« 相模原・下九沢の獅子舞 | トップページ | 成田・御待夜祭 »

2011/08/28

横芝光・中台梯子獅子舞

横芝光町中台の大宮神社で行われた梯子獅子舞を撮影(町無形民俗文化財の名称は「中台神楽」)。

110828【現地プログラムの説明】
「今年は『梯子獅子』が復活して30周年となります。(平成21年4月に町の指定無形民俗文化財)この獅子舞が何時ごろから行われていたかは正確な記録は残されていません。しかし、五穀豊穣や悪霊払い、息災延命などを祈願している事には理由があります。
江戸時代の中期に浅間山が噴火し(1782年)69日間日が出なかったとも言われています。そのため、有名な『天明の飢饉』が発生し、全国的に大凶作となり、多くの餓死者が発生しました。江戸時代は、全体に寒冷な気候で、他にも寛永19年(1642年)、享保17年(1732年)、天保4年(1839年)~17年等でも、冷害、台風、虫害、干ばつ等大きな被害がありました。
中台地区では、文化11年(1814年)大凶作となりました。稲の開花期に風雨が続き、日照時間が不足し、連日の北風で主食のヒエや粟まで風に倒され、食料がなくなり、その上、8月末に季節外れの大霜にあい、米、そばは皆無となりました。いく度かの冷害や干ばつ、台風などの状況を度かさね、村人たちは、困った時の神頼みで日常生活の平穏を祈願し、獅子舞などを神社に奉納したものと考えられます。
中台地区の風祭りは、かつては「風鎮祭」(風を鎮めるための儀式)として、毎年二百十日(9月1日ころ)に地区の住民が総出で行われました。昭和62年より8月の最終日曜日に実施しています。」

【この日の進行スケジュール】
11:00~ 風祭り開始(芸能大会)
12:30~ 獅子舞(玉じゃれ,約15分)
15:15~ 獅子舞(梯子獅子,約50分)
舞台で榊を食む→地面に飛び降り,梯子へ→曲芸舞,紙吹雪を吐く→地上に降りて拝殿を一周→拝殿の柱を噛む
16:05ころ 終了

【メモ】
昨年に続き再訪。前回は梯子上で紙吹雪を吐くところがうまく撮れなかったのでリベンジ。SB-800の調光は標準域、望遠域とも-1段とした。今回の教訓:連写時はCFへの書き込みバッファの余裕を考えること。紙吹雪を吐いたところでバシャバシャ連写したら、あっという間にバッファが一杯に。バッファが解放されるまでシャッターが切れず、もどかしかった。玉じゃれ~梯子獅子まで待ち時間は長いが、芸能大会が結構面白くて楽しめた。見物人は地元の皆さんが多数、カメラマンは20人くらい。神社に駐車場あるが数台。

|

« 相模原・下九沢の獅子舞 | トップページ | 成田・御待夜祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横芝光・中台梯子獅子舞:

« 相模原・下九沢の獅子舞 | トップページ | 成田・御待夜祭 »