« 流山・鰭ケ崎おびしゃ行事 | トップページ | 佐倉・立身流抜初 »

2010/01/24

郷土芸能の祭典

柏の県民プラザで行われた「郷土芸能の祭典 in Chiba」を見に行ってきました。

100124参加団体は,銚子・はね太鼓(ひびき連合会),旭・囃子(海上広原暁会),木更津・木更津甚句(同保存会),九十九里・黒潮太鼓(九十九里黒潮太鼓),本埜・八幡神社の獅子舞(同保存会),館山・柏崎の御船歌(國司囃子保存会),松戸・万作踊り(同保存会),浦安・浦安囃子(同保存会),山武・囃子(大富ばやし),鎌ヶ谷・笑福踊り(笑福連)の10団体でした。

現地に行かずしてこれだけ多くの郷土芸能をまとめて見られる機会はそうありません。大ホールは,立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。

もちろん,舞台での上演ということで,現地の祭礼で演じられるのと少々イメージが異なります。民俗芸能は,伝承地の風景の中で撮影したいので,いずれ現地を訪れようと思っています。今回は,各団体の解説が聞けて,音録りもできたので,将来の撮影行に向けて大変参考になりました。

写真は,銚子・ひびき連合会の皆さんによる「正調・銚子大漁節」。白浜音頭,木更津甚句と並ぶ千葉の三大民謡の一つです。機材は,いつものDX17-55/2.8G+D300ですが,ノーストロボの手持ち撮影でピントの甘い写真になってしまいました(汗)。

| |

« 流山・鰭ケ崎おびしゃ行事 | トップページ | 佐倉・立身流抜初 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郷土芸能の祭典:

« 流山・鰭ケ崎おびしゃ行事 | トップページ | 佐倉・立身流抜初 »