« 山武・金刀比羅神社の神楽 | トップページ | 伊勢・猿田彦神社 »

2011/08/12

伊勢・伊勢神宮(外宮)

お盆休みを利用して、気ままな撮影旅へ。
まず、東名~伊勢湾岸道~伊勢道で南下して伊勢神宮に参詣。

110812a伊勢神宮は、五十鈴の川上にある皇大神宮(内宮)と山田原にある豊受大神宮(外宮)の総称です。お伊勢まいりは外宮から…の慣わしに従ってまずは外宮から。

外宮は、内宮鎮座から481年後に、時の雄略天皇が丹波・籠神社(天橋立付近)の豊受大神(とようけおおかみ)を遷座して創建されました。衣食住をはじめ、すべての産業の守り神とされます。

鎮守の森を歩くと、一番奥に東西の御敷地(遷宮地)が現れます。現在は、東の御敷地に御正殿が建っています。御垣(高い板塀)で囲まれ、垣の鳥居をくぐるとすぐに御門があり、門の御簾ごしに遠く正殿を拝します。
御正殿は、内宮と同じ神明造りですが、屋根の鰹木は9本で、左右の千木は両端が垂直に切られているなどの違いがあります(御垣内は撮影禁止で写真はありません)。

有名な式年遷宮は、天武天皇の命で常にみずみずしく国も人も若がえり栄え行くようにとの願いを込め、692年(持統天皇の頃)から始まりました。御正殿だけでなく、別宮の建物も、20年毎に新宮に遷ります。次回の遷宮は平成25年です。

110812d宮域には別宮も祀られています。土宮(つちのみや)は、山田原の鎮守・大土乃御祖神(おおつちみおやのかみ)を祀り、外宮の宮域の土地神様です。
風宮(かぜのみや)は、元寇の時に神風を吹かせて日本を守った風の神を祀っています。
石段を登った高台にあるのが多賀宮(たかのみや=写真)で、豊受大神の荒御魂を祀っています。

表参道には神楽殿がありました。説明文によると、奏楽で巫女が舞う「倭舞」と呼ばれるもののようです。
外宮は内宮ほど広くないので、くまなく見て回っても小一時間ほどでした。
次は、内宮へ向かいます。

| |

« 山武・金刀比羅神社の神楽 | トップページ | 伊勢・猿田彦神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢・伊勢神宮(外宮):

« 山武・金刀比羅神社の神楽 | トップページ | 伊勢・猿田彦神社 »