« 能登・のとじま水族館 | トップページ | 能登・キリコ会館 »

2010/08/01

能登・漁村の風景

能登2日目は,和倉から能登島へ。

100801島の南岸沿いに北上。山が海まで迫り,小さな漁村が点在しています。

どの漁師家も,板壁に真っ黒な瓦屋根で独特の風景です。地元の人に聞くと,板壁は下見板張りで,屋根は能登瓦で葺くのだとか。強い潮風や冬の暴風雪に耐える工夫だそうです。
能登ならではの風景で,とても心に響きました(写真は佐波集落での1枚)。

このあと七尾北湾に抜け,そわじ浦に野生のイルカを見に行きました。イルカが棲み着いて繁殖していて,ウォッチングのクルーズ船(漁船)も出ています。小さな湾で,道沿いの見学台から,200mほど先を数頭でゆっくり泳ぐイルカがよく見えました。

次は,のとじま水族館へ向かいます。

| |

« 能登・のとじま水族館 | トップページ | 能登・キリコ会館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能登・漁村の風景:

« 能登・のとじま水族館 | トップページ | 能登・キリコ会館 »