« 横芝光・屋形の里神楽と潮祭 | トップページ | 伊豆・河津桜 »

2011/01/29

伊豆・稲取のつるし雛

妻を誘って,東伊豆・稲取に「雛のつるし飾り」を見に行って来ました。

110129稲取の「雛のつるし飾り」は,九州柳川の「さげもん」,山形酒田の「傘福」とともに,日本三大つるし飾りに数えられます。

稲取では,桃の節句に端布で一針一針縫い合わせて作った小さな和裁細工を,竹ひごの輪から赤い糸に吊り下げて飾ります。
江戸後期ころからの風習で,初節句を迎える子や孫の無病息災と良縁を願って,母から娘へ手作りで受け継がれてきました。吊す飾りは,「うさぎ」「巾着」「三角」「柿」「座布団」「三番叟」「這い子人形」「桃」など34種類。それぞれに意味や決まりごとがあります。

この美しい風習も時代とともに廃れてしまい,平成6年に地元の婦人会が復刻させて現在に至ります。
稲取では,毎年この時期「雛のつるし飾りまつり」を開催中です。この日は「雛の館」と「むかい庵」の2カ所を見学しました。写真は,「雛の館」での1枚。雛壇を彩るつるし飾りは,見る人を優しい気持ちにしてくれます。

この日は東名厚木IC~小田原~熱海~伊東と渋滞もなく,昼ころに稲取着。夜は稲取温泉でのんびりと1泊。明日は,河津~天城へと向かいます。

| |

« 横芝光・屋形の里神楽と潮祭 | トップページ | 伊豆・河津桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆・稲取のつるし雛:

« 横芝光・屋形の里神楽と潮祭 | トップページ | 伊豆・河津桜 »