« 野田・御社擅御膳献上式 | トップページ | 第1回香取市里神楽演舞会 »

2011/02/12

安房の雨乞い・かっこ舞展

館山市立博物館で開催中の「安房の雨乞い・かっこ舞」展に行って来ました。

110212お目当ては,午後の講演「雨乞い祈願と房総及び近県の三匹獅子舞」です。講師は,國學院大学教授で館山市文化財審議委員の田村勇先生。千葉県史で三匹獅子舞の執筆を担当された,房総の三匹獅子舞研究の第一人者です。本宅サイトでも,基礎資料として田村先生の調査報告書を使用しています。

房総の三匹獅子舞は,下総・九十九里・安房で形態がかなり異なります。呼び名の違い(三匹獅子舞かかっこ舞か),獅子頭か竜頭か,角の有無,叩くバチの有無,道化を伴うか否か,行道や棒・剣術の有無,ストーリーは女獅子隠しか雨乞いかなどなど…。
県内各地の獅子舞を撮り歩いて,そんな違いに気付き,興味を持つようになりました。より深く知れば,より「真が写せる」のではないかと思い,今も色々調べながら撮影しています。

今回の講演では,三匹獅子舞の原型が「白間津の大祭」に見られること,伎楽系と風流系の違い,安房のかっこ舞の系譜,他県の獅子舞の特徴など,最新の研究成果が聞けてとても勉強になりました。終了後に少しお話もできて,浜荻や木更津の行道系獅子舞に関するヒントも頂けました。資料として展示図録も購入したので,今後の撮影活動に大いに活かせそうです。

この特別展の企画・編集・執筆は,いつも撮影フィールドで熱心に取材していた学芸員のY女史が担当されました。大変素晴らしい成果となり,房総の三匹獅子舞に関心を持つ者の一人として心から敬意と謝意を表します。

「安房の雨乞い・かっこ舞」展は,1月29日(土)~3月13日(日)まで開催中です。

| |

« 野田・御社擅御膳献上式 | トップページ | 第1回香取市里神楽演舞会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安房の雨乞い・かっこ舞展:

« 野田・御社擅御膳献上式 | トップページ | 第1回香取市里神楽演舞会 »