« 成田・新妻の鯉切りオビシャ | トップページ | 伊豆・稲取のつるし雛 »

2011/01/16

横芝光・屋形の里神楽と潮祭

横芝光町(旧横芝町)屋形の四社神社で行われた里神楽と潮祭を撮影。

110116_b四社神社は,大同元年(806)に創建された古社。毎年1月第三日曜日(旧行1月18日)に,里神楽と湯立て神事(潮祭)が行われています。

里神楽は,別名「十二面神楽」と呼ばれ,江戸・元禄期に九十九里の豊漁を祈願したのが始まり。湯立ては,神楽の途中で行われます。境内の大釜に沖合いから運んだ海水を沸かし,神職が笹葉を浸して里人に振りかけ,郷中安穏と豊漁を祈願します。

かつて,屋形区には,桓武平氏の祖・高望が置いた政務所(やかた)があったそうです。裁判や吉凶を,沸かした湯に入れた手の火傷で判断したと伝わるのも,そのせいかも知れません。

【この日の進行スケジュール】
12:30~ 神楽奉納
猿田彦命→臼女命→荒神→八幡大神→秋之神→種蒔→恵比寿大神→(湯立て神事)→手力雄之命→出雲大神
15:20ころ 終了

【メモ】
成田→横芝光町35kmを1時間で移動。13時に現地入りしたら,もう始まっていた。この日は十座を奉納。お囃子はテープで,笛吹きが足りないと保存会の皆さんも残念そう。舞台の床は高く,脚立は三段を使用。湯立てに備え,プロテクトフィルターを使用するも飛沫は少なめ。見物人は地区の皆さんが数十人,3回の菓子撒きでは子どもたちが多数集結。カメラマンは6人。駐車場あり。
※詳細記事は,本宅サイト「ぐるり房総」に掲載。

| |

« 成田・新妻の鯉切りオビシャ | トップページ | 伊豆・稲取のつるし雛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横芝光・屋形の里神楽と潮祭:

« 成田・新妻の鯉切りオビシャ | トップページ | 伊豆・稲取のつるし雛 »