ける感が…。

今回は,たまたま見かけた貼り紙で神楽奉納を知り,久しぶりに地元の祭りに出かけてみました。

事前情報が少なく,神楽の内容も分からないまま現地入り。着替えをしていた演者に尋ねると,社中の「おかめ会」さんによる江戸神楽でした。
プロの公演なので,私が撮り続けている「房総の民俗芸能」とは異なりますが,興味深く見学。衣装や面が美しく,無駄な動きがない綺麗な演技に感心しました。

「おかめ会」さんは,葛飾区が本拠で,各地に呼ばれて江戸神楽や獅子神楽を演じているそうです。

【この日の進行スケジュール】
17:00~ 稲荷山(天狐ほかの祝い舞)
19:00~ 申し付け(出陣する武神に剣を授ける)
20:00~ 天孫降臨(猿田彦と鈿女の舞)
20:20ころ 終了

【メモ】
15日・16日とも同時刻の公演。初日のこの日は「稲荷山」・「申し付け」・「天孫降臨」の3座が演じられた。黙劇風に展開する江戸神楽で,一座あたり15分ほど舞って休憩。社中による演技なので,動画撮影は不可。スチル写真は撮影可だが公開不可(なお撮影時の脚立使用も不可)。見物人は少なく,カメラマンは3人。神社に駐車場なし(付近のコイン駐車場を利用)。

| |

« 山武・お竜頭の舞 | トップページ | 船橋・飯山満町神明神社の神楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松戸神社の秋例祭と神楽:

« 山武・お竜頭の舞 | トップページ | 船橋・飯山満町神明神社の神楽 »